亡 骸 を 覆 ふ に 足 る る 椿 欲 し

なきがらを おおうにたるる つばきほし

今年は椿がよく咲いているようです。
花にも当たり年とそうでない年があるようです。
ほんのすぐそこに、花の季節が来ているというのに、待てずに逝った貴方に、いま盛りの椿の花をあげたいと思うのです。
くびから落ちるからとのことで、忌みきらわれているとは聞きますが、その昔椿は格の高い花として大切に扱われ、着物の柄として、総絞りにも使われたそうです。

よく頑張った。
強がりもあっただろうあの笑顔を忘れない。

この句も読まれています。

色 溢 れ 惜 し み な く 降 り 紅 葉 渓... いろあふれ おしみなくふり もみじだに 窪地になった坂道を登ったり下りたり、上を見ながら歩いていると、紅葉の落ち葉が降るように落ちてきます。 赤だったり、黄色だったり、色様々で夢のようです。 すき間には高くて青い秋の空が見え、紅葉はいちだんと映えます。...
映画 「 残 穢 」( ざんえ) この欄で以前7月30日に、紹介しました、ホラー映画「 残 穢 」が、来年1月に公開されることとなりました。 ネットでは、もうすでに作品の予告版が出ていて、主演は、竹内結子です。 封切られたら直ぐに見るつもりです。 ぜったい面白いと確信します。...
捨てるもの 多くありけり 夏至の雨... 決着のつかないものが、いろいろと溜まってきて、 思いきって捨てることでしか解決しない。 思い出もそう。 今日は夏至、これから夜が長くなる。...
居るとこが ちがう気がして 春日傘(はるひがさ)... 汗ばむような暑い日が続く。五月晴れなんてさわやかなものでもない。仕事というのは、中に入ってみないとわからないことばかり。驚いたことに、一番永い人でも、一年に満たない。なんだろう。わたしは落ち着きたいのです。ここというところに骨を埋める覚悟で働きたいのです。でもなんかちがうのです。根性がないほうではな...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です