亡 骸 を 覆 ふ に 足 る る 椿 欲 し

なきがらを おおうにたるる つばきほし

今年は椿がよく咲いているようです。
花にも当たり年とそうでない年があるようです。
ほんのすぐそこに、花の季節が来ているというのに、待てずに逝った貴方に、いま盛りの椿の花をあげたいと思うのです。
くびから落ちるからとのことで、忌みきらわれているとは聞きますが、その昔椿は格の高い花として大切に扱われ、着物の柄として、総絞りにも使われたそうです。

よく頑張った。
強がりもあっただろうあの笑顔を忘れない。

この句も読まれています。

紫の 袴のような ズボン縫う ワイドパンツを縫っている。深い紫。いいものではありません。着分売りのバーゲンのコーナー で見つけました。なんと表から貼り付けるんじゃないポケットがついているのです。習ったのに 自分で作るとぐちゃぐちゃになります。でも目の肥えてない人がさらっと見るぶんにはわからな いです。はかまのようなワイドパンツで...
旧 道 は 近 道 と な り 露 葎 きゅうどうは ちかみちとなり つゆむぐら クルマ社会の今日では、何処へ行くにもりっぱな道路が建設され、それは往々にして幅も長さも必要ですから、大きく迂回することになりがちです。 むかし通っていた一本道は放置され、いまだに道で残っていることは幸いですが、草猛々しく、朝露のせいで膝から下はびしょ濡れ...
我などを 慕う人あり ちまきもて こんな私でも、元気にしてますかといってくれる、前の仕事の後輩が一人いる。 料理がうまく、中華ちまき作ってくれた。 意外なこと。 この人は一生の友達と思っていた人からは、なんの連絡もない。 同性ならこっちが好きなくらい、相手からも好かれていると自信があったのに。 意外と私は嫌われていたのだろう。 おめ...
門 司 港 は 起 点 終 点 秋 日 和 もじこうは きてんしゅうてん あきびより 門司港レトロ地区で、目を引くのは、建築名所です。 まず駅舎、旧門司税関、旧大阪商船、旧門司三井倶楽部などでしょうか。 海側の変な跳ね橋や、高層マンションの展望室や、数あるレストラン、土産物屋がなくなればもっと素敵なのに。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください