亡 骸 を 覆 ふ に 足 る る 椿 欲 し

なきがらを おおうにたるる つばきほし

今年は椿がよく咲いているようです。
花にも当たり年とそうでない年があるようです。
ほんのすぐそこに、花の季節が来ているというのに、待てずに逝った貴方に、いま盛りの椿の花をあげたいと思うのです。
くびから落ちるからとのことで、忌みきらわれているとは聞きますが、その昔椿は格の高い花として大切に扱われ、着物の柄として、総絞りにも使われたそうです。

よく頑張った。
強がりもあっただろうあの笑顔を忘れない。

この句も読まれています。

満天の 星降り落ちて 霜の朝 天気のよい晩にはたくさんの星が出て、 明け方に落ちてきて、朝の霜になるような 気がします。
水 狂 言 お 岩 軽 う に あ し ら は れ... みずきょうげん おいわかろうに あしらわれ 本物の水を使った舞台。 水の処理に、心をうばわれ、肝心なお岩の心はいい加減なあしらいに終わったような気がしてならないのです。 お岩の無念、怨念、寂しさを表現するのが、何より大切なのに、本物の水を入れれば、客が喜ぶと思うところが気に入らないのです。...
トンネルの 丸い出口も 春深し トンネルの出口がそろそろ見えてくるころ、切り取られた丸い景色は 春爛漫。 日差しも春、山も木々ももくもくとして、一面春。...
言えばもう 終わるしかない 沈丁花... 想いを告げれば、それまで。 黙っているのが、大人。 よかったらクリックください。励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください