亡 き 人 の 想 ひ 出 ば か り 目 張 り 剥 ぐ

なきひとは おもいでばかり めばりはぐ

若くして亡くなると、本人の無念は家族にとって大きな痛みとなり、癒えない傷を残すものです。
後になって、いろいろな後悔にさいなまれることも多いです。
いい思い出をたくさん遺してくれたことに感謝し、いつもの生活を取り戻してほしいと思うのです。

この句も読まれています。

湯豆腐に ワインのありて クリスマス... クリスマスがなんだ、クリスマスがどうしたと思っている。 それでもなんかつられてワインを買った。馬鹿じゃない。 湯豆腐で乾杯。私のくりすます。...
夏さなか 植田の雲の 涼しかり 田植えが終わって、ほぼひと月。 苗は確実に育って、もう倍くらい伸びて、しっかり土を掴んでいる。 もう水に流されるんじゃないかって、心配は無用。 田んぼは満々と水をたたえて、入道雲も涼しげに映っている。...
万 緑 に う ち 降 る 雨 の 音 ば か り... Jewels of rainy day / Takashi(aes256) 山の緑が、日に日に色を深くしている。 春先のもこもこした感じは、もうすでになく、樹々の一本一本が逞しくなり、山も丸ごと大きくなってきた。 ただ雨の音ばかり。 2月に挿し木した紫陽花、つくにはついたけれど、花は咲くだろうか。...
正 座 し て 餅 膨 る る を 待 ち し 頃... せいざして もちふくるるを まちしころ わたしが子どもの頃、まだうちにはストーブは無くて、暖房手段は火鉢とアンカでした。 餅網をセットして、餅やアンコ餅、かき餅などを並べ、焼けるのをじっと待ったものでした。 なぜか神妙に正座していたと記憶しています。 どれほど寒かったことか、信じられない気持...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください