亡 き 人 の 想 ひ 出 ば か り 目 張 り 剥 ぐ

なきひとは おもいでばかり めばりはぐ

若くして亡くなると、本人の無念は家族にとって大きな痛みとなり、癒えない傷を残すものです。
後になって、いろいろな後悔にさいなまれることも多いです。
いい思い出をたくさん遺してくれたことに感謝し、いつもの生活を取り戻してほしいと思うのです。

この句も読まれています。

花 な れ ば 篝 火 ( かがりび ) を 焚 け 宵 の 闇... ライトアップ全開のこんにち。 むかしは夜桜には篝火を焚いたとか。 揺らめく焔に照らし出された桜のなんと幻想的なことでしょう。...
朧月夜に千鳥足 ただひとときの くちづけを... 春は春、朧月夜も長い日も、あえて春に酔いたいと思う。ふらふらと街にくりだし、また川沿いを歩き、一年に一回くら い紫色の夢を見てもいいと思う。...
色街の 柳にもたれて 福禄寿(ふくろくじゅ)... 七福神のひとり、福禄寿さま。 人間の幸せは、血のつながった子どもを持つこと、財産 健康的な長寿だと。ついでにきっとドスケベにちがいない。 色街との境を示す枝垂れ柳にもたれかかっているのが見える。 まったくオトコはどうしようもない。...
厨口(くりやぐち) 花のヤツデの 横を抜け... 裏にまわって勝手口に行くところ、ヤツデはたいてい そんなところにある。 大きな天狗の団扇みたいなというか、巨人の手のような 緑の葉っぱに守られて、白い小さな粒の集まりのような 白い花が丸い塊になって咲くのだけれど、あんまり誰も 気にかけてない。 日陰にあって、でもかならずそこにあるべきヤツデ。 むか...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です