亡 き 人 の 想 ひ 出 ば か り 目 張 り 剥 ぐ

なきひとは おもいでばかり めばりはぐ

若くして亡くなると、本人の無念は家族にとって大きな痛みとなり、癒えない傷を残すものです。
後になって、いろいろな後悔にさいなまれることも多いです。
いい思い出をたくさん遺してくれたことに感謝し、いつもの生活を取り戻してほしいと思うのです。

この句も読まれています。

紫 陽 花 を 手 向 け 雲 仙 普 賢 岳 Hydrangea (紫陽花) / onigiri-kun もう24年も経つのかと思う。 火砕流という言葉を初めて聞いたのは、このときのニュースだったかと思う。 多くの人が、巻き込まれて亡くなった。 亡くなった方の家族はもとより、わたしは9時のNHKニュースに釘付けになった。 焼けた硫黄のような火...
ナビはもう 当てにならぬと 石蕗(つわ)の花... なんで、ここまで来て、見離す。 目的地に到達なんぞしてないだろうが。 ここのどこだ。 時間がない。汗が噴き出す。 覚えておれ、ナビ。 ありがとう石蕗の花。...
運 動 会 マ ー チ に 乗 り て ポ ス ト ま で... うんどうかい まーちにのりて ポストまで 近所の幼稚園が運動会のようです。 聞き慣れた行進曲が拡声器で鳴らされており、別にリズムに乗るつもりはないけれど、ついつい規則正しく歩いてしまう。...
えにしなど あるはずもなく 昼麦酒... ひとの縁は、偶然のように見えて、実はめぐり合うべくしてめぐりあったのだと聞いたことがある。 なんのことはない。 うそっぱちである。 半年前には親しかった人がたった半年の間に変わってしまった。 やっぱり職場が変わったら、もう関係ないのかな。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください