亡 き 人 の 想 ひ 出 ば か り 目 張 り 剥 ぐ

なきひとは おもいでばかり めばりはぐ

若くして亡くなると、本人の無念は家族にとって大きな痛みとなり、癒えない傷を残すものです。
後になって、いろいろな後悔にさいなまれることも多いです。
いい思い出をたくさん遺してくれたことに感謝し、いつもの生活を取り戻してほしいと思うのです。

この句も読まれています。

枯尾花 大北風も 伏して耐え 秋には、すっと伸びて、風情のあったススキも、もうこの季節になると、ふんわりと、頼りなげ。 強い北風が吹けば、一気に飛ばされてしまうと思いきや、しっかりと残っていて、変わらずふわふわなのが、不思議な感じがする。...
蕾 な る も と よ り 菜 の 花 筑 後 川... スーパーで、今年初めて菜の花を見つけた。 蕾になるかならないかの若いもので ああもう春がそこなんだと気がついた。 見てはいないけれど、筑後川の堤防には、いま、一面の菜の花が咲く準備をしているのだろう。 去年、隣町の福祉センターのバザーで、こんな美味しいものがあるかと思うほどの、菜の花の漬け物を購入し...
時雨降る 聞き流すこと むずかしく 人の一言が心に突き刺さって、とれない。 「あんた、人に感謝したことある?」 一体なんだろう。この人に、いじめ殺された人は 過去に何十人いるのだろう。 罰は当たらないのか。神様は何処を見てる。 そう、世の中は、自動販売機のようにはいかない。 悪いことや、人にいやがらせをしたら、すぐに天罰が下るようには...
薪 を 足 す 引 き 戻 さ れ し 花 篝 まきをたす ひきもどされし はなかがり 夜桜の美しさを引き立たせるために、花の下に置くかがり火のことです。 そのしつらえがぎょうぎょうしいと、かえって興を失いますが、ほどほどに揺れる闇には幽玄の気が漂います。 当節は、ライトアップで花全体を見せるところが多いけれど、薪を足すたびに火の粉が舞い上がり...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください