亀 鳴 き て 負 け て 勝 つ こ と 覚 え た り

かめなきて まけてかつこと おぼえたり

腹の立つことは、あれこれあるけれど、言い負かせば勝ちではない。
心静かに考えれば、相手にも何らかの事情があったんじゃあないかとか、余裕がないのじゃないか、怒りに燃えていたアタマも冷えて、息がつけるというもの。
ママ母も、あの高飛車な妹も、それなりにいろいろあったのだろうと、ようやく少しだけど、ときどきだけど、思えるようになりました。
成長したのか、歳をとったせいか。

この句も読まれています。

また夏が 来る切り抜ける なんとして... 夏がつらい。もともと暑さに弱い。以前は六月は雨が多くて過ごしやすかったのに、今年はもう悲鳴をあげたくなるような暑さ。乗り切らなくては。これから三ヶ月か‥。働いて働いて、疲れすぎると、眠れなくなる。三ヶ月だろうか。...
置 き 薬 膏 薬 効 くと 生 身 魂 おきぐすり こうやくきくと いきみだま 越中富山の薬売りから始まった、常備薬を家庭に置き、使った分を補給するタイプの配置薬。 未だに健在です。 たいていは、かぜの薬や胃腸薬などですが、腰や膝に貼る湿布も人気のようです。 お年寄りは「 こうやく 」と呼びます。 医師が出す湿布薬より、絶対効くと言うの...
急 ぎ ま す 木 の 葉 時 雨 を 存 分 に... 木の葉がまるで時雨のように降りそそぐ。 公園の中も傍の道も、今、盛りを過ぎたところか。 ここを抜けるのがいちばん近道。 もともとは松林だったようで、常緑の松はまだあちこちにある。 松食い虫の被害もあって、切り倒したあとに広葉樹を植えたようで、長い年月が経って大きく育ち、松と並ぶか、それを越す背丈にま...
今はここ 雁渡り行く 明日は知れず... 今、わたしはここにいて、今日の日を過ごす。 雁が渡るのをここで見ている。 今日は今日の日常、明日は明日。 今日とさほど変わらないのか、変わるのか、ただ今はここでこうしていることをあらためて思う。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です