亀 鳴 き て 負 け て 勝 つ こ と 覚 え た り

かめなきて まけてかつこと おぼえたり

腹の立つことは、あれこれあるけれど、言い負かせば勝ちではない。
心静かに考えれば、相手にも何らかの事情があったんじゃあないかとか、余裕がないのじゃないか、怒りに燃えていたアタマも冷えて、息がつけるというもの。
ママ母も、あの高飛車な妹も、それなりにいろいろあったのだろうと、ようやく少しだけど、ときどきだけど、思えるようになりました。
成長したのか、歳をとったせいか。

この句も読まれています。

親戚を たらい回しの 子が笑う 子どもは賢い。とてもよく気が付く。とても気を使う。聞かないほうがいいことは、質問しない。寂しいときは笑う。わからない大人たちは、その笑いに安堵する。そんなはずないのに。心細くないはずないのに。世の中には、馬鹿な大人が多すぎる。...
選 ば ざ る 道 鬼 灯 が 思 ひ だ す えらばざる みちほうずきが おもいだす いつもは完ぺきに忘れているけれど、お盆が近づいて、赤いホウズキを見たり、 すっかり見なくなったジュズやカラスウリに偶然出逢ったり、 今年最初のススキが赤い色の穂を出したのを見たりすると、 選ばなかった道を思うことがあります。 どっちが正解だったかなん...
表 札 に 尺 八 教 室 花 柘 榴 ひょうさつに しゃくはちきょうしつ はなざくろ もうずいぶん前から、「尺八教えます」の看板が掛かっていることは知っていました。 ただこの節、特に民謡に目が向けられることはなく、尺八の音を漏れ聞くこともありません。 看板は色が褪せてきました。 その代わりというのも失礼ですが、ザクロの木が大きく...
羽(はね)畳み 畳みして行く 秋の蝶 今ごろまで、蝶が飛んでいる。 羽の動かし方が遅い。それも羽の前を動かしてから、 後ろを動かすまでに、時間差がある。 夏の蝶は、そんなことはなかった。 夏の蝶は、羽を広げることに夢中だった。 ひらりひらりと低いところを飛ぶ。 みなさんと一緒のときに生まれれば、さみしい思いもしなかっただろうに。 それも...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください