亀 鳴 き て 負 け て 勝 つ こ と 覚 え た り

かめなきて まけてかつこと おぼえたり

腹の立つことは、あれこれあるけれど、言い負かせば勝ちではない。
心静かに考えれば、相手にも何らかの事情があったんじゃあないかとか、余裕がないのじゃないか、怒りに燃えていたアタマも冷えて、息がつけるというもの。
ママ母も、あの高飛車な妹も、それなりにいろいろあったのだろうと、ようやく少しだけど、ときどきだけど、思えるようになりました。
成長したのか、歳をとったせいか。

この句も読まれています。

か き 氷 こ め か み 痛 む 頃 小 豆 子どもの頃は、かき氷が上等のおやつだった。 「 氷 」と書いた暖簾をくぐり、席に座り、どれにするか自分で決めるのだけれど、そこはどうしても連れて来てくれた人の財布の具合によるところが大きくて、ただオレンジや赤や緑色のシロップをかけたものになることが多い。 それぞれに蜜柑、桃、メロンと付いているけれど...
現 世 に く ら り と 落 つ る 日 照 り あ り... うつしよに くらりとおつる ひでりあり なんというか、あの人がまさか・・・ということがあります。 何かが取り憑いたとしか思えないようなことをしてしまう。 別の言い方をすれば、「魔がさした」ということでしょうか。 だから占いがあり、サンリンボウや大殺界などと、まことしやかに談議されるのかもしれません...
宋 銭 の 見 つ か り し 浜 秋 の 浪 そうせんの みつかりしはま あきのなみ ほんとに宋銭だったのか。 聞いた話だから、少々信ぴょう性に欠ける気がしています。 宋銭だと言い切るからには、その道の人にみてもらったのかもしれません。 波の音は、確かに秋のそれに変わったようです。 寄せる波は、長く長く浜の方までやって来て、気のせいか、しばら...
剣 山 に 薇 あ り て 無 人 駅 けんざんに ぜんまいありて むじんえき ゼンマイはシダ科の植物で、春の山菜です。かっ色の毛におおわれた、ウズ巻きのようなおかしな顔です。 駅は無人駅なのに、掃除がされ水が打たれ、どなたか存じませんが、あたまが下がります。 ゼンマイが生け花に使われていて、つぼみの菜の花と小さな花器にちんまりとま...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください