亀 鳴 い て 小 さ な 嘘 も 芽 生 え け る

Elephant tortoise
Elephant tortoise / “KIUKO”

春が近い。環境はぜんぜん変わらない、あたしの経済状況は、悪化の一途であるにもかかわらず、たぶん気候のせいだろう、なんかテンション上がり気味。なんとかなりそうな、根拠のないケ・セラ・セラ。

この句も読まれています。

登 り 窯 先 は 稜 線 姫 女 苑 のぼりがま さきはりょうせん ひめじょおん 山が迫る場所にある作業場は、すぐ裏が里山になっています。 細い道と山のあいだに、どうにかこうにか設けられた場所です。 ヒメジョオンはもちろん自生です。 誰も気にかけません。 ですから切られる心配もありません。...
摘めばもう 散るか幼き 日のフグリ... まだ幼いころ、うちに母親とばあちゃんがいた、ほんの短い日々、春の浅いころ、道端の青い小さな犬フグリの花がとても素敵に見えて、なんとか摘んで帰りたいとおもったものでした。やっと摘んでもちょっと持ち上げただけで、すぐ散ってしまう。何度も何度も挑戦したものです。 考えてみれば、あれから長い長い不幸な日々...
下萌えを 超えて水辺の 枝垂れかな... 川の縁に植えられたしだれ柳。 地面より、さらに下がって、水面にせまる。 枝垂れるものは美しい。 梅、桜、柳、山の藤。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
睡蓮の 咲くも枯れるも 静かなり 大きなため池の真ん中辺りに睡蓮の花。 けっこう群生している。 人はわきの道から、遠目に見ることになる。