三 月 や ロ ー カ ル バ ス は 路 線 変 へ

ほとんど市内だけを走る地域バス。
バス会社のバスが通らない住宅街を縫って、駅や市役所、市民センター、地域でいちばん大きい病院などを右回り左回りで巡回します。
100円です。
特に高齢者には人気があって、病院などは道路沿いのバス停ではなく、玄関まで入ってくれることもあって好評です。
わたしの入っている句会でも3人がこのバスを利用して通って来ます。
こっちにも通してほしいと要望が多く、このたび路線を増やしました。
ところが全体の本数はそのままなので、ただでさえ少なかったのに、もっと不便になったと不満の声も聞かれます。
みんなの要望に応えることは難しいようです。

この句も読まれています。

春暁に 始発列車の 過ぎる音... まだ春暁には少し早いかもしれない時間、そろそろ地球が目を覚ます。 そろそろ木々が芽を吹く準備。 鳥たちが、さえずり出す。 そろそろ一日が始まる。 やがて新聞が届く。 生活が動き出す。 ようやく聞こえるところに、線路と、お寺があり、早く目が覚めた朝には、鐘の音と、列車の 音を聞く。 一日の始まる前の、...
親戚を たらい回しの 子が笑う 子どもは賢い。とてもよく気が付く。とても気を使う。聞かないほうがいいことは、質問しない。寂しいときは笑う。わからない大人たちは、その笑いに安堵する。そんなはずないのに。心細くないはずないのに。世の中には、馬鹿な大人が多すぎる。...
水 狂 言 お 岩 軽 う に あ し ら は れ... みずきょうげん おいわかろうに あしらわれ 本物の水を使った舞台。 水の処理に、心をうばわれ、肝心なお岩の心はいい加減なあしらいに終わったような気がしてならないのです。 お岩の無念、怨念、寂しさを表現するのが、何より大切なのに、本物の水を入れれば、客が喜ぶと思うところが気に入らないのです。...
万 緑 や 隧 道 覆 ひ 尽 く し た り ばんりょくや ずいどうおおい 尽くしたり 金辺隧道(きべずいどう) 北九州市小倉南区から田川郡香春町(かわらまち)をつなぐ、レンガ造りの立派なトンネルです。 崩落の危険のため通れないというわけではなく、ゴミの不法投棄を防ぐための通行止めとは情けないことです。 緑の中に隠れ、知る人ぞ知る存在に...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください