三 月 や ロ ー カ ル バ ス は 路 線 変 へ

ほとんど市内だけを走る地域バス。
バス会社のバスが通らない住宅街を縫って、駅や市役所、市民センター、地域でいちばん大きい病院などを右回り左回りで巡回します。
100円です。
特に高齢者には人気があって、病院などは道路沿いのバス停ではなく、玄関まで入ってくれることもあって好評です。
わたしの入っている句会でも3人がこのバスを利用して通って来ます。
こっちにも通してほしいと要望が多く、このたび路線を増やしました。
ところが全体の本数はそのままなので、ただでさえ少なかったのに、もっと不便になったと不満の声も聞かれます。
みんなの要望に応えることは難しいようです。

この句も読まれています。

秋来たる ジンジャーの花 放生会の雨... 台風の影響だろうか、朝から降ったりやんだりの繰返し。少しずつ秋めいてくるよう。雨に打たれて、ジンジャーの白い花がよれよれになっている。今日は掃除の日で、汗だくになって掃除した。終わってから、お香をたいて、玄関とトイレに小さな花を飾るのが、儀式になっている。トイレには、エノコログサ、玄関にはまだ若いす...
月見月 萩の赤花 滝のよに お月見の頃、赤い萩の花は満開を迎えます。 それはそれは大きな滝のようにふりそそぐ花や、落ちてくる木や葉を下から見ると、 感動します。 花のないあいだは、あまり目をひかない緑なのに、これほど赤い小さな花がまるで落ちてくる感じ なのです。 やっぱり秋はいいです。...
今日の秋 ひとつ押さえて 生きてみる... わたしは11月生まれで、そのせいでもないけど、秋が一番好きです。この澄み切ったさわやかな日々を、一日一日確認しながら、楽しみながら生活したいと思うのです。紅葉の季節、どこへ出かけるわけじゃなし、休みは疲れているし、ちっとも余裕の無い暮らしだけど、その気になれば、小さい秋は見つかるものです。...
保 険 の 歯 笑 顔 が い い と 褒 む 大 暑... ほけんのは えがおがいいと ほむたいしょ 大暑、陽暦 7 月13日ごろ。 年をとると、白内障の手術やら、入れ歯、補聴器となにかと物入りで困ります。 前歯なんか、保険の歯はみごとなまっ白で可笑しいのだけれど、本人が「保険の歯、保険の歯」と気にしているので、笑うわけにはいかず、ホントのことも言えな...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください