三 月 や ロ ー カ ル バ ス は 路 線 変 へ

ほとんど市内だけを走る地域バス。
バス会社のバスが通らない住宅街を縫って、駅や市役所、市民センター、地域でいちばん大きい病院などを右回り左回りで巡回します。
100円です。
特に高齢者には人気があって、病院などは道路沿いのバス停ではなく、玄関まで入ってくれることもあって好評です。
わたしの入っている句会でも3人がこのバスを利用して通って来ます。
こっちにも通してほしいと要望が多く、このたび路線を増やしました。
ところが全体の本数はそのままなので、ただでさえ少なかったのに、もっと不便になったと不満の声も聞かれます。
みんなの要望に応えることは難しいようです。

この句も読まれています。

凩 や 投 函  コ ト リ 音 聞 き て こがらしや とうかんコトリ おとききて 大切な人に手紙を書く。 赤いポストに投函する。 ポストの底に落ちた証拠のコトリという音を聞くまで落ち着かない。 ついでに、郵便屋さんが集めにくる時間も確認して帰る。 寒いほどいいような気がして。 今年はじめてのコガラシが、ピューピュー音をたてる。...
若すぎて 葬儀の写真 山笑う はたしてどなたの葬儀か、一瞬戸惑う。 あんまり現実を写したものを飾る必要はないし、幸せな充実したときの 顔がいいのだけど。 探してなかなか見つからなかったのでしょう。 うちの婆ちゃんは、老人会で旅行したときの写真を使ってくれと、 すべての身内に遺言してたけど、あれから三十年もたって、 結局若い写真に...
昼 寝 覚 息 災 な り か か の 人 や ひるねざめ そくさいなりか かのひとや 昼寝はしないのですが、なぜかどうしようもなく眠いときがあります。 ほんのわずかな時間です。 たいていはおかしな夢を見ます。 とうに亡くなった人や、遠のいた人たち。 心静かにいるのか、元気にしているのか。 目が覚めてから少しの間、想ったりもします。...
秋 暑 し 神 の 手 求 め 診 察 券 Palms read (運命鑑定) / onigiri-kun ひと月に二回だけ、東京から 神の手を持つといわれる医者 が来ると評判の病院。裏から 手を回そうにも、ツテのない 人々が、すがる思いで、予約 に長い列を作る。神の手がど れほどのものか。確かにそう であっても、あとのフォロー はないに等...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください