三 月 や ロ ー カ ル バ ス は 路 線 変 へ

ほとんど市内だけを走る地域バス。
バス会社のバスが通らない住宅街を縫って、駅や市役所、市民センター、地域でいちばん大きい病院などを右回り左回りで巡回します。
100円です。
特に高齢者には人気があって、病院などは道路沿いのバス停ではなく、玄関まで入ってくれることもあって好評です。
わたしの入っている句会でも3人がこのバスを利用して通って来ます。
こっちにも通してほしいと要望が多く、このたび路線を増やしました。
ところが全体の本数はそのままなので、ただでさえ少なかったのに、もっと不便になったと不満の声も聞かれます。
みんなの要望に応えることは難しいようです。

この句も読まれています。

菱の実は くるんで売れり 新聞紙 水っぽい芋のような菱の実は、あまりおいしいとは思わないのですが、 幼いころの数少ない、家庭らしい思い出です。 父が柳川の駅で見つけて、新聞紙を広げて、競うように家族で食べたものです。 あんな日もあったというところです。...
スケッチの 菖蒲はなぜか 池に寝る... ていねいに描いても、寝たようになる。
木も草も あめつちの恵みと言うらし 春の雨... 雨がよく降る。山に川に。草も木も力を蓄えているのだろう。コンクリートの街路樹もきっと息をついているはず。なんかほっとする。...
トクサ植うる 白き陶器の 鉢見つけ... トクサを見つけた。百円。流行らない、道ばたの八百屋兼植木屋。昔はどこにでもあった。節のある、ただまっすぐな茎。こんなものが懐かしいと思うほど、世の中は変わったのか。当たり前のはずのものも、こころして大事にしないと消えてしまう。白い陶器の植木鉢に、ケイトウといっしょに植えた。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です