万 緑 や 縦 走 リ ュ ッ ク 包 み 込 み

ばんりょくや じゅうそうりゅっく つつみこみ

山ひとつ登るのでもひと苦労、一日がかりなのに、鍛えた人はちがう。
三つの山をいちどきに征服するという。

それもそのむかし修験者の修行の場だったという、岩肌に鉄のクサビの打ち込まれた山を。

樹々は猛々しく生い茂り、登山者の姿はすぐに吸い込まれていきます。

この句も読まれています。

宵 待 や 逃 げ 道 照 ら せ 告 ぐ る と き... よいまちや にげみちてらせ つぐるとき 旧暦八月十四日の月、宵待月。 人を待つ意味もあって、つけられた名前とか。 若いころは、意を決して想いを伝えることもあるでしょう。 うまくいくとは思えないけれど、このままではいられない。 そんなときは、恥をかいて帰る道、悲しくて帰る道を照らしてやってほ...
夾竹桃 わずかな気力 吸い取られ 夾竹桃の花は強い。 毒性もあるらしい。 毒気にあてられて、自分が自分でなくなるような、一番苦手な人間の匂いがする。...
げんげ道 精一杯の 春を吸う 昔、れんげ畑は子供の格好の遊び場だった。 寝転がったり、首輪を作ったり、花束にしたり、 あのころの私にとっては、ただひとつの息抜き場だったかもしれない。 帰れば、掃除、ご飯の用意、果てしない勉強、なんにもならないのに、 下校の途中のれんげ畑は、私の命の息抜きだった。 どこまでも続く、あの世まで続くは...
中窓に ようやく届いて 豆の花 部屋の出窓の下に、ようやく顔を出した豆の花。 春の陽を浴びて、ここまで大きくなった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください