万 緑 や 縦 走 リ ュ ッ ク 包 み 込 み

ばんりょくや じゅうそうりゅっく つつみこみ

山ひとつ登るのでもひと苦労、一日がかりなのに、鍛えた人はちがう。
三つの山をいちどきに征服するという。

それもそのむかし修験者の修行の場だったという、岩肌に鉄のクサビの打ち込まれた山を。

樹々は猛々しく生い茂り、登山者の姿はすぐに吸い込まれていきます。

この句も読まれています。

石 蹴 り も 缶 蹴 り も な し か や つ り 草... いしけりも かんけりもなし かやつりそう 学校からの帰り道。 石や空き缶を見つけては交代で蹴りながら遊びながら、帰ったものです。 かやつり草は、今もそこここに健在ですけれど、穂先の一本一本を丸く外側にまとめて、傘を作って遊ぶ子などいるわけもない。 親も子も、みんな忙しい。...
延 々 と 米 研 ぐ 夢 や 時 雨 る る 夜... えんえんと こめとぐゆめや しぐるるよ わたしは、一年中どんな天候でも、ほんの少し窓を開けて寝る癖があります。 閉め切っていると息が詰まる気がするのです。 そのせいで、外の音がよく聞こえるからかもしれません。 米を研ぐ音、時雨の音。 夢はよくみます。 とくに悪夢というものはありません。 ほとんどは...
心 眼 を 開 く ど こ ろ か 目 借 り 時... 物事の本質を見極める。 人の言葉ではなくその奥にあるほんとうの気持ちに気づくことができるようになればすばらしいと思うのです。 そんなどころではない現状です。 日々の些末なことに追われて、見極めるどころか落ち込んだりぷんぷん怒ったり。 まことにしょうもない日々を送っています。 『蛙の目借り時』とは、春...
ホトケノザ 薄紫の 帰り道 雨が多いです。 寒い日が続きます。 でも、日が長くなっているのが、わかります。 先週まで、真っ暗な中、帰っていたのに、今日はもう、薄明るい。 わたしは、紫色の花が好きです。 クレマチス、ムラサキシキブ、ホトトギスなど。 ホトケノザも、薄紫のステキな花を咲かせます。 浅い春の花です。 よかったらクリッ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください