万 緑 や 縦 走 リ ュ ッ ク 包 み 込 み

ばんりょくや じゅうそうりゅっく つつみこみ

山ひとつ登るのでもひと苦労、一日がかりなのに、鍛えた人はちがう。
三つの山をいちどきに征服するという。

それもそのむかし修験者の修行の場だったという、岩肌に鉄のクサビの打ち込まれた山を。

樹々は猛々しく生い茂り、登山者の姿はすぐに吸い込まれていきます。

この句も読まれています。

万 緑 に 力 借 り た り 三 輪 車 ばんりょくに ちからかりたり さんりんしゃ 緑真っ盛り。 若葉も新緑もすでに過ぎ、逞しい樹々が青空を狭くして、大きくなった。 子どもは、買ってもらったばかりの三輪車を、一生懸命こぐのだけれど、半分踏んで、力足らず。 エイっと踏み込むことができず、苦労している。 そのうち要領を覚えて、力強く前へ進み...
時期はずれ あはれを増して 帰り花... 時期はずれの花をきれいとは、あまり言わない。 なんか変、どうしたんだろう、だいじょぶかな。 人もきちんとした方がいい、一応。...
お の お の に 覚 悟 の あ る や 雁 渡 る... けがはないか。 体調は万全か。 家族は揃ったか。 渡り鳥が、どんな心境で、長い旅に出るのか知ることはないけれど、鳥といっても、それなりの準備や覚悟はするのではないか。 とにかく長旅である。 余計なお世話です。...
懐 メ ロ は ど れ も 唄 ヘ リ ひ き が え る... なつめろは どれもうたえり ひきがえる わたしにとってのナツメロは、生前父が歌っていた唄でした。 「かえり船」とか「めんない千鳥」とか「長崎のひと」とか「泣くな妹よ」とか。 いつの間にかナツメロは若返り、わたしの青春のころの歌に様変わりしていることをテレビで知りました。 情けないほどぜんぶ知って...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください