万 緑 の 雫 も た ら せ 棚 田 ま で

ばんりょくの しずくもたらせ たなだまで

ダムに水が少ないと聞けば、いちばんに心配になるのは、棚田の田植えと苗の成長でしょう。
大規模な機械が入らないから、すべて手植えで植えたものです。
雨が降って、充分に潤いますように。
これ以上仕事が増えませんように。
この夏の暑さはひとしおだと聞きますから。

この句も読まれています。

手 ぬ ぐ い を 取 り 収 穫 の 破 顔 か な... てぬぐいを とりしゅうかくの はがんかな 稲刈りが終わったようです。 昔と違って、機械が入るようになり、農作業は格段に力も時間もかからなくなりました。 それでも、まだまだ暑い日が続く中での稲刈りは、一日仕事で、骨の折れることです。 もう日も暮れる頃、麦藁の帽子を取り、巻いていた日本手ぬぐいを取り安...
汗ばんで 古地図のような ピアス買う... ピアスが好きです。特にスイングする、ぷらぷらがいい。暑い日が続く。インディジョーンズのよ うなセピア色の古い宝の地図のようなハート型のピアスを買った。とても魅力的な色具合だけ ど顔写りがよくない。くさったようなセピア色は、顔をくすませ、ふけて見える。失敗かな。...
何 処 ま で も 彷 徨 へ と 白 銀 の 芒... どこまでも さまよえと はくぎんのすすき 細い川の両岸に、はんぶん枯れかけて穂は白く今にも飛びそうなススキがえんえんと続きます。 国土の狭いと言われるこの国の、ここだけ砂漠のように取り残されて。 ススキは始め、赤い穂がすっと出て、なかなか広がらず若々しい穂はチカラを感じます。 広がり出すと際...
新 聞 に 菱 ( ひし ) の 実 く る む 白 秋 忌... 菱の実をご存知だろうか。 菱型の、深緑と茶色の間のような、決して鮮やかではない目立たない、とても美味しそうには見えない。 柳川駅で売っていたのは、茹でた実だったのだろう。 そのまま食べられた。 芋のような、栗のような、少し水っぽいあまりはっきりしない味だった。 幼い頃、よく食べたのだろう、父は菱の実...