万緑を 削るな国立 博物館

できる前は静かな町だった。
小さな歴史資料館はあった。
周りは傾斜のある、細い道に沿って、家々が軒を並べる。
大宰府天満宮の喧騒はよそに、小さな生活が息づく静かな町だった。
今はもう、何処が何処なのか。
大きな道路、駐車場。
山は何倍も削られ、すべてが変わってしまった。
天満宮とエスカレーターで結び、梅ヶ枝餅は、年の初めと、受験シーズンだけではなく、
一年中売れているもよう。
みんな喜んでいるのだろう。
そんなら、余計なお世話だった。

この句も読まれています。

片 影 を 求 め て 駅 へ 右 左 かたかげを もとめてえきへ みぎひだり かたかげ、家や大木や、停車しているトラックでも、この季節、道の片側に影を作ります。 真夏の炎天下には、とてもありがたいことで、片影を見つけ見つけして、道を斜めに渡ったり、また反対側に横切ったりしながら、少しでも涼しいところを通ろうと必死です。...
釣 瓶 落 と し 昇 開 橋 の 赤 僅 か つるべおとし しょうかいきょうの あかわずか 筑後川昇開橋。国鉄佐賀線にありえ、福岡県大川市と佐賀県諸富町を結んでいた可動式の鉄橋です。 佐賀線の廃線後も残され、今は歩道橋となりました? 重要文化財です。 橋げたの一部が上下します。 昇開橋では、日本最古。 筑後川の河口付近にあり、建設当...
鯛焼きの まず尻尾噛み 意気を問う どんなアンコがどの辺りまで詰まっているのか、鯛焼きは当たり外れが大きい。 尻尾の先をかじってみて、作り手の気持ちを確かめる。...
愛 さ れ て 育 て ら れ し が わ か る 桃... あいされて そだてられしが わかるもも 岡山県産。 みごとな黄色。 傷ひとつないうえに、うっすらうぶ毛に覆われていてうつくしい。 みずみずしくて、水蜜桃って、こんなのかな。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください