万緑を 削るな国立 博物館

できる前は静かな町だった。
小さな歴史資料館はあった。
周りは傾斜のある、細い道に沿って、家々が軒を並べる。
大宰府天満宮の喧騒はよそに、小さな生活が息づく静かな町だった。
今はもう、何処が何処なのか。
大きな道路、駐車場。
山は何倍も削られ、すべてが変わってしまった。
天満宮とエスカレーターで結び、梅ヶ枝餅は、年の初めと、受験シーズンだけではなく、
一年中売れているもよう。
みんな喜んでいるのだろう。
そんなら、余計なお世話だった。

この句も読まれています。

水筒の 麦茶残りて 秋の日に 私はお茶のみです。とにかく喉が渇くのです。夏はバックにペットボトルに入れた麦茶を二本持ち歩きます。それが、このところ残るようになりました。涼しくなったんだなと実感します。楽になりました。...
「 累犯障害者 」 ( 3 ) 刑務所の中では、今でも「懲罰」が行われる。 規律違反を犯した受刑者に対して。 独房での閉居、作業賞預金没収、食事量減量など。 ただむかしと違うのは、突如一方的ではないこと。 「懲罰審議会」 知的障害者の場合の例 「〇〇さんを思いっきりぶん殴りました」 事実は逆で、ぶん殴られたのは、彼だった。 調書...
桂 川 ( けえしぇん ) と 車 掌 の 訛 り 矢 車 草... けえしぇんと しゃしょうのなまり やぐるまそう 筑豊本線、何故か今は、福北ゆたか線 わたしが子どもの頃、先生のこと「しぇんしぇえ」と呼ぶ子がいた。 何にもおかしくなかった。 最近の子どもたちは方言も使わないし、アクセントも標準。 あの震災のときも、年寄りだけが方言で、独特のアクセント、子どもたちは...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください