万緑を 削るな国立 博物館

できる前は静かな町だった。
小さな歴史資料館はあった。
周りは傾斜のある、細い道に沿って、家々が軒を並べる。
大宰府天満宮の喧騒はよそに、小さな生活が息づく静かな町だった。
今はもう、何処が何処なのか。
大きな道路、駐車場。
山は何倍も削られ、すべてが変わってしまった。
天満宮とエスカレーターで結び、梅ヶ枝餅は、年の初めと、受験シーズンだけではなく、
一年中売れているもよう。
みんな喜んでいるのだろう。
そんなら、余計なお世話だった。

この句も読まれています。

目借り時 干した布団で 甲羅(こうら)干し... あんまり動く気がしないことがある。 わたしは、そういうさぼり心は重んじる。 無理に始めたところで、余計散らかるだけ。 今朝はせいぜい布団干しだけ頑張った。 取り込もうと思って、思わず自分も乗っかってしまった。 となりの庭が見える。 お日様の匂いを嗅ぐ。 春爛漫。...
秋寒し 今どこにいるかも わからずに ... s過ぎ去ってみないと、わからないことは多い。いま、こうしていることが、果たしていい方向に向かう足がかりなのか、まったく余計な無駄足なのか、人生は思いのほか短いような気がする。何か充実したいけど、いったい私はいま、どこにいるのか、こうしていることは、間違った選択の結果じゃないか、失敗が多かったゆえ、自...
露を置く ツユクサの上 鉄条網 秋が来たことを実感する。 ツユクサに露が降り、有刺鉄線に露が降りて。
流 し 目 の 静 か な 所 作 や 酔 芙 蓉... 朝早く咲き出したときは白、昼にかけて桃色、夕方から夜にかけては紅色に変化するという。 芙蓉は、古く中国から渡ってきたとのこと。 長い歴史を経ているわりには、異種が少なく、その代表的なものが酔芙蓉だとか。 低木で、あまり目立たない主張しない花ながら、美しい。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください