万緑を 削るな国立 博物館

できる前は静かな町だった。
小さな歴史資料館はあった。
周りは傾斜のある、細い道に沿って、家々が軒を並べる。
大宰府天満宮の喧騒はよそに、小さな生活が息づく静かな町だった。
今はもう、何処が何処なのか。
大きな道路、駐車場。
山は何倍も削られ、すべてが変わってしまった。
天満宮とエスカレーターで結び、梅ヶ枝餅は、年の初めと、受験シーズンだけではなく、
一年中売れているもよう。
みんな喜んでいるのだろう。
そんなら、余計なお世話だった。

この句も読まれています。

若すぎて 葬儀の写真 山笑う はたしてどなたの葬儀か、一瞬戸惑う。 あんまり現実を写したものを飾る必要はないし、幸せな充実したときの 顔がいいのだけど。 探してなかなか見つからなかったのでしょう。 うちの婆ちゃんは、老人会で旅行したときの写真を使ってくれと、 すべての身内に遺言してたけど、あれから三十年もたって、 結局若い写真に...
木 陰 な ら 花 の ご と く に 夏 日 落 つ... こかげなら はなのごとくに なつびおつ 暑さがきびしい。 なんという木か、大樹の下にすわって、涼をとる。 茂った葉の間から、まるで木漏れ日のように、夏日がちらちらする。...
初霜に 山茶花の赤 縁どられ 霜がおりた。 寒い朝。 山茶花の赤い花は、周りを白くいろどられ、また粉砂糖をふったみたいに、 きれいです。 葉っぱもそうです。 一枚一枚丁寧に縁どられて、見事です。...
夾 竹 桃 た ぶ ら か す こ と 上 手 く な り... きょうちくとう たぶらかすこと うまくなり 究極に意地の悪かったママ母に似ていて、大嫌いなキョウチクトウです。 広島の原爆のあと、草木は生えまいと言われながら、直ぐによみがえり花をつけたという。 牛が食べたら死ぬそうな。 アタマの中は、男をたぶらかす手段のみ。 殺してやりたい。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です