万緑の 気溢れいて 息苦し

y山が盛り上がるような緑、いかにも力みなぎる万緑。
木々が芽吹き、生長し、むせ返るような緑の息吹、時々むんむんする。
圧倒されて負けてしまう。
仕事、お断りされた。

この句も読まれています。

しおまねき 彼岸の浄土の 人を呼ぶ... 春分の日、太陽は真西に沈むらしい。 仏教では極楽浄土は西のほうにあって、太陽と結びつく。 あの世では、父もいるか、母もいるか、少しは心配してくれているか。 あ、もしかしたら、極楽には到着してないかもしれない。...
命 に も 引 き 潮 を 見 し 梅 早 し いのちにも ひきしおをみし うめはやし 梅も桜も種類によって、咲く時季が微妙にちがい、この寒空のなかはやばやと開く梅もあります。 同じ木でも、早い遅いは当然あり、顔を出したものの、周りを見回して、しまった早過ぎたとクビをすくめているように見えて、おかしいものです。 命の引き潮は、一方的に突然来...
暮れ(くれ)の春 節(ふし)定まらぬ ヴァイオリン... Artistic Violin / midiman 同じメロディーを何度も繰り返し練習している。遅い春の暮れ。どの家から聞こえるのか、よくわからない。子どもだろうか。たぶん子供だろう。ときおり変な音は挟むが、ヴァイオリンの絡みつくような音色は、この春の暮れ、暮れそうで暮れない、暖かい空気によく合う。...
夏 を 吐 く 夕 餉 の 気 配 蚊 遣 り 豚... 夏の夕方、蚊取り線香を焚く。今にも降り出しそうな気配はあるが、梅雨の空はなんとか持ちこたえている。簾を立て掛けているから、部屋は薄暗い。そろそろご飯が炊き上がる。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください