万緑の 気溢れいて 息苦し

y山が盛り上がるような緑、いかにも力みなぎる万緑。
木々が芽吹き、生長し、むせ返るような緑の息吹、時々むんむんする。
圧倒されて負けてしまう。
仕事、お断りされた。

この句も読まれています。

遠めにも 植田の畦の 毅然たり 田植えのすんだ田の姿は、きりっとして、すがすがしいものです。
餌 と 決 む る 眼 左 右 に 木 葉 木 菟... えときむる まなこさゆうに このはずく 迫力があります。 夜行性です。 木の枝だけでなく、人通りのない、使われない錆びた門扉の上に、目を瞑って動かずにいるのを夕方遅くに見たことがあります。 眼は瞑っているように、遠目には見えたのですが、よく見ると薄眼を開けて様子を伺っていうようなのです。 首を動か...
紫陽花の 一雨の色 映したり 紫陽花_R0010784 / hirosakurai 雨が降れば紫陽花がひときわ。葉の先まで、小さな花のひとつひとつそれぞれにかがやく。雨が降れば、その雨色に染まる。...
芽柳に 風の生まれる 日の零る(こぼる)... 柳に芽が出た。喜ばしいことです。 柳が好きで、あちこちの植木市を 巡って探したけれど、今は流行ら ないとの話で諦めかけています。 柳が芽吹けば、もう春です。日差 しも風も春に向かいます。春は陽 射しが強くて、女がとしをとると 言われていて、あまり好きではな いけれど、柳の芽吹きは嬉しいの です。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください