七 十 も 働 け 蝙 蝠 笑 ひ お り

しちじゅうも はたらけこうもり わらいおり

年金が足りないらしい。

65からはもらえなくなるらしい。

70まで働けと。

団塊の世代は、働いているうちはよかったものの、退職と同時にお荷物と化した。

この先、老人ホームも特養もというより、そもそも介護保険も医療も団塊に占領され、アタシらは入る施設もなく、家で死ぬしかないという。

何ということでしょう。

どうなるのかしら。

夏の夕暮れ、蝙蝠たちが群れを成して寝ぐらへ帰って行く。

話題にもならないけれど、逆さまに ぶら下がっている様子は気味が悪い。

なんで70まで働かされることとコウモリがつながるのかわからない。

この句も読まれています。

炎天に 西瓜(すいか)抱える 日傘さす... 暑いとにかく暑い。わたしはめったに果物は食べない。別にきらいなわけでもないけど、買って食べるほど魅力を感じない。でも、なぜか西瓜が(すいかは果物ではないけど)とっても食べたくなって、それも大きいのが安かったせいもあって、まるまる一個買った。日焼けしないように、日傘をさして帰るのだが、いつもの道の遠い...
春寒し いつも聞き役 ばかりなり... 性分なのでしょう。 気がつけば、いつも聞き役に回っている。 まあ、考えなくていいから、楽なんだけど、妙に疲れる時もある。 しゃべり役は、楽しかろうと思うたり。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
月 夜 に は 守 宮 ( やもり ) の 腹 の 白 か ろ う... 守宮、むかしはいっぱいいた気がする。 ガラス戸に身体に不似合いな大きな吸盤をつけて、ペタッとくっついているのを、面白がって、内側から、鉛筆の先で、コンコンと叩いて脅かしてやろうとしたが、ずうずうしくて、なんてことない風情だった。 いまでも、いないわけではない。 とても珍しくなっただけ。...
立ち話 蚊遣りの香(こう)の 欲しき宵... 夏の井戸端会議には、蚊取り線香が必須かも。 足をばたばた叩きながらの、立ち話は大変そう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です