七 十 も 働 け 蝙 蝠 笑 ひ お り

しちじゅうも はたらけこうもり わらいおり

年金が足りないらしい。

65からはもらえなくなるらしい。

70まで働けと。

団塊の世代は、働いているうちはよかったものの、退職と同時にお荷物と化した。

この先、老人ホームも特養もというより、そもそも介護保険も医療も団塊に占領され、アタシらは入る施設もなく、家で死ぬしかないという。

何ということでしょう。

どうなるのかしら。

夏の夕暮れ、蝙蝠たちが群れを成して寝ぐらへ帰って行く。

話題にもならないけれど、逆さまに ぶら下がっている様子は気味が悪い。

なんで70まで働かされることとコウモリがつながるのかわからない。

この句も読まれています。

後半は 入れ歯探しの 花見かな 満開の桜。 年に一度の花見の宴。 なんで入れ歯を落とすかな。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
金 木 犀 (きんもくせい) 恋 な ど 捨 て し 心 に も... Fragrant olive / Osmanthus fragrans var. aurantiacus / 金木犀(きんもくせい) / 丹桂(たんけい) / TANAKA Juuyoh (田中十洋) もう今、金木犀は満開。満開には 気づかなくても、そのたちこめる 香りにみんな振り向く。色なき風 と...
月 夜 に は 古 墳 を 守 る 狐 立 つ つきよには こふんをまもる きつねたつ 先祖は耳納連山のふもとの豪族だったという人に聞いた話です。 家は古くて大きく、まさに旧家という構えで、屋敷内にいくつかの墓と古墳とおぼしき塚があったと。 その塚を壊して、分家のための家を建てようかと相談していたその晩、けたたましく狐の集団が鳴き騒ぐため、...
夕 暮 れ を 遅 ら せ た る か 山 桜 ゆうぐれを おくらせたるか やまざくら ヤマザクラ。 むかしから日本に自生する野生のサクラです。 一般に広がっているソメイヨシノは、花だけ房咲きですが、ヤマザクラは、花と同時に若葉も萌え出ます。 この若葉が、緑色からえんじ色まで、さまざまな色合いをしているので、遠くからながめると、まるでニシ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください