七夕に らっきょの皮むく 目も沁みる(しみる)

今日は七夕、残念ながら曇り空、といってもあたしはめったに星空なんか見上げない。なんか地面ばっかり見てる気がする。スーパーで袋入り、泥付きのらっきょをみつけた。らっきょうの酢というのもあった。これに漬け込めばまちがいないのだろう。便利なもんだ。さて洗って洗って、なんせ小さくて泥付きだから、何回洗っても、泥色。それから新聞紙広げて、根っこと先っぽを包丁で落とす。それから剥くのだけれど、かわいくて、食べやすそうだからって、小さいのを選んだのがまちがい。やってもやっても終わらない。目に沁みる。部屋中がらっきょうくさい。七夕に色気の無い話だけど、おとこのことなんか考えるより、ずっといいぞ。心臓どくどくして、ため息つくより、らっきょむきは生産性がある。なによりやってるあいだは、なんにも考えないから。

この句も読まれています。

ナ ビ 冷 た 放 り 出 さ れ て 春 隣 gps in tokyo / w00kie 「目的地に到着しました。運転お疲れさまでした」なんなんだ、いったい。何処が目的地か、見当もつかない。よくある。そのたび、もう、捨ててやると言い放つ。もったいないから、まだ使っている。...
夕 暮 れ を 遅 ら せ た る か 山 桜 ゆうぐれを おくらせたるか やまざくら ヤマザクラ。 むかしから日本に自生する野生のサクラです。 一般に広がっているソメイヨシノは、花だけ房咲きですが、ヤマザクラは、花と同時に若葉も萌え出ます。 この若葉が、緑色からえんじ色まで、さまざまな色合いをしているので、遠くからながめると、まるでニシ...
烏瓜 届かぬ先の 秋の空 秋の澄んだ高い青い空を、四角に切り取ると、下のほうの隅に真っ赤な烏瓜 幸せを感じる一瞬です。 わたしは烏瓜の実も花も好きです。...
木 蓮 の 蕾 総 じ て 天 を 指 す もくれんの そうじてつぼみ てんをさす モクレンは落葉樹。 樹高は高くはないけれど、低くもないというところ。 三月から四月、葉の出る前の枝先に、赤紫色の花をたくさん付けます。 花びらは6枚。 花びらはカップ状に閉じていて、上の方が開きます。 外から見ると、全体が赤紫に見えますが、内側の色...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.