七夕に らっきょの皮むく 目も沁みる(しみる)

今日は七夕、残念ながら曇り空、といってもあたしはめったに星空なんか見上げない。なんか地面ばっかり見てる気がする。スーパーで袋入り、泥付きのらっきょをみつけた。らっきょうの酢というのもあった。これに漬け込めばまちがいないのだろう。便利なもんだ。さて洗って洗って、なんせ小さくて泥付きだから、何回洗っても、泥色。それから新聞紙広げて、根っこと先っぽを包丁で落とす。それから剥くのだけれど、かわいくて、食べやすそうだからって、小さいのを選んだのがまちがい。やってもやっても終わらない。目に沁みる。部屋中がらっきょうくさい。七夕に色気の無い話だけど、おとこのことなんか考えるより、ずっといいぞ。心臓どくどくして、ため息つくより、らっきょむきは生産性がある。なによりやってるあいだは、なんにも考えないから。

この句も読まれています。

豆 腐 屋 の お か ら は ど う ぞ 夏 の 風... とうふやの おからはどうぞ なつのかぜ ダム湖のそばの豆腐屋では、「おからはご自由にお持ち帰りください」と 張り紙があり、人気上々です。 豆腐の残りかすとはいえ、栄養価は高いと聞きます。 人参や油揚げや、ひじきなど、冷蔵庫の残り物も入れて、おからに出汁を入れるのではなく、出汁におからを入れて和えま...
冴 返 る 通 信 簿 1 教 師 逝 く 通信簿に 1 をつけたとき、先生は子どもに言葉をかけなければならないと思う。 何十年も経った同窓会で、「俺、あの先生に、1 つけられた」 酔っていても、笑ってなかった。 今でさえ。 その当時、幼かった貴方がどれほど傷ついたか。 「 1 」をつけて、ぽんと渡せるんだ。 受け取った子どもの気持ちに何の配...
命日と 盆が重なり ありがたし 法事は少ないほうがいい。
船 の 行 く 関 門 の 霞 ( かすみ ) 晴 れ る ま で... 関門海峡 / so-oh 海というのは、見飽きることがない。 和布刈公園から、関門海峡を眺める。 霞がかかって、遠くははっきりしないけれど、海面がキラキラキリコ細工のように輝き、遠くを大小の船が行き交うのが見える。 遠出をする習慣のないわたしは、ここまで来ても、遠くに来たなと思う。 門司港は、観光...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください