七夕に らっきょの皮むく 目も沁みる(しみる)

今日は七夕、残念ながら曇り空、といってもあたしはめったに星空なんか見上げない。なんか地面ばっかり見てる気がする。スーパーで袋入り、泥付きのらっきょをみつけた。らっきょうの酢というのもあった。これに漬け込めばまちがいないのだろう。便利なもんだ。さて洗って洗って、なんせ小さくて泥付きだから、何回洗っても、泥色。それから新聞紙広げて、根っこと先っぽを包丁で落とす。それから剥くのだけれど、かわいくて、食べやすそうだからって、小さいのを選んだのがまちがい。やってもやっても終わらない。目に沁みる。部屋中がらっきょうくさい。七夕に色気の無い話だけど、おとこのことなんか考えるより、ずっといいぞ。心臓どくどくして、ため息つくより、らっきょむきは生産性がある。なによりやってるあいだは、なんにも考えないから。

この句も読まれています。

ペ ン 先 の カ ル テ ち ら と 見 秋 の 雲... ぺんさきの かるてちらとみ あきのくも 少し前まで、手書きだったと思うのです。 パソコンになって、年寄りは大丈夫? ろくに顔も見ないで、病気の、わたしの何がわかるのかとの不満をあちこちで聞きました。 経験から、じーっと見つめなくても、医師は体調や抱えている問題の大きさを測ることはできるのでしょうが...
蝉 の 羽 化 子 ら の 歓 声 久(ひさ)に聞 き... Cicada 蝉 / Cool-Rock.com 近頃、公園で遊ぶ子どもを見たことがない。 たぶんクーラーの効いた部屋のなかで、ゲームに没頭しているのかと勝手に思い込んでいた。 買い物に行く途中の公園。 真っ白な蝉が木の幹にとまっており、ランドセル姿の子どもたちはそれを観察している。 殻を脱いだば...
降 り 落 ち る も う 届 く か に 大 花 火... 花火 / hktang 好きな花火がある。大型で、金色のすじ が何本にも分かれて降り注ぐ。ただそれ だけの、単純なものだが、これといった 工夫がない分、これぞ花火という気がす る。一色で、パチパチ音がするでもなく 何段か次々に開くわけでもなくドンと一 発なのがいい。...
未 練 な ど 無 し 知 ら し め よ 青 葉 木 菟... みれんなどなし しらしめよ あおばずく 未練などあるはずもなかろう。 わたしが未練の泪にくれていようなどと誤解されてはたまらない。 アオバズク、さっぱり忘れたと、平気なカオしていると言い広めよ。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください