七夕に らっきょの皮むく 目も沁みる(しみる)

今日は七夕、残念ながら曇り空、といってもあたしはめったに星空なんか見上げない。なんか地面ばっかり見てる気がする。スーパーで袋入り、泥付きのらっきょをみつけた。らっきょうの酢というのもあった。これに漬け込めばまちがいないのだろう。便利なもんだ。さて洗って洗って、なんせ小さくて泥付きだから、何回洗っても、泥色。それから新聞紙広げて、根っこと先っぽを包丁で落とす。それから剥くのだけれど、かわいくて、食べやすそうだからって、小さいのを選んだのがまちがい。やってもやっても終わらない。目に沁みる。部屋中がらっきょうくさい。七夕に色気の無い話だけど、おとこのことなんか考えるより、ずっといいぞ。心臓どくどくして、ため息つくより、らっきょむきは生産性がある。なによりやってるあいだは、なんにも考えないから。

この句も読まれています。

寒菊の 香いっぱいに 吸い込んで 寒菊の香りは、秋の寒い朝にぴったり合うのです。 小さく折り取り、小瓶にさしたりします。
故 郷 は 路 地 の 奥 な り 立 葵 ( たちあおい )... たちあおい / snak 子供の頃遊んだところは、大人になってみると、驚くほど狭くて小さいとこだった。 道路と思っていたとこは道というか路地、小さな家が昔とおんなじに並んでいる。 アパートにもならず、昔のまんまの家々があるのはうれしい。 家のまわりは、いまでは見ることのない、名前は知らない紅い実の...
水 の 合 ふ 合 は ぬ は 確 か 蟇 みずのあう あわぬはたしか ひきがえる 人の世は、正しい、正しくないだけで動いているものではないと確信します。 人事なんて最たるもの。 そして無理して、気を使ったり、ゴマをすったりしても長続きはしないのではと思っています。 ヘタすると、自分が壊れてしまう可能性さえありそうです。 流れに任せて、言う...
衣替え 箪笥(たんす)の底の 新聞紙 衣替えをした。 毎年、もっと早くするのだけど、 今年はいつまでも寒くて、遅くなっていた。 わたしは、引き出しの下に、新聞紙を敷く。 もっといいものがあるようだけど、むかしと同じことをしている。 衣替えは、その新聞紙を読みながらやるので、遅々として進まない。 人はやればいい。ほんの少し前のことも 忘れ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください