一面の秋 鉄条網 超えてなお

枯れてしまえば、また境目はくっきりと鉄条網。今こそ一面の秋、もみじ、黄落の樹々、敷きつめられた色とりどりの落ち葉。
iPhoneからの投稿

この句も読まれています。

猫柳 やり直せるかと ふと思う 猫柳の新芽が出る様子は、独特です。 むくむくつるんという感じで、光り輝く新しい芽が まさに、今からはじまるって気がします。 あ、もいっぺんやってみよかな。 なんてあほなことを考えたりします。 ちょっとだけ前向きになったりするものです。...
退 き 際 ( ひきぎわ ) は 美 学 で あ り ぬ 落 ち 椿... 椿は散るとき、首からぽろんと落ちるため、嫌う人も多いらしい。 家に植えるなとも聞きます。 最後まで綺麗に咲いて、朝見ると落ちていた、そんな散り方がわたしは好きです。 退き際というのは、人は教えてくれない。 「まだまだですよ。いろいろ教えてもらわなきゃ」なんて心にもないことを言う。 ほんとは「 いい加...
春浅き 花に雪舞う しだれ梅 このごろの天気の移り変わりの激しさはなんでしょう。 そして二月半ばを待たずして、梅はもう終わりかけています。 またちらちらと雪の舞う日があります。 みぞれのような冷たい雨もあり、 今朝は台風のような、春一番が吹き荒れ、 いまはどしゃぶりの雨、あしたはあがるのでしょうか。...
豆 腐 屋 と 蕎 麦 屋 潤 し 雪 解 水 脊振の中腹、今建設中の五ケ山ダムより更に上に豆腐屋と蕎麦屋があります。 どちらも水を大量に、それも質のいい水を求めます。 豊富な湧き水があり、知る人ぞ知るです。 大きなダムと道路が、山を谷を分断することが残念です。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です