一面の秋 鉄条網 超えてなお

枯れてしまえば、また境目はくっきりと鉄条網。今こそ一面の秋、もみじ、黄落の樹々、敷きつめられた色とりどりの落ち葉。
iPhoneからの投稿

この句も読まれています。

雪折れの 水仙手折り(たおり) 坂の街... 雪で折れたのか、水仙の春の香を胸いっぱい 吸い込んで坂の街の細い道を行く。むかしの ままの小道が住宅の角を曲がり曲がり、さら に上へと歩くと、とつぜんの行き止まり。...
爛漫に 向けて準備の 春の雨 ひと雨ごとに春になる。わたしは春はあまり好きじゃない。紫外線多いし、光が増えて、顔のアラがよく見えて、さらにブスになるから。ただ草木が芽吹き、命の勢いを感じるのはいい。...
夾 竹 桃 浮 世 の 義 理 は 欠 き て 咲 く... Nerium oleander / 夾竹桃(キョウチクトウ) / TANAKA Juuyoh (田中十洋) 夏真っ盛り。 近所の公園は、朝夕は別として、炎天下の真昼は人っ子ひとりいない。 通り過ぎる人もいない。 ただ夾竹桃の花が、咲き誇っているだけ。 原爆の落ちた広島で咲いたという。 牛が食べたら...
四月馬鹿 家内交通 厄除け祈願 クルマのフロントガラスに、お守り をぶら下げている。太宰府の厄除け 櫛田神社の家内安全あとは、なんだ っけ。馬鹿じゃないか。お守りのコ ラボ。医者にも内科、耳鼻科とある から、神様も得意分野があるんじゃ ないかと。あんまりなんにも守られ てる気はしません。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください