一応ね 言ってみたまで ほととぎす

ことわられた

この句も読まれています。

身 を 隠 す 術 (すべ) 無 し 花 の 野 分 (のわけ) 前... Wild Flowers 野草的花 / HK James Ho 襲い来る風雨に、隠れることもできず ただ野晒しで、耐えて立派。雑草なれ ど立派。嵐も我慢してれば、必ず過ぎ る。只中にいるときは、永遠に続くよ うにしか思えないけど。変わる。変わ る。昨日と同じということはないこと に、通り過ぎてしば...
身 の 内 の 不 安 呑 み 込 む 氷 水 みのうちの ふあんのみこむ こおりみず 漠たる不安が、もくもくと成長するのを、押さえるため、というより不安というのは、ある時点から独り歩きする癖があるようで、実際より悪い方向に向かいたがります。 現実だけを捉えて、その先を勝手に想像しないことが肝心と心得ます。 冷たい水を一気に飲んで、取り敢えず落...
みなぎりて ダムの湖水は 秋の空 いつどこで見ても、水はいい。 流れても、流れなくても。 空気が澄み、水は秋の空や樹々を映す。
廃 園 の 観 覧 車 冬 日 惜 し ま ず はいえんの かんらんしゃ ふゆびおしまず 遊園地は、みんなの、特に子どもの夢の場所です。 明るい声で溢れたであろう日々がかげろうのように重なります。 あちこちに大きなテーマパークが出来、昔ながらの遊園地は、どこも苦戦しているように聞きます。 その立ち姿が華やかで可愛らしく活き活きとした歓声が上がっ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください