ミ モ ザ 咲 く す べ て 無 か り し こ と と し て

みもざさく すべてなかりし こととして

子どもじゃないんだから、起こったことを忘れることはできません。

ただこのミモザの大木に咲く、溢れかえる黄色の花を見ていると、時間が経てば、忘れられるような気がしてくるのは不思議です。

春爛漫。

何かが去年とは少しずつ変わったけれど、イヤなことも少しずつ軸を変えていけるような、そんな気分にしてくれます。

この句も読まれています。

電話には 居留守あるなり 秋の雨 なつかしいと想ったのは、わたしひとり 迷惑だったんだなあ…しみじみ秋です。
木も草も あめつちの恵みと言うらし 春の雨... 雨がよく降る。山に川に。草も木も力を蓄えているのだろう。コンクリートの街路樹もきっと息をついているはず。なんかほっとする。...
大 鯉 の 背 び れ 霰 ( あられ ) に 叩 か れ し... りっぱな錦鯉が浅い水路に入れられて、ひしめき合って、ゆったり泳ぐこともできない。 天満宮のすることは、あれやこれやそんなもの。 催事に引っ張り出される牛は、北朝鮮の農耕用の牛と変わらず、痩せ衰え全身のあらゆる骨が浮き出ている。 もちろん艶もない。 以前は年始と合格祈願に限った人の波が、今は一年中であ...
ささがきの ごぼう晒して(さらして) 秋の水... ごぼうをささがきにする。 すぐ色が変わるから、水を張ったボールにそぎ落とす。 以前は面倒だったから、ささがきゴボウを買っていたけれど、 あの色の美しさが気持ち悪くなって、だって、まともに やってたら、ごぼうは真っ黒になるはず。 真っ白はおかしい。それで、自分でささがきにすることにした。 地鶏と混ぜて...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください