ミ モ ザ 咲 く す べ て 無 か り し こ と と し て

みもざさく すべてなかりし こととして

子どもじゃないんだから、起こったことを忘れることはできません。

ただこのミモザの大木に咲く、溢れかえる黄色の花を見ていると、時間が経てば、忘れられるような気がしてくるのは不思議です。

春爛漫。

何かが去年とは少しずつ変わったけれど、イヤなことも少しずつ軸を変えていけるような、そんな気分にしてくれます。

この句も読まれています。

子 は 育 ち ピ ア ノ は 鳴 ら ず 水 仙 花... こはそだち ぴあのはならず すいせんか 一斉に建てられた団地は、同じような世代の両親と、小学生に溢れかえって、イキイキと活気のある町でした。 今のように、働くお母さんは少なくて、幼稚園も同じ、小学校も同じママ友は、いつもいつも仲良しではなく、派閥が出来たり、 揉め事が起きたり、PTAの役員を押...
万 緑 に 力 借 り た り 三 輪 車 ばんりょくに ちからかりたり さんりんしゃ 緑真っ盛り。 若葉も新緑もすでに過ぎ、逞しい樹々が青空を狭くして、大きくなった。 子どもは、買ってもらったばかりの三輪車を、一生懸命こぐのだけれど、半分踏んで、力足らず。 エイっと踏み込むことができず、苦労している。 そのうち要領を覚えて、力強く前へ進み...
しっかりと 踏みしめ歩くか 母のありせば... もしわたしに母がいたなら、ずいぶんと楽に生きられたのではと、つい思ってしまう。人に愛された経験のない人間は人を愛することができないとはよく聞くことである。自分では、土台がしっかりしていない砂地に木を植えたような感じがしている。あとから頑張っても、肥料を入れても、栄養のない砂地に植えられた苗木がちゃん...
秋雨の 上がりてもなお そぞろ寒 やっと本格的な秋がきました。あの暑かった夏が嘘のよう。秋の雨にしては激しい雨でした。雷もなって、まるで世の中がすべて洗われたようでした。雨が上がったあとも、震えるような寒さ。わたしの季節がきたと実感しました。今がきれいじゃないといけないと、化粧品を通販で注文したりしました。相変わらずばかです。窓を全...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください