ミ モ ザ 咲 く す べ て 無 か り し こ と と し て

みもざさく すべてなかりし こととして

子どもじゃないんだから、起こったことを忘れることはできません。

ただこのミモザの大木に咲く、溢れかえる黄色の花を見ていると、時間が経てば、忘れられるような気がしてくるのは不思議です。

春爛漫。

何かが去年とは少しずつ変わったけれど、イヤなことも少しずつ軸を変えていけるような、そんな気分にしてくれます。

この句も読まれています。

階 段 を 這 い 登 り き て 苔 清 水 かいだんを はいのぼりきて こけしみず 長い急階段の上にある社です。 どうしようかと一瞬迷ったけれど、此処まで来たのだからと、意を決して登り始めました。 息も切れぎれ、ようやく辿り着くと、其処は別天地。 覆い茂る大樹の根元の辺りは、きれいに苔が、それも一面に。 山から落ちるほんの小さな滝のおかげで...
諦 め よ 誰 も 教 え ぬ 雪 女 雪女は人間ではない。 おそらくは、もののけといわれる類いのものだろう。 だから獣のように率直でわかりやすいのではなかろうか。 己れが恐れられていることは自覚していようか。 この世のものとは思えない美しさ、抜けるような色白が、あまりにも凄すぎて人を遠ざけていることに気づいているだろうか。 想いは貫くも...
花は今 蕾色とて ときめいて 桜の開花が近いらしい。 花は咲いたら、散るだけです。 一分咲き、三分咲き、満開そして散るだけです。 葉桜もそれはそれでいいものですが。 いまから咲こうとしている蕾桜も楽しみをくれるものです。 なにごとも「はじまる予感」が一番なのです。 さくらもオトコも。http://ietter.hanihoh.c...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です