衣 更 へ マ ネ キ ン 容 赦 な く 全 裸

ころもがえ まねきん ようしゃなくぜんら

デパートのショーウィンドウのマネキンが夏服にころもがえです。

一度下ろすかと思いきや、人が上がり込んで、その場で行われます。

手慣れた様子で時間は取りません。

とりあえず全部脱がせてから、すべてアタマから入れて着せていきます。

ちょっと気の毒。

この句も読まれています。

お の お の に 覚 悟 の あ る や 雁 渡 る... けがはないか。 体調は万全か。 家族は揃ったか。 渡り鳥が、どんな心境で、長い旅に出るのか知ることはないけれど、鳥といっても、それなりの準備や覚悟はするのではないか。 とにかく長旅である。 余計なお世話です。...
待つことに 決めた柿落ち葉 踏みながら... 待つのは辛い。私が一番苦手なこと。せっかちで、すぐ急かせる。それでいいことは何にもない。いっつもそう。待つことにする。慣れてないから、何も手につかない。寝てばっかり。ご飯も食べない。なのに胃が痛い。...
外はもう クリスマスかと 衿合わせ... t巷ではクリスマスツリーが準備されているという。都会には出ないから、テレビ情報。このあたりのスーパーではまだその気配はない。木枯らしが吹く。仕事帰りに買い物をしてスタスタ歩いて帰る。...
行く春を 追うて流るる 筑後川 一級河川筑後川、ゆうゆうとうとうと流れる九州一の河川。鉄橋を渡る列車が行く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください