衣 更 へ マ ネ キ ン 容 赦 な く 全 裸

ころもがえ まねきん ようしゃなくぜんら

デパートのショーウィンドウのマネキンが夏服にころもがえです。

一度下ろすかと思いきや、人が上がり込んで、その場で行われます。

手慣れた様子で時間は取りません。

とりあえず全部脱がせてから、すべてアタマから入れて着せていきます。

ちょっと気の毒。

この句も読まれています。

長 い 目 で 見 る は 難 し 梅 早 し ながいめで みるはむずかし うめはやし 生来せっかちであわてものです。 それだけならまだ良いのですが、いっしょにいる人まで落ち着かないと言われます。 気をつけてはいます。 犬までが、わたしと散歩するときは、決まったコースを、脇目も振らず全力疾走し、地面ばかり見るものだから、低いところにある木...
三 百 の つ づ ら 棚 田 に 水 巡 る 昔のひとの知恵だろう。 竹を切り、縦に割って、樋にして、水を流す。 そうやって、段差の激しい棚田の隅々まで、水を行き渡らせる。 作って、設置角度や方向を見ながらやるのだろう。 時間のかかる、手のかかる労力の限りを尽くすたいへんな仕事だろう。 しかも一軒だけでは、どうにもならない。 三百もある棚田に、...
雁渡り 寂しきは人 人はひとり 秋になると、雁が渡り行く。 わびしい光景だけど、でも思えばいつもそう。 人は一人で生きているのです。 いまさら侘しいなんて、想うのはおかしい。...
雪混ぜた 霰に打たれ 今を知る あたしは今幸せか どこがどう不幸せなのか。 なんでこうも心配事が多いのか。 あたしだけこうなのはどうしてか。 あ~寒い。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です