衣 更 へ マ ネ キ ン 容 赦 な く 全 裸

ころもがえ まねきん ようしゃなくぜんら

デパートのショーウィンドウのマネキンが夏服にころもがえです。

一度下ろすかと思いきや、人が上がり込んで、その場で行われます。

手慣れた様子で時間は取りません。

とりあえず全部脱がせてから、すべてアタマから入れて着せていきます。

ちょっと気の毒。

この句も読まれています。

ミモザ咲く スカートの裾 ふわりとす... ミモザの花が咲く。降るように咲く。まちがいなく春の風が吹き、木綿のブラウスや、薄いフレアースカートを出したりする。おもいっきり深呼吸もする。日頃のことをしゅくしゅくとやっていこうと思う。...
新 走 (あらばしり) 心 な し か ば 香 の 青 し... 新酒の会。 今年できた新しい酒。 大きな樽から、すこし注いでもらうのだけれど、樽の香りか、新酒の香りか、新しい香りがする。 新しいはあたらしいで、古いは古いで、それはそれなりの趣きがあるのだろうけれど、正直、日本酒のことはよくわからない。 爽やか系が飲みやすいけれど、フルーツ酒みたいになると、好みじ...
彦 星 や 今 宵 は 仕 事 と 言 ひ お い て... ひこぼしや こよいはしごとと いいおいて 一年に一回の逢瀬が、何年も続くなんて、人の世では、一部の変わった人を除いてあり得ないと思うのです。 一年は長い。 年もとる。 よそ見もする。...
かじけ猫 縄張り離れて 餌を探し この寒空に、野良猫は辛かろう。 餌をやると、増えるということで、餌やり禁止令がでている。 同じような色と模様の猫が、急に増えることがある。 わたしは猫は、好きじゃない。従順ではないし、何を考えてるか見当もつかないから。 沼田まほかるの小説に、「猫鳴り」というのがあって、読んだけど、初めから終わりまで...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください