マ ア マ リ リ ス 血 を 吐 く 口 の か た ち し て

Amaryllis
Amaryllis / Kumaravel

アママリリスは、今はいろいろな品種ができていますが、昔はたしか真っ赤一色だったと思います。
真っ赤なアマリリスは、すっくと立って、葉と茎と花が別物のように見えたものです。
「カア!」っと鳴いて、血を吐く口のように見えたものです。

この句も読まれています。

推し量る  術(すべ)ばかり得て 秋の月... 大人の顔色ばかりみて、育ってきたせいか、いつもいつも人の気持ちばかりこそこそと見る癖がついてしまっている。 まるでしみのように、消えない、癖のようなものか。とても疲れるけど、それ以外の気持ちの持ちようを知らない。ただ長い年月の間に、まるで自由奔放に振舞っているかのように見せる術は身につけたと思う。み...
油断して 蝸牛(かたつむり)さえ 見失い... そのあたりで、ぐずぐず動いているのかいないのか、進んでいるのかいないのか、 究極ののろま、かたつむり。 ほんのわずかな時間、目を離した隙に、行ってしまった。 遅々とした歩みも、馬鹿にならない。 確実に進んでいる。...
踏 青 や 遠 足 解 散 吉 野 ヶ 里 とうせいや えんそくかいさん よしのがり 春、草が芽生えた野に遊ぶこととのことです。 もともとは古代中国の行事だそう。 春の野遊びです。 整列していた子供らが、吉野ヶ里の歴史公園で、一斉に解き放たれ、お弁当を食べたり、自由に遊ぶ時間です。...
都府楼(とふろう)の 礎石(そせき)に御用か かたつむり... 大宰府政庁跡の、大きな礎石に、かたつむり。 周囲の草原に潜んでいるのが、雨に喜んで出てきたのか。