バ リ ウ ム の ゆ く ご と 熱 燗 喉 を 越 し

あのいやらしいバリウムと熱燗は、全く別物ではあるけれど、じわっとゆっくり、今、喉のこの辺りと自覚しながら落ちていく感覚が近いような気がして。
イヤな物と、素敵なものの感覚が同じとは、おかしな話だけれど、それだけ熱燗のしみじみとした味わいが濃いということ、少しずつ少しずつ幸せが沁みてくる感じ。
とりあえず今日は終わった。
なんということなく。
明日のことはわからない。
ただこの一献が、わたしを大きく元気づけるということ。
このひとときに感謝するということ。

この句も読まれています。

雁の寺(1) 「雁(がん)の寺」水上勉作 1961年第45回直木賞受賞作品。 鳥獣の画を描いて、京都画壇に名をはせた岸本南嶽が死んだのは昭和8年の秋である。 岸本家は孤峯庵の檀家であり、和尚は慈海和尚と呼ばれていた。 慈念という十二、三歳の小坊主を連れていた。 死んだ岸本南嶽には、里子という妾がいた。 以前その...
余寒なり こんな日に死ぬかと 思う通夜... この寒さ、一度春を経験したばかりに、余計に寒い。 お通夜だから、日が暮れてから行く。 不謹慎ながら、凍りつくほど寒かった。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
雨音に むかしの痛み 思い出す 何かの拍子に、そうほんのなにかのはずみで、むかし苦い思いをしたというか、させられたことをふっと思い出すことがあります。 台所できゅうりをきざんでいるときや、植木鉢の雑草を抜いた瞬間なんかに、侮辱されたこと、冷たくあしらわれたこと、とても傷ついたこと、それがとっても遠い昔のことがよくあります。 小さい...
鳥 渡 る 海 へ 出 る と き 躊 躇 な し... とりわたる うみへでるとき ちゅうちょなし 渡り鳥の習性なのだから、どうということもないのだろうけれど。 思い切ってさあ、というふうでもなく、止まり木のない大海原へまっしぐら。 出ると決まれば、そうするのでしょう。 習性というものなのでしょうか。 あたしはどうかな。 こうすることしかできないときは...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.