ネ ク タ イ は 黒 と 白 の み 桜 桃

ねくたいは くろとしろのみ さくらんぼ

年金生活になって、着る機会も無くなった通勤用のスーツを後生大事にとっておき、施設にまで、洋服ダンスごと持って行く人がいます。

区切り区切りでアタマを切り替えた方がいい。

そのためには見えるとこから変えるのが手っ取り早いとワタシは思うのですが。

切り替えがヘタクソなのは、オンナより、まちがいなくオトコのようです。

この句も読まれています。

雁渡る 過ぎし一夜の なんとも浅し... 楽しかったあの一夜が、20年経っても忘れることのできない宝が、 あの人にとっては、つまらないというより、とるに足らない、思い出にもならないものだったなんて、 あたしはやっぱり馬鹿だ。...
蝉 (せみ) 鳴 い て 一 身 汗 の 穴 とな る... A sunflower / Takashi(aes256) たぶんこれで梅雨明けだろうと思う。 最近の気象庁は、明けてしばらく経ってからでないと 梅雨明け宣言しない。 湿度も高いのだろう。 わたしは夏が苦手で、このごろは10月までが夏。 一年の半分は夏になってしまって、困っている。...
檸檬とは こんなに大きく 連なって... 檸檬とは、手の届かないくらい大きな木に、みかんのように実がなるものと 思っていました。鉢植えの檸檬の木にも、りっぱな実が連なってなっているのを見て、 驚きました。...
終 電 に 冬 三 日 月 の つ い て く る... しゅうでんに ふゆみかづきの ついてくる 中秋の名月などとはちがい、冬の月は硬くて冷たい。 板金で作ったような月に、影のようにウサギがいる、そんな感じです。 道は適当に明るくて、月明かりを必要としているわけでもないのに、板金の月は離れず付いてきます。 今年ももうふた月が過ぎたと、そのたったふ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください