ネ ク タ イ は 黒 と 白 の み 桜 桃

ねくたいは くろとしろのみ さくらんぼ

年金生活になって、着る機会も無くなった通勤用のスーツを後生大事にとっておき、施設にまで、洋服ダンスごと持って行く人がいます。

区切り区切りでアタマを切り替えた方がいい。

そのためには見えるとこから変えるのが手っ取り早いとワタシは思うのですが。

切り替えがヘタクソなのは、オンナより、まちがいなくオトコのようです。

この句も読まれています。

春浅き 花に雪舞う しだれ梅 このごろの天気の移り変わりの激しさはなんでしょう。 そして二月半ばを待たずして、梅はもう終わりかけています。 またちらちらと雪の舞う日があります。 みぞれのような冷たい雨もあり、 今朝は台風のような、春一番が吹き荒れ、 いまはどしゃぶりの雨、あしたはあがるのでしょうか。...
菜の花も おぼろの月も見ず ひとり... 菜の花畑に入日薄れ こんないい季節の夕暮れ時に、あたりを見渡すこともなく なんで一人で歩く
カ ン ナ な ら 別 れ し 人 の 不 幸 せ... IMG_6225 / coloredby 一青窈の唄に、「ハナミズキ」というのがある。 「君と好きな人が100年続きますように・・・」 なんでそんな仏のような心境になれるかな。 わたしを振ったオトコの幸せなんて、願えるはずもない。 不幸せを念じるのみだ。 なんだ、あんなやつと、思えば思うほど、忘れ...
『ビールあり 』 幟(のぼり)色褪せ 夏果てぬ... ビールの幟がはためいていた夏。 色褪せて、ようやく夏が終わった気がする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください