ネ ク タ イ は 黒 と 白 の み 桜 桃

ねくたいは くろとしろのみ さくらんぼ

年金生活になって、着る機会も無くなった通勤用のスーツを後生大事にとっておき、施設にまで、洋服ダンスごと持って行く人がいます。

区切り区切りでアタマを切り替えた方がいい。

そのためには見えるとこから変えるのが手っ取り早いとワタシは思うのですが。

切り替えがヘタクソなのは、オンナより、まちがいなくオトコのようです。

この句も読まれています。

薄 氷 ( うすらい ) の 何 が な ん で も 割 り た が り... 近ごろはめったに見なくなった氷の張った水溜り。 子どものころは、道はでこぼこ、水溜りはあちこちにあり、登校時は、氷の張った水溜りを見つけ次第踏み割って歩いたものだ。 すでに先を越されたものがほとんどだったけれど。 前日に、バケツに水を張っていれば、必ず氷が張っており、天井から落ちたらしい大きなねずみ...
終 電 に 冬 三 日 月 の つ い て く る... しゅうでんに ふゆみかづきの ついてくる 中秋の名月などとはちがい、冬の月は硬くて冷たい。 板金で作ったような月に、影のようにウサギがいる、そんな感じです。 道は適当に明るくて、月明かりを必要としているわけでもないのに、板金の月は離れず付いてきます。 今年ももうふた月が過ぎたと、そのたったふ...
秋 高 し 蔵 窓 開 く る 棕 櫚 箒 あきたかし くらまどあくる しゅろぼうき 蔵に窓があることも忘れているほど、開いているのを見たことがありません。 その窓が、この秋の清々しい空気を入れるためか、開いているのを始めて見ました。...
深 閑 を 切 り 裂 い て 狩 る 鵙 ( もず ) の 性 ( さが )... Bullheaded Shrike enjoys autumn sky / coniferconifer わりと綺麗な色をしている。まるまるとしている。虫や蛙、小さな鼠や、驚くことに小さな鳥まで襲うという。くちばしと鋭い爪が武器。獰猛で激しいのも生きるため。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください