タンポポの 踏まれても強き 力欲し

地にしっかりと根を下ろし、人が踏んだり、
車が通ったくらいでは、びくともしない。
涼しい顔で、花をつける、そんな力が欲しい。
気は強いのに、人からちょっと言われたり、
うわさを聞いたりしては、ぺしゃんこになる。
しみじみと深い大人になりたいもの。

この句も読まれています。

満天の 星降り落ちて 霜の朝 天気のよい晩にはたくさんの星が出て、 明け方に落ちてきて、朝の霜になるような 気がします。
蜃 気 楼 寄 り 来 る 電 車 も お ろ お ろ し... しんきろう よりくるでんしゃも おろおろし 曲がって、電車が駅に向かってくる。 暑い暑い昼最中、ゆらゆらと電車は揺れて、ついでに線路もごにょごにょして見える。 なんでこんな暑い日に出かける用事があるのだろうと恨めしくなります。 半分蒸発しそうな電車に乗って、街まで行きます。...
つくつくの 声も聞かぬに 秋の風 ツクツクボウシはどこへ行ったのでしょう。 あの声を聞くと、ああ暑い夏ももう少しの辛抱だと思ったものです。 そうこうしてるうちに、すこうしずつ涼しくなってきたものです。...
秋深し この医者でいいのか 問い歩き... 就職と結婚と病院は、縁のものだと思う。 頑張ってどうなるもんじゃなし。 運命か、天命か。 つきがあるか、ないか。 医者はそのほとんどがヤブだと思っていい。 少なくとも、患者を本気で心配する奴はいない。 心配してほしいわけじゃない。 ただ正しい診断と治療を求めているだけ。 どうしてできないんだろう。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください