タンポポの 踏まれても強き 力欲し

地にしっかりと根を下ろし、人が踏んだり、
車が通ったくらいでは、びくともしない。
涼しい顔で、花をつける、そんな力が欲しい。
気は強いのに、人からちょっと言われたり、
うわさを聞いたりしては、ぺしゃんこになる。
しみじみと深い大人になりたいもの。

この句も読まれています。

薄墨(うすずみ)の 花打つ雨に 時忘る... 桜は色が薄いのがいい。雨に咲く花は 一段とうつくしい。満開間近の花にも 容赦なく雨が降る。この雨は止む気配 もない。湖に張り出した桜は少しずつ 花を水に散らしながら、しょうしょう と降る雨のなかにいる。...
戦 病 死 飢 え 多 か り と 聴 く 彼 岸... せんびょうし うえおおかりと きくひがん 句会の後、ちょっとしたお茶飲みの会をします。 同年齢か、ずっと年長の方もおいでです。 今日の句会の反省や、旅の話、学生時代のこと、亡くした家族の話など、話題はとめどなく。 戦争に行かれた人も、お兄さんが特攻の人もいて、ふだん聞けない話をきくことができます。...
フ リ ス ビ ー 探 す 草 む ら 薊 原 ふりすびー さがすくさむら あざみはら 大樹の陰になって見えなかった草むらに、アザミの群生を見つけました。 トゲがあって、扱いにくい花ですが、かわいい花の形と深い緑に惹かれる魅力的な花だとわたしは思います。 今ごろのアザミは背が高く、濃い紫ですが、もしかしたら種類が少し違うのかもしれないのですが...
秋の野に 柿の木のあり 稲実り むかしのこと、大宰府の、麻生太郎さんのお父さんかお爺さんかが造った、トンネルを抜けて、 宝満山の登り口、竈神社までの道は、わたしの思い出の道です。 一面の稲穂黄金色に輝いて、もう刈り取り寸前。 道はまっすぐではなくて、細くぐるーっとわざと景色を楽しむために、曲がっているよう。 空は真っ青な秋の高い空...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です