タンポポの 踏まれても強き 力欲し

地にしっかりと根を下ろし、人が踏んだり、
車が通ったくらいでは、びくともしない。
涼しい顔で、花をつける、そんな力が欲しい。
気は強いのに、人からちょっと言われたり、
うわさを聞いたりしては、ぺしゃんこになる。
しみじみと深い大人になりたいもの。

この句も読まれています。

で き る よ と 鉄 棒 の 子 の 秋 の 空... できるよと てつぼうのこの あきのそら やっと逆上がりができるようになったのでしょう。 得意げに、母親に披露。 まだ、やっとやっと感が拭えないけれど、ここまでくるのにどれだけ練習したのだろうと、自分を重ねていました。 鉄棒が苦手だったわたしは、毎日毎日暗くなるまで、近所の神社の隅にある鉄棒で、逆上...
単 線 の 連 結 照 ら す 秋 の 月 たんせんの れんけつてらす あきのつき 篠栗線。 今はなんと言ったか。 福北ゆたか線。 博多駅のいちばん端から発車する。 以前勤めていた会社が篠栗にあり、其処までしか実は行ったことがないのだけれど、これは筑豊に通じる歴史ある鉄道。 鉄道は、何処も同じだけれど、むかしから多くの人の夢や挫折を運ぶ。 ...
青梅は 紫蘇となじませ 瓶に詰め 梅雨の季節、梅干作りの季節です。
特急の 過ぎる風除け 芒原 わたしの駅には、各駅停車しか停まらない。駅のホームで、特急をやり過ごしたあと、数秒後いやな風が来る。風を避けて、駅舎のかげで、裏の空き地を見ている。一面のすすきとセイタカアワダチソウ、ぜんぜんきれいじゃない。荒れ地。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください