タンポポの 踏まれても強き 力欲し

地にしっかりと根を下ろし、人が踏んだり、
車が通ったくらいでは、びくともしない。
涼しい顔で、花をつける、そんな力が欲しい。
気は強いのに、人からちょっと言われたり、
うわさを聞いたりしては、ぺしゃんこになる。
しみじみと深い大人になりたいもの。

この句も読まれています。

サ ー キ ュ ラ ー ス カ ー ト 縫 う て 夏 の 峰... サーキュラー スカートぬうて なつのみね 床に置くと、まん丸になるサーキュラースカートを縫いました。 身につけると、いっぱいにフレアーが入り、楽しい形です。 ただ裾が広いぶん、手縫いで裾上げをするのは時間がかかり大変でした。 梅雨には入りましたが、今日はすっきり晴れて、遠く脊振の峰がイキイキ...
不 如 帰 ( ほととぎす ) に 生 ま れ て 他 に 道 の な し... Banded Bay Cuckoo / SivamDesign こんな遺伝子を持って生まれた。 劣悪な生育環境で、努力はしたつもりだけれど、こんな人間になった。 わたしは、うぐいすのようになりたかった。 ほととぎすに、うぐいすになれったって、なれるわけない。 わたしは確信している。 今度生まれ変わ...
雪間葱 根の深くして 春を待つ 雪の間を見つけて、葱を収穫した。 髭根ながら、多くて深い。このねぎに この根っこと思うくらいの育ち方。 これで春を待つのだろう。底力があれば 冬は越せる。...
旧 仮 名 の 文 庫 並 べ し 若 葉 風 きゅうかなの ぶんこならべし わかばぜ 小さな古い岩波や新潮の文庫本。 もうすっかり茶色で、めくるとかさかさと変に乾燥した音を立て、一面シミのような斑点に覆われたものです。 ほとんどは、自分で買い求めたものではなく、押入れの奥や、手の届かない棚の上の片隅で見つけたもの。 親か、そのまた親が遠い昔に...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください