シュワシュワと サイダーの泡 顔を打つ

湿っぽい暑い日には、炭酸が欲しくなります。
サイダーは昔馴染みの味で、でも飲みすぎると、気持ち悪いですが、
汗をかいた顔をコップに近づけると、小さな泡が次々と湧き上がってきて、
気持ちいいです。子供の頃からよくやったものです。

この句も読まれています。

地 雨 に な り 雛 の 納 め は そ の う ち に... じうになり ひなのおさめは そのうちに 菜種梅雨というのでしょうか。 気温は上がったり下がったり、落ち着かない空模様で、湿っぽい雨が降っています。 雛人形は一年に一度しか出さないので、からっと乾燥した日にしまいたいのです。 この雨が上がって、青空が見えてから、雛納めとしましょう。...
花 ミ モ ザ 廃 屋 覆 ひ 空 覆 ひ はなみもざ はいおくおおい そらおおい 幹線道路をふた角ほど中に入り込むと、狭い狭い道沿いに、もうとっくに人が住んでいないと思われる家がそこここにあります。 決して田舎のことではなく、政令都市とされる街中です。 なんでこんなもったいないことになるのか、固定資産税は払わずにすんでいるのかと、余計...
灯のともる までの見守り 蛍袋 ホタルブクロ / suneko 日が長い。夕餉のときが来たのか。ぽつぽつと家々に灯がともる。みんなお帰り。蛍袋はいつもうつむいて、その膨らんだ体いっぱいやさしさが詰まっているような気がする。...
七福の 高架下より 覗き(のぞき)おり... 初仕事の行き道、恵比寿と布袋が覗いとった。 事務所は新幹線の高架のすぐ横。その橋脚から ちょっと顔が見えた。 たぶん行き詰まったわたしを励ましに来たと思う。 きっと。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください