シュワシュワと サイダーの泡 顔を打つ

湿っぽい暑い日には、炭酸が欲しくなります。
サイダーは昔馴染みの味で、でも飲みすぎると、気持ち悪いですが、
汗をかいた顔をコップに近づけると、小さな泡が次々と湧き上がってきて、
気持ちいいです。子供の頃からよくやったものです。

この句も読まれています。

疲れきて 銀杏落葉の 雨を踏む k体の芯まで疲労していると実感する瞬間がある。買い物にも寄れない。雨の銀杏落葉を踏み踏み帰路につく。晴れていれば、金色に輝く銀杏の落葉が雨に沈んでいる。もったいないこと。...
人混みに 見覚え冬帽 声かけず あっあの人だと思うことたまにあるが、よっぽどの ことがない限り、声はかけない気がする。 懐かしいんだけど、わざわざ自分の今を語る気もせず やり過ごすことが多い。 あの人といっしょに働いた時代があって、けっこう楽しかったと思う。...
穏 や か は 寂 し こ と と 初 山 河 おだやかは さびしことなり はつさんが ひとりぼっちだろうが、寂しかろうが、わたしは賑やかより静かなほうがいい。 近くに、由緒正しい神社があるけれど、駐車場が呆れるほど少なくて、そのせいで参拝者が少ない。 境内のクスノキは、天満宮に負けないほど立派。 歴史の古さは負けていないのではと思うので...
外はもう クリスマスかと 衿合わせ... t巷ではクリスマスツリーが準備されているという。都会には出ないから、テレビ情報。このあたりのスーパーではまだその気配はない。木枯らしが吹く。仕事帰りに買い物をしてスタスタ歩いて帰る。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です