サ ー キ ュ ラ ー ス カ ー ト 縫 う て 夏 の 峰

サーキュラー スカートぬうて なつのみね

床に置くと、まん丸になるサーキュラースカートを縫いました。

身につけると、いっぱいにフレアーが入り、楽しい形です。

ただ裾が広いぶん、手縫いで裾上げをするのは時間がかかり大変でした。

梅雨には入りましたが、今日はすっきり晴れて、遠く脊振の峰がイキイキと見えます。

昨日の雨に洗われ、街中は緑がしたたるようです。

この句も読まれています。

花 見 上 ぐ ひ と と き 浄 土 あ り し よ な... はなみあぐ ひとときじょうど ありしよな こんなみごとな桜を、あの人が見ていないわけはない。 宴の最中かもしれない。 見上げると空。 見上げると桜。 貴方が幸せでありますように。 もう慣れましたか。...
切 支 丹 処 刑 地 い ち め ん う ま ご や し... きりしたん しょけいちいちめん うまごやし 遠藤周作 「沈黙」 映画化され、好評を博したと聞き、観たのですが、難しかった。 激しい拷問のシーンが長くあり、それにも心を痛めた人は多かったと思います。 遠いむかしのこととはいえ、事実なのですから。 長い時間が過ぎ、熱湯をかけた拷問の地、雲仙地獄は、...
こ の 雨 に 花 の 命 の な が ら へ ば... このあめに はなのいのちの ながらえば もう三、四日ほどになるでしょうか。 桜の開花宣言がなされてから。 低い気温と、この雨で、開花は進まず、三分咲きにも至っていません。 いっせいに咲いて、あっという間に散ってしまうより、長く長く花を愛でることを、皆歓迎してるようです。 むかしは、入学式のころ満開...
鬼 門 に は 立 ち 塞 が り て 花 八 手... きもんには たちふさがりて はなやつで むかしは何処の家にもあった八手の木。 たいていは、勝手口近く。 子どもには、天狗の団扇のように、大きな葉っぱでした。 秋も深まるこの頃に、白くて丸い球を集めたような花を付けます。 地味なので、うっかり見逃してしまうことも多いものです。 日陰ばかりでは、花は咲...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください