サ ー キ ュ ラ ー ス カ ー ト 縫 う て 夏 の 峰

サーキュラー スカートぬうて なつのみね

床に置くと、まん丸になるサーキュラースカートを縫いました。

身につけると、いっぱいにフレアーが入り、楽しい形です。

ただ裾が広いぶん、手縫いで裾上げをするのは時間がかかり大変でした。

梅雨には入りましたが、今日はすっきり晴れて、遠く脊振の峰がイキイキと見えます。

昨日の雨に洗われ、街中は緑がしたたるようです。

この句も読まれています。

こう生きて こう来るしかない 春の雨... 一生懸命生きてきたつもり。でもいっぱいまちがっていた。そのときには気づかなかった。 なんて愚かなと後からいくら悔やんでも、人生はやりなおしがきかない。失敗の後始末のため にあとの人生を使い果たしているといっても、過言ではない。人生はやりなおしがきかない。...
意に沿わぬ 謝罪しながら 蝉時雨 私のせいじゃない。 誰が見ても、あなたが悪いのに、 新人の私のせいにされた。 しょうがない、謝るしかない。 だってそうしないとおさまらないらしい。 心で蝉が一斉に鳴く、ジージーと音がする。...
海 鼠 (なまこ) 切 る 正 月 の 夜 台 所... R0014019.JPG / shrk 酒の肴に、なまこは最高。正月の朝は、ひととおり。夜はめいめい。なまこを切る。熱燗をつける。肴は少しでいい。相手は要らない。強がりじゃない。一人の正月が過ごせなくて、一人前のおんなとは言えない。さみしくなんかない。...
下関 街に柳の 春が来る 下関の海岸に近い通り、古い街筋に柳がしだれる。細い川の両岸におそらく昔々から、同じ季節が繰り返されてきた のだろう。素敵な街だ。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください