カ ン ナ な ら 別 れ し 人 の 不 幸 せ

IMG_6225
IMG_6225 / coloredby

一青窈の唄に、「ハナミズキ」というのがある。
「君と好きな人が100年続きますように・・・」
なんでそんな仏のような心境になれるかな。
わたしを振ったオトコの幸せなんて、願えるはずもない。
不幸せを念じるのみだ。
なんだ、あんなやつと、思えば思うほど、忘れられない。
でも、ホントきれいごとだよね。
たしか一青窈、人の旦那獲ったよね。

この句も読まれています。

五月雨の 牡丹の花の 露重く yようやく咲き始めた牡丹、薄桃色の花に五月の雨が重い。茎がたわんで見るからに重そう。 でも多分まだ蕾だから、またよみがえるはず。雨は滋養になるはず。...
柿落ち葉 過ぎて戻りて 一枚拾う 通りすぎて、わざわざ戻った。あまりにも見事な柿落ち葉。本に挟んだけど、どの本か忘れた。
きのう掃き 今日また集う 落ち葉かな... 道一本隔てたところに、団地があり、ぐるっと並木がある。 落葉樹。 小さな玄関の前は、落ち葉の吹き溜まり。 ごみ袋いっぱいに集めても、翌日はまたおんなじ。 風の吹き方かもしれない。 だってうちの前だけ。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
根 拠 な き 楽 観 誘 う 若 葉 風 こんきょなき らっかんさそう わかばかぜ 深緑の季節。 マイナスイオン溢れる森の中にいると、清々しくて、抱えている懸案ごともなんとかなるさという気になるから不思議。 見上げれば、若葉の隙間からほんの小さな空が見えます。 すっかり夏色の空です。...