アンコウも 紅などつける 眉も描く

さかなに例えればアンコウみたい…かな
それでも自分の顔は磨かなければ。
人生はいつ上昇気流に転じるか、わからない。
いざというときに、お顔が間に合わなければいけない。
なんと言われようと、ひそかに努力をしなければいけない。

この句も読まれています。

思い出す ことの多かり いわし雲 sすっかり秋になった。空は高くなり、夕暮れに一面のいわし雲。あんまり楽しいことは思い出さない。ああ、あのときのあの人の態度は、もう嫌気がさしていた証だったんだとか。なんであのとき気がつかなかったんだろうとか。人の心の一瞬って、時間がたってから、ふっと気がつくことが多いような気がする。...
秋 曇 り 露 草 一 日 色 を 成 し あきぐもり つゆくさいちにち いろをなし 明日は台風が来るという日。 朝から涼しく、雲は低く垂れ込めて不穏という感じです。 天気が良く暑い日ならば、朝のツユクサは温度の上がる昼前には花をたたむのですが、きょうは活き活きと一日中瑞々しさに溢れています。...
秋 深 し 孤 独 は 常 に 街 中 に あきふかし こどくはつねに まちなかに ひとりで居れば、孤独は当たり前のこと。 雑踏も同じこと。 人がいて、自分に居場所がないときに、人は孤独を感じるのかもしれない。...
春 障 子 遠 目 近 目 に 針 の 穴 Koi-Chaya @ Sagano, Kyoto / Hyougushi 外の風は、まだまだ冷たいけれど、障子越しの光はもうすっかり春の訪れ。ユニクロで買った、白いカーディガン。このまま着ては、ユニクロの宣伝。ユニ隠しに、ボタンを変えることにした。むかし気に入っていた紫のカーディガン(なぜかカーデ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください