アンコウも 紅などつける 眉も描く

さかなに例えればアンコウみたい…かな
それでも自分の顔は磨かなければ。
人生はいつ上昇気流に転じるか、わからない。
いざというときに、お顔が間に合わなければいけない。
なんと言われようと、ひそかに努力をしなければいけない。

この句も読まれています。

シュワシュワと サイダーの泡 顔を打つ... 湿っぽい暑い日には、炭酸が欲しくなります。 サイダーは昔馴染みの味で、でも飲みすぎると、気持ち悪いですが、 汗をかいた顔をコップに近づけると、小さな泡が次々と湧き上がってきて、 気持ちいいです。子供の頃からよくやったものです。...
時 の 日 に 都 府 楼 跡 の 礎 に 立 つ... 都府楼跡 / wonderstory 都府楼跡、いまは大宰府政庁跡とよばれているらしい。 あの大きな礎石に立つと、悠久を思う。...
もの想う ふとした時に 日は落ちて... 春の夕暮れの空の色の変わりようを、しっかり見ようと決めて歩き出したのに、薄墨から群青に変わるころ、ふっと考えごとをしたほんの一瞬に、とっぷりと暮れてしまった。うらうらと気分のいい日のくれ。...
大 試 験 心 意 気 な り 大 増 便 だいしけん こころいきなり だいぞうびん 大試験、おかしな言葉ですが、冬の季語です。 今で言うセンター試験や、それに続く二次試験のことでしょうか。 バスはもちろんのこと、JRまで、普通なら停まらない電車を、最寄りの駅に止めたり増発したり、人生の岐路に立つ受験生を応援しています。 「そんなことで、人...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください