よ く 漕 げ ば ふ ら こ こ た わ む 空 近 し

よくこべば ふらここたわむ そらちかし

ふらこことは、ブランコのことです。

子供のころ、近所の神社の片隅にあった、ブランコとシーソー、ひと幅の鉄棒でよく遊んだものでした。

ブランコは、静かにこぐぶんにはいいのですが、ある高さに達すると、たわむと言うか、一瞬ふわっと体が浮く感じがして、臆病者のわたしは、口には出さなかったけれど、けっこうこわい思いをしました。

勇敢な友だちは立ってこぎ、どこまでも力を抜かず、勇ましかった。

そんな子は、縄跳びも上手く、縄を唸らせて連続二重飛び、大縄跳びもリズミカルに入ったり抜けたり。

命がけのわたしとは大ちがいで、見惚れたものです。

この句も読まれています。

春の雨 生地(きじ)に向き合う 裁ち鋏(たちばさみ)... 新しい布を、パリッと広げて、型紙を置いて、ハサミをいれる。 切ればもうそれまで。 失敗は許されない感じ。 緊張の一瞬。 雨降りの日がいいような気がする。 気持ちが集中する。 プロでもないくせに、習い事なのに、やっぱり真剣。...
花 見 上 ぐ ひ と と き 浄 土 あ り し よ な... はなみあぐ ひとときじょうど ありしよな こんなみごとな桜を、あの人が見ていないわけはない。 宴の最中かもしれない。 見上げると空。 見上げると桜。 貴方が幸せでありますように。 もう慣れましたか。...
春 の 雨 役 場 市 民 課 泥 ま み れ はるのあめ やくばしみんか どろまみれ 春の雨のあとのぬかるみはしつこくて、粘土質でなかなか乾かず、役場の玄関から、一番手前の市民課まで泥だらけ。 土地が低いせいか、水はけが悪いのか、大雨が降ると、かならずこうなります。...
荒 梅 雨 の 過 ぎ て 素 知 ら ぬ 振 り の 空... あらづゆの すぎてそしらぬ ふりのそら 昨日までの激しい雨、カミナリ、ところによってはタツマキも。 今朝は、もう済んだことといった風情の空模様です。 梅雨明けはそろそろなのでしょうか。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください