よ く 漕 げ ば ふ ら こ こ た わ む 空 近 し

よくこべば ふらここたわむ そらちかし

ふらこことは、ブランコのことです。

子供のころ、近所の神社の片隅にあった、ブランコとシーソー、ひと幅の鉄棒でよく遊んだものでした。

ブランコは、静かにこぐぶんにはいいのですが、ある高さに達すると、たわむと言うか、一瞬ふわっと体が浮く感じがして、臆病者のわたしは、口には出さなかったけれど、けっこうこわい思いをしました。

勇敢な友だちは立ってこぎ、どこまでも力を抜かず、勇ましかった。

そんな子は、縄跳びも上手く、縄を唸らせて連続二重飛び、大縄跳びもリズミカルに入ったり抜けたり。

命がけのわたしとは大ちがいで、見惚れたものです。

この句も読まれています。

ぽったりと 八重の桜は 枝しなる 八重桜はずいぶんとおくれて咲く。色が濃く、重い感じがする。満開になれば、花の重みで枝がしなるほどに見える。 あまり誉められもしないが、「あたしはあたし」って感じ。...
忠霊塔 夏陽の影の 長く曳き(ひき) 夏は真っ盛りを過ぎ、暑さはそのままに、 季節は少しずつではあるが、移ろう。 忠霊塔の大きな石は、長い長い影を、 となりの中学校の校庭まで、引っ張られるように 精いっぱい伸ばしている。...
髪 洗 ふ す べ て 無 か り し こ と に し て... かみあらう すべてなかりし ことにして いろいろと引っかかることの多い世間です。 覚えていたとて、いいことはひとつもなく、忘れてしまえ、忘れてしまえと、 アタマの片隅で声がする。 洗い流せ。 それしかないじゃないの。...
地 雨 あ り 筍 竹 に 樹 々 青 く じあめあり たけのこたけに きぎあおく 激しい雨が一日中降り続きました。 地域的にも偏りなく、一定の激しさで、長い時間降り続く雨を地雨と言うらしいです。 咲き乱れた春の花は叩かれ、若葉は気のせいかぐんと緑を増し、今年豊作と言われたタケノコは、これもまたぐいと伸びて、竹の仲間入りをしただろうと想像し...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください