も の の 芽 の 双 葉 解 か む と 身 を よ じ り

もののめの わかばとかんと みをよじり

ものの芽は、春先芽吹く植物の芽のことで、草の芽のこともあれば、木の芽を言うこともあります。

芽を出し、そろそろと双葉が出て、さらに伸びようとするとき、もどかしげにくるりと巻いた最初の葉を払おうとしている様子がおもしろいと思いました。

すぐに、すっとした大人の葉が出るのですが、ちょっとだけ前のもどかしさのようなものを感じました。

この句も読まれています。

記憶など 流してしまえ 梅の雨 梅雨の雨とは思えぬほどの豪雨、降って降って降りまくれ。野に山に浴びるほどの雨を降らせ、ついでにあの、風呂敷を頭から被りたいような昔のことも流してくれればいい。長く生きると、恥ばかり増えるような気がする。あのオトコも、死んじまえ。...
暮れの春 ヘリコプターの 地雷音 IMGP0079 / fujikinoko 雨が、少しは降ったのだろうか。湿度の高い、ねっとりとした遅い春の暮れ。なんの匂いだろうか、ハーブの種類だろうか、何処からともなく、甘いというか、説明のつかない匂いが満ちてくる。林芙美子の「浮雲」だったか、あの本にある仏印の気候は、こんな感じのもっと強烈なも...
ベンジャミン・バトン 感動しました。「おくりびと」なんかよりずっと素晴らしい。 気味の悪い物体、そして体の不自由な老人としての人生の始まり。 想像もできない不幸を背負って生きた男。 泣き言も言わず、でも慎重に臆病に生きざるをえなかった。 自分を捨てた父親との対面、恨みもしないが、相手にもしない。 人は頑張れるところは頑張...
橋 脚 に 大 水 の 跡 持 ち 堪 え きょうきゃくに おおみずのあと もちこたえ 小さな石橋の橋脚に、流木や木の枝や、なんともしれないゴミの類が、引っ掛かったままです。 予想を超える量の山水が押し寄せた跡でしょう。 こんな小さな石橋が、よく持ち堪えたもの。 造りがしっかりしているのでしょう。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください