も の の 芽 の 双 葉 解 か む と 身 を よ じ り

もののめの わかばとかんと みをよじり

ものの芽は、春先芽吹く植物の芽のことで、草の芽のこともあれば、木の芽を言うこともあります。

芽を出し、そろそろと双葉が出て、さらに伸びようとするとき、もどかしげにくるりと巻いた最初の葉を払おうとしている様子がおもしろいと思いました。

すぐに、すっとした大人の葉が出るのですが、ちょっとだけ前のもどかしさのようなものを感じました。

この句も読まれています。

ね ん ね こ に 手 放 し の 愛 詰 め 込 ま れ... ねんねこに てばなしのあい つめこまれ むかしは、子どもは負ぶい紐で背中におんぶして、防寒のため綿の入ったねんねこを着ました。 子どもは暖かく、母親は両手が空くので、仕事にさして支障がないところが良いところでした。 背中の子どもの体調や、体温、動きや機嫌の良し悪しがすぐにわかるという利点もありまし...
琵琶色の 着物をほどく 梅雨の午後... 「着物リメイク」本を買いました。たしかばあちゃんちの物置に、ひいばあちゃんの着物がうち捨てられていたはず。 テレビや本で紹介されているようないいものでは決してないけど、あたしみたいなヘタクソの遊びには、もったいなくないから、ちょうどいい。ちょっと失敬してきたが、なんせばあさんくさい。 枇杷色なんて言...
もう明日は 梅雨に入るか トケイソウ... 湿っぽい、暑いんだけど、ときどき涼しい風が吹いたりする、重い空、梅雨がはじまるのか。そうなら長い梅雨がいい。いつまでも降り続く雨がいい。雨は空気をきれいにする、そんなことはないか。いまどきの雨はきたないし、いろんな悪いものが混じっているらしいから。でも降る雨を見るのは好きだ、とても。...
寒 卵 生 で 食 べ よ と 卵 売 り かんたまご なまでたべよと たまごうり 放し飼い、自然由来の成分にこだわった飼料で育てたニワトリだから、自信作なのでしょう。 よそとはちがう。 ぜひ、ご飯にかけて生で食べてほしいと。 ニワトリは、たとえ栄養失調状態でも卵を産むと聞いたことがあります。 それに最近のブロイラーは、たくさん卵を...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください