も の の 芽 の 双 葉 解 か む と 身 を よ じ り

もののめの わかばとかんと みをよじり

ものの芽は、春先芽吹く植物の芽のことで、草の芽のこともあれば、木の芽を言うこともあります。

芽を出し、そろそろと双葉が出て、さらに伸びようとするとき、もどかしげにくるりと巻いた最初の葉を払おうとしている様子がおもしろいと思いました。

すぐに、すっとした大人の葉が出るのですが、ちょっとだけ前のもどかしさのようなものを感じました。

この句も読まれています。

サービスの 残業しろと 寒鴉 世の中が不景気なのは、知っています。 金は払えないが、残業しろと、それがいやなら、 よそへ行けと、人の弱みにつけこむような、 なんでそんなこと…ほかに言いようがないかな。 いやな男だ。 ばちが当たれ。...
短夜に セメント橋の なつかしさ 夏至のころの、長い夕暮れに思わぬところで、セメントの小さい橋を見つけたのです。 レンガのように歴史を語るものでなく、コンクリートのように、強くもなく、小さな川をちょこっと またぐのです。 こんな風景を見つけると、お得した気分です。天気の悪い、ながい夕暮れが似合うのです。...
雨 降 り て 睡 蓮 永 劫 定 ま り ぬ water lily / Crystalline Radical しょうしょうと降る雨のなか池や沼地の睡蓮を 見ることが好きです。 やまない雨、時が止まったように感じるのです。 変わることのない安定感があります。 明るくなくていいのです。 色とりどりでなくていいのです。...
大 鯉 も 神 を 讃 へ ん 初 詣 おおくすも かみをたたえん はつもうで 神社の池には、緋鯉はもちろん、池の主のような黒い大鯉がときには悠然と、ときには石の陰に頭を突っ込むようにして住んでいます。 正月ともなれば、何もかもが霊験あらたかに見えるもので、大きなクスノキ、白い砂利、そして鯉までもが神の使いのように感じるものです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です