も の の 芽 の 双 葉 解 か む と 身 を よ じ り

もののめの わかばとかんと みをよじり

ものの芽は、春先芽吹く植物の芽のことで、草の芽のこともあれば、木の芽を言うこともあります。

芽を出し、そろそろと双葉が出て、さらに伸びようとするとき、もどかしげにくるりと巻いた最初の葉を払おうとしている様子がおもしろいと思いました。

すぐに、すっとした大人の葉が出るのですが、ちょっとだけ前のもどかしさのようなものを感じました。

この句も読まれています。

なぜかもう 隠し隠して 木の葉髪 なんでかわからないけど、最近抜け毛が多い気がする。昔から細くて、やわらかくて、あんまり多くないのに。輪ゴムでまとめても、いつのまにかするっと抜けてるし、ゴムが。あたいはこんなことでは終わらないぞ。...
田植え機の 行き届かぬを 翁(おきな)植え... 農作業が機械化して久しい。 機械の届かぬところは、やはり人の手作業。 一番に気づくのは年寄り。 動くのも年寄り。...
ゆでたまご 剥き(むき)剥き(むき) 春の 午後をゆく... near Hongō, , Japan / nakanishiakihito 何にもする気にならない春の午後。長い雨が過ぎたら途端に汗の滲む暑さ。ゆでたまごを上手にむき、塩をふって食べながら、古い映画を見ている。佐藤浩市のパパが出ている。この人の飢餓海峡はよかった。左幸子も名演技。どうしようもない時...
山笑う 運の悪さと 恨み節 随分むかしの、情けなかったことや、理不尽なこと。 忘れられない、様々なこと。 山笑う。 今が大事。これからが大切。 よかったらクリックください。励みになります。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください