もっこうの 薔薇こぼれ降る 春さなか

モッコウ薔薇つるバラ、白もあるらしいが、黄色をよく見る。小さな八重のバラが鈴なりにまるで盛り上がったように、溢れんばかりに咲き誇る、というか花が小さいので、咲き誇るというより、咲き乱れるというより、溢れ咲くというかんじ。かわいい花で、一年のうちほんの十日間くらい咲く。

この句も読まれています。

杉 玉 に 造 り 酒 屋 の 安 堵 か な あの丸い緑色の球は、杉の葉で作られているとのこと。 酒屋の玄関に、緑の杉玉には、お宮のお祓いがなされたのだろう、白い紙がつながったものが載せられている。 いい新酒が出来たのだろう。 空は青い。...
暖 鳥 放 つ 優 し さ つ ひ と 見 え ぬくめどり はなつやさしさ ついとみえ おそらくハヤブサやクマタカのことだろうと言われている、仮想季語です。 猛禽類が、捕らえた小鳥の体温で、自分の身を暖め、翌朝になると、その小鳥を放してやるという話があります。 そして、小鳥の飛び去った方向へは、その日は狩りに行くことはないといいます。 こ...
花 疲 れ は し ゃ ぎ し 分 は 返 さ れ て... はなづかれ はしゃぎしぶんは かえされて 花見疲れのことです。 花見に出向き、人混みにもまれ歩き回ると、思いのほかクタクタになります。 昼間の気温は上昇気味、午後からは冷えたりと不安定な気候でもあり、どことなくほこりっぽいなかを歩きます。 よって我が家に帰り着いたころにはすっかりくたびれてし...
秋時雨 冷たきままに すすき濡れ 秋の雨は冷たい。 まだ準備の整わない山に里に、しょぼしょぼと雨が降ります。 まだ準備の整わないすすきが、寒いままに濡れそぼるのです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です