もっこうの 薔薇こぼれ降る 春さなか

モッコウ薔薇つるバラ、白もあるらしいが、黄色をよく見る。小さな八重のバラが鈴なりにまるで盛り上がったように、溢れんばかりに咲き誇る、というか花が小さいので、咲き誇るというより、咲き乱れるというより、溢れ咲くというかんじ。かわいい花で、一年のうちほんの十日間くらい咲く。

この句も読まれています。

冬ざれし 昇開橋に 大夕陽 急に寒くなった。 川面はおだやか。筑後川はかわらず。 冬ざれているのは、私かもしれない。 小さな昇開橋に、大きな夕陽あかあかと。 今日も暮れる。...
鬱なのか 春日眩しく 手足の重し 春の明るい日差しがうっとうしいことはありませんか。 人の入学や就職の話がうざいと感じることはありませんか。 あたしはしょっちゅうです。 そんなとき、ただ明るい人と話すのは、拷問のように感じることがあります。 たいていの人は平気のようです。...
一 筆 箋 余 白 埋 ま ら ず な め く じ り... いっぴつせん よはくうまらず なめくじり 贈り物に、ちょっとひとこと付け加えようと、便箋でも絵葉書でもなく、一筆箋を選びました。 下半分に紫陽花とカタツムリの絵が書いてあって、書き込むところが少ないのが気に入ったからです。 筆が行き詰まってしまって、どうにもならない。 明日にしよう。...
もの思う 蛍の軌跡 追う夜は 蛍の飛び交う川のほとりに「ほたる駐車場あります。無料」とベニヤ板に墨で書いた看板があった。雨の上がった夜にたくさん飛ぶと聞いた。いろんなことが、とめどなく巡る。まずおとこか。ほたるにはおとこ。次はいままでの来た道。いばらの道。唄は、関口由紀。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください