もっこうの 薔薇こぼれ降る 春さなか

モッコウ薔薇つるバラ、白もあるらしいが、黄色をよく見る。小さな八重のバラが鈴なりにまるで盛り上がったように、溢れんばかりに咲き誇る、というか花が小さいので、咲き誇るというより、咲き乱れるというより、溢れ咲くというかんじ。かわいい花で、一年のうちほんの十日間くらい咲く。

この句も読まれています。

稲 雀 丸 々 と な り 急 旋 回 いなすずめ まるまるとなり きゅうせんかい あたまに描く雀の何倍もメタボ。 何処で何を食べてる? 一年近くをかけて、手塩にかけて作られた米でしょうか。 最近では、案山子もキラキラテープもあまり見られなくなったような気がします。 稲雀は、群れで動きます。 すこしの異変でも、いっせいに飛び立ち、必要と...
海 峡 を 跨 ぐ 架 橋 の 初 御 空 かいきょうをまたぐかきょうの はつみそら 岡山県の倉敷から、香川県坂出につながる児島坂出本州四国連絡橋。 蒼い、蒼い海と空に挟まれ、何処を見ていいかわからないうちに渡りきってしまいます。 句会でご一緒の先輩諸氏は、大きな橋が、道路ができることを喜ばれません。 「新幹線が通ったら終わり」と聞きます。...
田植え機の 行き届かぬを 翁(おきな)植え... 農作業が機械化して久しい。 機械の届かぬところは、やはり人の手作業。 一番に気づくのは年寄り。 動くのも年寄り。...
初春に 初豆乳を 飲み干する 新しい年が明ける。 どんな年か、ああ考えても恐ろしいだけ。 あたしは去年の12月は、何度となく、繰り返し繰り返し 赤穂浪士を見ました。 ケーブルであったり、ふつうのテレビだったり、いろいろ ですけど、10回は軽く超える回数見ました。 結果がわかっているから、落ち着くのです。 そのうえ役者がちがう、時...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください