もう秋と 思えばなおに 陽に灼かれ

朝夕涼しくなってからの陽の強さは何だろう。ススキは穂を出したというのに、稲穂は実りつつあるのに、じっとり汗ばんで、真夏より気分わるい。もう九月も終わるのに、まだ仕事が決まらない。今日職安みたら、先週面接受けたとこはまだ求人出していた。履歴書はまだ帰って来ないけど、もう投函すみか。覚悟だけはしっかりしとかないと、体に応えるから。

この句も読まれています。

時 雨 る や 家 中 大 根 煮 る 匂 ひ 明け方から冷たい雨。 長いこと天気のいい日が続いたから、庭木は喜んでいるだろう。 わたしは、雨になると、掃除をしたくなる。 最近は、洋服の端切れを引っ張り出して、見よう見まねで小物を作ったりしているから、生地を置いている棚が何とは無しに乱れがち。 着物を解いた生地、洋服の生地、勿体なくて捨てられない...
長 梅 雨 に 売 家 の 札 も 滲 み け り... もうずいぶん長いこと「 売り家 」の木札が下がっている。 家というものは、人が住まなくなると、途端に歳をとる。 急に痛み出す感じがする。 アクセスは、そう悪くないのに、このお化け屋敷が災いして、 売れないのだろうか。 いっそ徹底的に古ければ、壊せばいい話だが、微妙なところか。 当然、庭木も伸び放題。...
戻り梅雨 はるか異国に ハイビスカス... まるで作り物のような花がかわいくて、ハイビスカスを買った。鉢に植えた。しょぼしょぼといつまでも降り続く冷たい雨に打たれている。ごめんね、ごめんね。雨のあたらないところへ非難させた。南国の花が、故郷も知らず、とんでもなく遠くにつれてこられたものだ。...
闇 夜 な れ 爪 は 夜 切 る 夜 濯 す やみよなれ つめはよるきる よすすぎす 夜爪を切ったら、親の死に目に会えない。 洗濯物は夜干してはいけない。とくに子どものものは。 時代は変わり、生活は変わり、オール電化住宅は夜間電気料が安い。 共働きがふつう。 だいたいそもそも、親の死に目に会えないからってそれがどうした。 爪はお風呂...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください