もう秋と 思えばなおに 陽に灼かれ

朝夕涼しくなってからの陽の強さは何だろう。ススキは穂を出したというのに、稲穂は実りつつあるのに、じっとり汗ばんで、真夏より気分わるい。もう九月も終わるのに、まだ仕事が決まらない。今日職安みたら、先週面接受けたとこはまだ求人出していた。履歴書はまだ帰って来ないけど、もう投函すみか。覚悟だけはしっかりしとかないと、体に応えるから。

この句も読まれています。

恋の唄 など鬱陶しかり 秋夜長 秋の夜は、静かにひとりで過ごしたい。 恋愛ソングなど、とんでもない。 人生は枯れたように過ごすのが、疲れなくていい。...
汗ばんで 古地図のような ピアス買う... ピアスが好きです。特にスイングする、ぷらぷらがいい。暑い日が続く。インディジョーンズのよ うなセピア色の古い宝の地図のようなハート型のピアスを買った。とても魅力的な色具合だけ ど顔写りがよくない。くさったようなセピア色は、顔をくすませ、ふけて見える。失敗かな。...
来年の 手帳抱えて 冬しぐれ 外はすっかり冬。 来年の手帳。水色の表紙。 いろいろ書き込んだ。携帯番号とか、免許証の番号とか。 なんか良くなるかな。少しは存在感増すかな。 失敗せずに過ごせるかな。根拠のない変な期待感ある。...
空 襲 を 昨 日 の こ と の ご と く 聞 く... 1945年6月20日 福岡大空襲。 夜の突然の、絨毯爆撃だったという。 オヤジが5歳の自分の手を掴み、片腕には蚊帳を持ち、一晩中逃げ回ったと。 翌朝、家に戻ってみると、丸焼けで、台所の煉瓦だけが面影を残しており、母親は動けない状態だったと。 それから、長い間大変な苦労をしたと。 それでも、家族を亡く...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください