もう秋と 思えばなおに 陽に灼かれ

朝夕涼しくなってからの陽の強さは何だろう。ススキは穂を出したというのに、稲穂は実りつつあるのに、じっとり汗ばんで、真夏より気分わるい。もう九月も終わるのに、まだ仕事が決まらない。今日職安みたら、先週面接受けたとこはまだ求人出していた。履歴書はまだ帰って来ないけど、もう投函すみか。覚悟だけはしっかりしとかないと、体に応えるから。

この句も読まれています。

梅の咲く 梢に疎ら(まばら) 風痛し... 風はまだまだ冷たくて、春には遠いのに、季節が来たのだろう、梅の花が咲き出しました。 まだ、ぽつぽつと、まばらながら、春が来たと実感します。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
青 緑 蜥 蜴 は 尻 尾 切 る ば か り あおみどり とかげはしっぽ きるばかり よく見ると、トカゲはきれいな色をしています。 種類によっては、青緑色、それも光が当たればびみょうに色を変えるものがいます。 トカゲがその姿を語られることは、まず無く、世間の話題の中で、尻尾切りばかりがたとえ話に用いられます。 ひょろ長くてヘビみたいだか...
ネ ル 解 く( ほどく ) 小 さ な 埃 ( ほこり ) 風 信 子 ( ヒヤシンス )... ひと昔前まで、「ネル」という布地はしごく一般的で、大人も子どもも冬のパジャマ (当時は寝巻きと言っていた) には必ずと言っていいほど、この布が使われていました。 少し厚みがあって、肌馴染みがよく、着ればそれだけで暖かい気がしたものです。 何故か今では珍しい物になってしまって、洋裁のクラスでは、「ネル...
辛夷(こぶし)咲く 薄き縁(えにし)の 人想う... 辛夷の花が咲く。まだまだ風が冷たい。辛夷は多分もくれんの仲間だと思う。似たような白い花が咲く。ただかなり小ぶりなので、こっちのほうが、ずいぶんとかわいげがある。人の縁とは不思議だと思う。永く関わりたくてもぷっつり切れることの多いこと出会う人も少なくなった気はするが、いろいろとさみしい春のはじめなり。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください