もう秋と 思えばなおに 陽に灼かれ

朝夕涼しくなってからの陽の強さは何だろう。ススキは穂を出したというのに、稲穂は実りつつあるのに、じっとり汗ばんで、真夏より気分わるい。もう九月も終わるのに、まだ仕事が決まらない。今日職安みたら、先週面接受けたとこはまだ求人出していた。履歴書はまだ帰って来ないけど、もう投函すみか。覚悟だけはしっかりしとかないと、体に応えるから。

この句も読まれています。

緑 蔭 の 只 中 に あ り 小 学 校 りょくいんの ただなかにあり しょうがっこう 平屋である。 山すそにある。 蝉時雨の只中に、世間の炎昼とは縁のない小さい小学校。 分校ながら、よくわからないけれどr、イキイキしている。 遠く耳納連山。 正しくあれ。 優しくあれ。...
言い足らず 説明しすぎて 余寒かな 言葉はむずかしい。説明が足りず誤解され、 説明が過ぎて誤解され、後悔することする ことしきり。電話ではなお。そうやって 苦手意識が育つ。時間をおいて、少し距離 をとって、仕切り直し。深呼吸。...
焦っても なるようになり 芋を喰う... さつまいもは焼き芋が一番美味しい。焼き芋は高い。 ショートケーキと同んなじくらい。 しょうがないから、オーブンで作る。あ~ぁ人生が発展しない。 iPhoneからの投稿...
うそ寒し 人のえにしは 猫の目の 一番危ういもの、一番あてにできないものは、人間の関係です。 同性でもそう、男と女に至っては、もうはかないものです。 でも人生にはそれを理解しない、はかなさを信じない、時期があるものです。 理解しても、やっぱり踊らされ、落ち込み、わかっていてもどうにもできない時期もあります。 まだ懲りないのか、あきれ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.