む ら 消 え の 雪 と 緑 の せ め ぎ 合 ひ

むらぎえの ゆきとみどりの せめぎあい

雪は5センチも降ると、人通りの多いところは 別にして、陽の当たらない庭や、大木の根元には、何日も何日も残るものです。

球根から芽を吹いた緑や、それより何より雑草の緑は、人間が寒さに縮こまっているうちから活発で、雪などには負けそうにもありません。

名残りの雪と、芽吹きの春がいっしょに見える一瞬です。

この句も読まれています。

空 襲 を 昨 日 の こ と の ご と く 聞 く... 1945年6月20日 福岡大空襲。 夜の突然の、絨毯爆撃だったという。 オヤジが5歳の自分の手を掴み、片腕には蚊帳を持ち、一晩中逃げ回ったと。 翌朝、家に戻ってみると、丸焼けで、台所の煉瓦だけが面影を残しており、母親は動けない状態だったと。 それから、長い間大変な苦労をしたと。 それでも、家族を亡く...
代掻きの 田に雨の打つ しばし見る... t田植え前の、水を張った田んぼは好きです。 さらに雨の日は格別です。 低い雲、暗い空、雨でけぶってよく見えない周りの家や道路。 雨が落ちて、湖面のような水田と、細くてどこまでもく黒いあぜ道。 風情ある夏のはじめの風景です。...
春 耕 の 手 を と め 潮 の 果 て を 見 る... 鋤を立てたまま、手を組んであごをのせて暫しの休憩か。 むかしの白黒映画を思い出す。 「裸の島」 新藤兼人監督 乙羽信子主演 瀬戸内の小さな島を舞台にした、台詞のない、当時としては前衛的な試みだったであろう作品。 こうして生きてゆくしかない、人生とはそんなものかもしれないと思わせる。 静かで、なんと...
冬ざれて 少しの水の 川の淵 冷たい北風が吹く。 雪なのか、時には霙なのか、空は重く低い。 顔を上げては歩けない。 川は、上流のダムのせいなのか、土砂が多い。 その土砂に、もうしっかりと草木が育ち、水は、遠慮がちに迂回して行く。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です