む ら 消 え の 雪 と 緑 の せ め ぎ 合 ひ

むらぎえの ゆきとみどりの せめぎあい

雪は5センチも降ると、人通りの多いところは 別にして、陽の当たらない庭や、大木の根元には、何日も何日も残るものです。

球根から芽を吹いた緑や、それより何より雑草の緑は、人間が寒さに縮こまっているうちから活発で、雪などには負けそうにもありません。

名残りの雪と、芽吹きの春がいっしょに見える一瞬です。

この句も読まれています。

時雨来て 竹の林の ぐらりと揺れる... 竹林に吹く風はすごい。竹林に降る雨は激しい音をたてる。ザワザワビュービューごうごうと不安を煽る。
えにしなど あるはずもなく 昼麦酒... ひとの縁は、偶然のように見えて、実はめぐり合うべくしてめぐりあったのだと聞いたことがある。 なんのことはない。 うそっぱちである。 半年前には親しかった人がたった半年の間に変わってしまった。 やっぱり職場が変わったら、もう関係ないのかな。...
ぽったりと 八重の桜は 枝しなる 八重桜はずいぶんとおくれて咲く。色が濃く、重い感じがする。満開になれば、花の重みで枝がしなるほどに見える。 あまり誉められもしないが、「あたしはあたし」って感じ。...
卒業の 歌鼻の奧 熱くせり 世の中に、感動できるものなど、ほんの少ししかない。 感動させようと画策する輩の、その手にはのらないように、気をつけている。 だから、なるべく感動しない人生を送りたいと思っているが、不甲斐ないことに、なにかのはずみで、感動に胸が熱くなることがあって、困る。 よかったらクリックください。励みになります。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください