む ら 消 え の 雪 と 緑 の せ め ぎ 合 ひ

むらぎえの ゆきとみどりの せめぎあい

雪は5センチも降ると、人通りの多いところは 別にして、陽の当たらない庭や、大木の根元には、何日も何日も残るものです。

球根から芽を吹いた緑や、それより何より雑草の緑は、人間が寒さに縮こまっているうちから活発で、雪などには負けそうにもありません。

名残りの雪と、芽吹きの春がいっしょに見える一瞬です。

この句も読まれています。

曼 珠 沙 華 白 は 浄 土 に 近 し と も... まんじゅしゃげ しろはじょうどに ちかしとも 家には植えるなとも聞きます。 縁起が悪いというより、冥界に近いと思われてのことかと思います。 有名な棚田には、もうすぐ畦に赤い曼珠沙華が連なります。 名物になるように、毎年植え足すのだそうです。 はじめの頃は、色鮮やかで感動しましたが、わざわざ植えてい...
黄落(こうらく)の 天も地までも 独り占め... 銀杏並木が色付いて、はらはらと落ちる。 数枚の葉は、アスファルトの道路をからからと転げる。 黄落の絨毯を、空を見ながら歩く。 見渡すとひとり。 この贅沢はどうだろう。 クリスマスよりずっと素敵です。...
線路道 有刺鉄線 からすうり 懐かしい花です。 網の目のような花です。 有刺鉄線にからみついて、静かに花を咲かせているのです。 誰も見ない、気がつかない。...
梅雨寒し 思わぬ人と 夢で逢い むしむしするけど、ちょっと寒かったりする、今頃の季節には、わたしはよく夢をみます。むかしから。 目が覚めてもはっきりと覚えていることが多いです。 とっくに忘れたはずの人が現れて、自分でびっくりすることがあります。 「夢で逢えたら」という歌が好きです。 「あなたに逢えるまで眠り続けたい」...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください