む ら 消 え の 雪 と 緑 の せ め ぎ 合 ひ

むらぎえの ゆきとみどりの せめぎあい

雪は5センチも降ると、人通りの多いところは 別にして、陽の当たらない庭や、大木の根元には、何日も何日も残るものです。

球根から芽を吹いた緑や、それより何より雑草の緑は、人間が寒さに縮こまっているうちから活発で、雪などには負けそうにもありません。

名残りの雪と、芽吹きの春がいっしょに見える一瞬です。

この句も読まれています。

雁渡り 寂しきは人 人はひとり 秋になると、雁が渡り行く。 わびしい光景だけど、でも思えばいつもそう。 人は一人で生きているのです。 いまさら侘しいなんて、想うのはおかしい。...
吉 野 ヶ 里 遺 跡 狙 い て は た た 神... よしのがり いせきねらいて はたたがみ 1989年8月17日、吉野ヶ里遺跡にて発掘調査中、雨が降り出したため、遺跡にシートをかけるなどの作業中、落雷。 遺跡発掘に貢献された方が亡くなっています。 生前、誰も見向きもしなかったこの一帯を、貴重な遺跡群と認定させた功労者だと新聞で読んだこと記憶していま...
後 悔 も 身 を 切 る 萱 も 抱 へ 逝 く... こうかいも みをきるかやも かかえいく どう年齢を重ねていくのか、自分では決められませんが、出来ることなら、すべてを忘れ、自分に関わったあらゆる人の顔を忘れ、ご飯を食べたことも尿意も便意も忘れて死にたくはない。 膨大な後悔と反省と、そのせいでいつまでも続く心配を、責任を感じながら年をとる責任が、わ...
米を研ぐ 飯を炊いても そぞろ寒 ただ秋になったからか、気が滅入っているからか、まだたいして涼しくもないのに、寒い気がするときがある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください