む ら 消 え の 雪 と 緑 の せ め ぎ 合 ひ

むらぎえの ゆきとみどりの せめぎあい

雪は5センチも降ると、人通りの多いところは 別にして、陽の当たらない庭や、大木の根元には、何日も何日も残るものです。

球根から芽を吹いた緑や、それより何より雑草の緑は、人間が寒さに縮こまっているうちから活発で、雪などには負けそうにもありません。

名残りの雪と、芽吹きの春がいっしょに見える一瞬です。

この句も読まれています。

で き る よ と 鉄 棒 の 子 の 秋 の 空... できるよと てつぼうのこの あきのそら やっと逆上がりができるようになったのでしょう。 得意げに、母親に披露。 まだ、やっとやっと感が拭えないけれど、ここまでくるのにどれだけ練習したのだろうと、自分を重ねていました。 鉄棒が苦手だったわたしは、毎日毎日暗くなるまで、近所の神社の隅にある鉄棒で、逆上...
西 郷 の 泊 ま り し 宿 に 檀 の 木 さいごうの とまりしやどに まゆみのき まゆみの木、秋に紅葉と赤い実を楽しめる庭木として、流行したと聞きますが、現在見ることは少なく、庭に植えているところはほとんどないと聞きます。...
凍てついて 親亡き家は 戸も開かず... 家というものは不思議なものです。 誰も住まなくなった家は、見る見るうちに荒れるのです。 べつにどこが壊れるわけでも、錆びつくわけでもないのですが、 息をしてないのです。 まして鹿児島県伊佐市、鹿児島の北海道といわれる、山中の 人の住まなくなった家は、急に立て付けが悪くなったわけでも なかろうに、凍り...
銀杏紅葉(イチョウもみじ) 集まるところは 決めており... 昨夜は嵐のように雨風が吹き荒れて、今朝は一面の落葉が雨に打たれている。 よく見ると、うちの玄関の真ん前に、バケツをひっくり返したように、こんもりと。いつもそう。 風向きが同んなじなのかな。 狭いとこで、いつも同じように風が回るのかな。 iPhoneからの投稿...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください