む っ と し た 顔 隠 さ ん と マ ス ク す る

疲れている。毎日毎日、朝から口角を上げて、元気よく、なんてできるかよ。この年になって。年齢を重ねると、年の功なんて、いいことは少ない。損をすることが多いと思う。まず第一に人々が関心を示さなくなり、そのわりには、失敗したとき、あーやっぱねーみたいな空気が漂う。自分もそうだったのだろうか。そんなつもりはなかったけど、人間は、本人の思わぬところで、人を傷つけることがあるから注意が必要。本題を逸れた。むかついたくせに、にこにこするくらいなら、マスクで隠したほうが、ずっと楽。

この句も読まれています。

人 の 世 も 編 む に 似 た り と 萩 の 月... 「辞書を編む」という小説が、確か、本屋さん大賞をとり、映画にもなりました。 とても面白い本だったのですが、地味な素材で、映画には無理だろうと勝手に思い込んでいたところ、ステキな作品に仕上がっていて感動したものです。 考えてみれば、生きていくことも、日々の些事の積み重ね、ひと針ひと針編んでいくよう...
梵 鐘 の 余 韻 何 処 ま で 秋 の 暮 空気が澄んでるように感じるのは、気温と湿度のせいだと思う。 PM2・5だって、変わりなく漂っているようだし。 ただ、つかれた鐘の音が、いつまでも響き渡って、動作を止めて聴き入ってしまう。 この辺りは、小さな氏神様が人知れず幾つもあって、梵鐘を抱えるほどの寺社も幾つか。 歴史はあるが、商売とはあまり縁...
犬の名を 千代と八千代と 日永かな 犬 / zenjiro まったくふざけてる。千代と八千代は姉妹。 もう一匹いたら、さざれか。わたしはもし 双子だったら、さのか、よいよいになって いたと親戚のオヤジから聞いたことがある。 冗談だったかもしれない。小学生だったけ ど、ああ大事にされてないんだなと、その ときはそれなりに傷ついた。名前っ...
頑 張 り に 諦 め 少 し 合 歓 の 花 がんばりに あきらめすこし ねむのはな がむしゃらとか、何がなんでもという拳を突き上げるような気合いとは縁を切りました。 年齢のせいもあるのでしょう。 自分というものが見えてきた感があります。 やれば出来るなんて言葉はまやかしです。 人にはそれぞれ持って生まれた性格や能力があります。 そこを見据え...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください