む っ と し た 顔 隠 さ ん と マ ス ク す る

疲れている。毎日毎日、朝から口角を上げて、元気よく、なんてできるかよ。この年になって。年齢を重ねると、年の功なんて、いいことは少ない。損をすることが多いと思う。まず第一に人々が関心を示さなくなり、そのわりには、失敗したとき、あーやっぱねーみたいな空気が漂う。自分もそうだったのだろうか。そんなつもりはなかったけど、人間は、本人の思わぬところで、人を傷つけることがあるから注意が必要。本題を逸れた。むかついたくせに、にこにこするくらいなら、マスクで隠したほうが、ずっと楽。

この句も読まれています。

手 ぬ ぐ い を 取 り 収 穫 の 破 顔 か な... てぬぐいを とりしゅうかくの はがんかな 稲刈りが終わったようです。 昔と違って、機械が入るようになり、農作業は格段に力も時間もかからなくなりました。 それでも、まだまだ暑い日が続く中での稲刈りは、一日仕事で、骨の折れることです。 もう日も暮れる頃、麦藁の帽子を取り、巻いていた日本手ぬぐいを取り安...
弔 ひ て 舌 赤 う し て か き 氷 とむらいて したあこうして かきごおり 暑い最中の葬儀。 葬儀社ではなく、古い菩提寺でのお葬式は、汗がふきだして大変はたいへん。 かき氷屋に飛び込むこともうなずけるといえばうなずけます。 人間ってそんなもの、そんなもの。 来てくれたことに感謝です。...
薫風に 自動車の窓 開けて行く 暖房、冷房入れずに走られる季節の少ないこと。昔、自動車にクーラーがなかった時代は長 かった。今はとんでもないこと。一年のうちのほんの数日のこと。...
降 り 積 ん で 障 子 明 る し 銀 世 界... 障子は白いものだけれど、外が雪景色であれば、その白さはちがってくる。 雪の白さは、白い障子を輝かせる。 明るさは一段と増す。 むかしは、どこの家にも座敷があったため、いろんな種類の障子があった。 真ん中だけ上げ下げ出来たり、ガラスが入っていたり、そのガラスの縁に近いところだけすりガラスだったり。 時...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください