む っ と し た 顔 隠 さ ん と マ ス ク す る

疲れている。毎日毎日、朝から口角を上げて、元気よく、なんてできるかよ。この年になって。年齢を重ねると、年の功なんて、いいことは少ない。損をすることが多いと思う。まず第一に人々が関心を示さなくなり、そのわりには、失敗したとき、あーやっぱねーみたいな空気が漂う。自分もそうだったのだろうか。そんなつもりはなかったけど、人間は、本人の思わぬところで、人を傷つけることがあるから注意が必要。本題を逸れた。むかついたくせに、にこにこするくらいなら、マスクで隠したほうが、ずっと楽。

この句も読まれています。

打ち水で 小さきぼろ屋 凛として 玄関先に打ち水をするのは、すがすがしいものです。 わたしは、家は古くて小さくて、庭も狭くても、 なんとなく手入れのいい家に、つましさや居心地のよさを感じます。 木造、築30年、低いブロック塀、紫陽花やコデマリややつでのある日当たりのいい家… 意外とありそうでないものです。...
秋 始 む 盆 の 踊 り の 空 寒 し 夏祭り Summer Festival / Yuya Sekiguchi 今ごろ祭り。何年か前までは 夏に、花火大会付きで行われ ていたものが、よその事故の 影響なのか、単に予算不足な のか、この10月の半ばを過 ぎて行われるようになり、と ても安全な、モチベーション の低いつまらない祭りに変貌 し...
悔やみ来て 薄暮の空を 仰ぎ見る 人生って、大きな間違いをしてしまうと、 それはもう、取り返しがつかない。 人生は何度でもやり直せるなんて、真っ赤なウソ。 それから先の人生は、後始末に生きるようなもの。 いまさら言ってもしょうがないことは、もう 言わないけど、たまに空を見て、ふーっと 考えることがあります。 それは、寒い冬より、ちょ...
どくだみを 干す清清し 暖簾かな どくだみ 今ちょうど白い花を満開に咲かせています。 根っこから抜いて、それもいっぱい。古い葉っぱを落とし、 泥を落とし、きれいに洗って、新聞紙の上に広げて、 水分を取って、少しずつ紐でしばって、風通しのいいところに 干します。乾いたら、今までは、切って20度の甲類焼酎に 漬け込みます。お盆過ぎくらい...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です