む っ ち り と に は 間 の あ り 実 え ん ど う

むっちりと にはまのあり みえんどう

今は鹿児島産えんどう豆が主流です。

春を先取りしたような青くさい匂いが魅力です。きらいな人には臭いでしょうか。

さやの中にびっしりというわけにはまだいかず、ちょっとすかすかですが、豆ご飯の大好きなわたしは、見つけたらすぐに買います。

豆ご飯がきらいな人は多く、マメを取って出しても、必ず気がつきます。

この句も読まれています。

枝垂れつつ 芽吹く柳の 若葉かな 桜より柳、川沿いの柳並木はすばらしい。わくわくします。芽が出るとすぐ自分の重みで枝垂れる感じです。若葉はうすい黄緑色、小さな筒の花火のようです。...
朱 欒 剥 く 親 指 埋 ま る よ う に し て... ざぼんむく おやゆびうまる ようにして ザボン。 木は大きく育ち、その実は、大きいものでは2キロほどにもなるといいます。 果肉が厚いことが特徴で、それを砂糖漬けにしたりもします。 少し苦味があります。 そんなですから、皮をむくのはけっこうたいへんで、両端を切り落として、親指を突っ込むようにして、...
憂きことは 秋空いっぱい ふくらんで... 心配事は雪だるま、しだいにしだいに転がって、心はいっぱいになる。どこかで歯止めをかけなければ、これ以上膨らまないように。たいていは、なるようになるしかない。心配してもしょうがない。...
雨音に むかしの痛み 思い出す 何かの拍子に、そうほんのなにかのはずみで、むかし苦い思いをしたというか、させられたことをふっと思い出すことがあります。 台所できゅうりをきざんでいるときや、植木鉢の雑草を抜いた瞬間なんかに、侮辱されたこと、冷たくあしらわれたこと、とても傷ついたこと、それがとっても遠い昔のことがよくあります。 小さい...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です