む っ ち り と に は 間 の あ り 実 え ん ど う

むっちりと にはまのあり みえんどう

今は鹿児島産えんどう豆が主流です。

春を先取りしたような青くさい匂いが魅力です。きらいな人には臭いでしょうか。

さやの中にびっしりというわけにはまだいかず、ちょっとすかすかですが、豆ご飯の大好きなわたしは、見つけたらすぐに買います。

豆ご飯がきらいな人は多く、マメを取って出しても、必ず気がつきます。

この句も読まれています。

野 梅 に も 日 射 し 届 き て 二 三 輪... のうめにも ひざしとどきて にさんりん 野生の梅。 やまのなかに生育し、それでも花の季節には小さな花を忘れずにつけます。 でも、梅園とちがって、手入れはなく、肥料もない状況では、花のつきも良くないのです。 それでも毎年そこにあって、それなりの花を咲かせていることが、頼もしくて好きです。...
池の鯉 大夕立に 怖れなす 叩きつける雨。 大粒。 池が波立つ。 鯉は喜ぶかと思いきや、湖底に身を潜めているようだ。
密 航 の 見 張 り 台 あ り 夏 霞 みっこうの みはりだいあり なつがすみ いま糸島市。 むかし糸島郡志摩町野北浜。 いまはゴルフ場になっている、むかし「まきば」と呼ばれた小高い丘の中腹に、朝鮮半島からの密航者を見張る、ちょうど大きな物見櫓のような、木造の粗末な建物がありました。 密航ならともかく、そろりと来て、拉致し、連れ帰ったの...
木 漏 れ 日 も 冬 の 陽 と な り 里 の 山... いなぎめぐみの里山 Satoyama(Inagi, Tokyo) / jetalone 里山を歩くのが好きです。風を感じ、木の葉を通して届く日の光を見ることは、気持ちの安らぐものです。その日差しも、激しかったときを過ぎ、穏やかにまた弱々しく変わり、時が来ればまた新しいいのちをもたらします。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください