み な 違 う 方 に 忙 し 師 走 か な

師走
師走 / sunatomohisa

なんだろう。慌ただしい。いろいろの手続きや、お礼事や、書かなきゃいけない便りや、なんだかんだ、できれば今年中に済ませておきたいことが重なって、てんやわんや。まわりも皆忙しそうだけれど、理由はそれぞれ、都合もそれぞれ。とにかく正月から些事に振り回されないよう、それぞれが必死なのだろう。

この句も読まれています。

鬼 や ら い 未 明 す ご す ご 舞 い 戻 り... おにやらい みめいすごすご まいもどり 鬼は外と急襲を受け、飛び出したものの行く処もないのだから、威勢のいい人間たちが眠りについたころ、こそこそと戻って来るに違いないのです。 一度追い出して、縁が切れるなら、毎年「鬼は外」なんて言うこともないのだから。 だいたいそもそも人間がいるところ、鬼は居るに...
日 脚 伸 ぶ 炒 飯 少 し 上 手 く な り... もうずいぶん前のことだけど、わたしは家族に「チャーハン禁止令」なるものを発令れたことがある。 理由は、あまりにもまずいから。 わたしにとってチャーハンは、命題のようにいつも目の前にあった。 鉄の中華鍋と強火で、なんとかチャーハンと呼べるものに成長した気がする。 ただいつまでこの鉄鍋の重みに耐えられる...
ア イ ロ ン の 蒸 気 の 向 こ う 沈 丁 花... Blooming scent / coniferconifer 沈丁花が満開である。 低木だから、さがさないと何処にあるか、見逃してしまいそうだけれど、あの胸を打つような香りには、深呼吸をしないわけにはいかない。 フレアーのスカートの裾上げをするのに、蒸気アイロンを使いながら、まあるく育った沈丁花...
春 財 布 牛 の 躰 の ど の 辺 り はるさいふ うしのからだの どのあたり きれいになめして、華やかな彩りのサイフ。 新春に買うと縁起がいいとか。 わたしは細々した、コインケースや印鑑ケース、ポーチなどを作って、ひそやかに販売しており、手芸店で端切れとして売られている革をときどき購入します。 器具で引っ掛けた跡や、チョークで線...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください