み な 違 う 方 に 忙 し 師 走 か な

師走
師走 / sunatomohisa

なんだろう。慌ただしい。いろいろの手続きや、お礼事や、書かなきゃいけない便りや、なんだかんだ、できれば今年中に済ませておきたいことが重なって、てんやわんや。まわりも皆忙しそうだけれど、理由はそれぞれ、都合もそれぞれ。とにかく正月から些事に振り回されないよう、それぞれが必死なのだろう。

この句も読まれています。

春惜しむ 紅葉若葉は 自信つけ Maple leaves in summer / Takashi(aes256) 生まれたての蝉の羽のように 濡れたような艶の若葉はもう すっかり生長し、大きな陰を 作るまでになった。緑と言っ ても百を超える色があるだろ う。ひとつ面白いもみじを見 つけた。葉っぱの下に、紅い しべのようなものが下が...
く る く る と 粽 解 く れ ば 夏 來 た る... くるくると ちまきとくれば なつきたる 真っ白い餅、包んでいるのは、あれは笹の葉だとずっと思っていたけれど、そうでしょうか。 何枚か使ってきれいにくるみ、イグサで解けないようにしっかり括ります。 イグサがポイントだと思うのです。 蒸して、熱々のものをいただきます。 端午の節句の、特別のおやつです。...
油 断 し て 庭 取 り 込 ま れ 薮 か ら し... ゆだんして にわとりこまれ やぶからし 腹の立つほど強く繁殖力も旺盛なつる性の雑草です。 取っても取っても根が繋がっているようで、あちこちから芽を出します。 10mもある大木も、からめるように覆います。 まだまだヤブ蚊がわんわんと音を立て襲ってくる状態で、草取りもできてなくて、薮からしの独壇...
寒菊は 小さな玉の 寄り添いて 咲いている花、いまから咲こうとしてる花、つぼみがひとつの枝にいっぱいです。 小さいことはいいことだなと思います。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください