み な 違 う 方 に 忙 し 師 走 か な

師走
師走 / sunatomohisa

なんだろう。慌ただしい。いろいろの手続きや、お礼事や、書かなきゃいけない便りや、なんだかんだ、できれば今年中に済ませておきたいことが重なって、てんやわんや。まわりも皆忙しそうだけれど、理由はそれぞれ、都合もそれぞれ。とにかく正月から些事に振り回されないよう、それぞれが必死なのだろう。

この句も読まれています。

曳 舟 の 糸 引 く ご と し 秋 関 門 関門海峡。 あれだけ広いのに、大きな船が通るので、操舵はむずかしいとか。 故障なのか、小さな船がさらに小さな船を引っ張って行く。 空は青く、海も碧。 波は静か。...
秋灯に 栞(しおり)の紐の 新しき 新しい本の匂い。インクの匂いか、紙の匂いか。 真ん中あたりのページに、ぺったりと張り付くように挟まった 栞替わりの紐を引っ張り出すのも楽しい。 本屋のカバーをとって、和紙のかわいいものに変えた。 眠れない夜に。少し元気なときの時間つぶしに。...
兼 用 の 傘 と 薬 と 持 ち 歩 き むかしは日傘で、おおかたよかった。 最近の気候は、晴雨兼用の傘の出番が多く、売り上げも伸びているとか。 バックに、兼用傘と常備薬持っておけば安心。 使わなくとも。 乗り物に乗っても。 降りても。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください