ま ず 嚙 り 陽 を 浴 ぶ 金 柑 当 た り 年

まずかじり ひをあぶきんかん あたりどし

金柑は、秋の季語ですが、実際にはこの寒さのなか収穫します。

凍てつくような寒い日が続きますが、ときおりさす冬日を浴びて、塀の内側なれど、たくさんの実をつけます。

道の駅では、惜しげもなくパックに詰め込まれ安く売られています。

いかにもビタミンたっぷりそうな顔をしているものですから、売れ行きは良さそうです。

この句も読まれています。

熱うかれ 布団かぶりて 春の風邪 何で今頃風邪をひくのだろう。機構もよくなり、世間は花見。昼間暖かいのに、朝夕ひえるからだろうか。情けないこともう6日も寝たり起きたり。大好きな水仙の春の香りを吸い込もうにも、鼻づまり。あしたは元気になりたい。...
明 け て 鳴 く ち ち ろ そ れ ほ ど 寂 し い か... あけてなく ちちろそれほど さみしいか ちちろとはコオロギのことです。 秋の虫は夕方から夜にかけて、うるさいほど鳴き続けます。 それも夜が明けてくれば、次第におさまるものです。 今朝はもう6時をとっくに過ぎたというのに、一匹だけいつまでも泣き止まないコオロギがいるようです。 人の世もさまざまです。...
フ ー コ ー の 振 り 子 凍 え て 健 康 課... 「フーコーの振り子」というのだそうです。 高いところに設置された支点から、長い紐が下がっていて その先に鉛か鉄の球が付いています。 どういう原理なのかわかりませんが、またわかりたくもありませんが、規則的にぶらぶら揺れて、大きな円形の時計の淵に置かれたコマのようなものを端から順番に倒していきます。 市...
おかしさが 余計に目立つ 春鏡 春になると、日差しが急に明るくなるからだろうか、自分のお顔の欠点が極まる。 わたしの部屋は玄関に備え付けの縦長い鏡があって、いやでも出掛けに見ることになる。 わたしは事実は見ない。一日の活力が萎えてしまうから。 両手をほっぺに当てて、ピッと斜め上に引っ張って、うその姿だけど、 お肌にハリを持たせてか...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください