ま ず 嚙 り 陽 を 浴 ぶ 金 柑 当 た り 年

まずかじり ひをあぶきんかん あたりどし

金柑は、秋の季語ですが、実際にはこの寒さのなか収穫します。

凍てつくような寒い日が続きますが、ときおりさす冬日を浴びて、塀の内側なれど、たくさんの実をつけます。

道の駅では、惜しげもなくパックに詰め込まれ安く売られています。

いかにもビタミンたっぷりそうな顔をしているものですから、売れ行きは良さそうです。

この句も読まれています。

木の芽和え 山椒は叩いて 載せにけり... ぬたと若い筍の味噌和え、上に一枚山椒の葉を 載せます。 手のひらで挟むようにして、パンと叩いて載せると よく香るという。 絶品の酒の肴。...
けいとうの 赤きとさかに 昔を思う... なんであんな奇妙な植物を、昔の人は大切にしたんだろう。どう見てもきれいじゃない。雄鶏の鬱陶しいとさか、そのまま。いまの鶏頭は、品種改良されたのか、上品な小型種ばかり。小学生の頃、近所の農家の軒先には、立派な鶏頭が勝ち誇ったように赤いとさかをさらしていた。その家に、同級生がいて、たまに遊びに行ったもの...
甲羅干す 亀さえ居らず 日射病 池の温度はどうなってるんだろう。 たぶん亀は、深いとこに潜っているのか、出て来もしない。 日射病を警戒してるにちがいない。...
む ら 消 え の 雪 と 緑 の せ め ぎ 合 ひ... むらぎえの ゆきとみどりの せめぎあい 雪は5センチも降ると、人通りの多いところは 別にして、陽の当たらない庭や、大木の根元には、何日も何日も残るものです。 球根から芽を吹いた緑や、それより何より雑草の緑は、人間が寒さに縮こまっているうちから活発で、雪などには負けそうにもありません。 名残りの...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です