ま ず 嚙 り 陽 を 浴 ぶ 金 柑 当 た り 年

まずかじり ひをあぶきんかん あたりどし

金柑は、秋の季語ですが、実際にはこの寒さのなか収穫します。

凍てつくような寒い日が続きますが、ときおりさす冬日を浴びて、塀の内側なれど、たくさんの実をつけます。

道の駅では、惜しげもなくパックに詰め込まれ安く売られています。

いかにもビタミンたっぷりそうな顔をしているものですから、売れ行きは良さそうです。

この句も読まれています。

川風の 冷たきところ 野水仙 陽射しはもうすっかり春だが、風の冷たさは どうだろう。堤防から、川に降りるところど ころ水仙は群生している。誰が植えたわけで もなかろう。野水仙は強い。川風に晒されな がら、折れもせず。...
詳細を 書かずによかろか 絵馬一文(いちぶん)... いろいろと都合があるが、お願いだけで わけを言わなくてもいいものなのか 神様は言わなくてもお分かりになるのか それにしては、お願いするとき、住所や名前を 読み上げなさる。仔細を言えば、力を入れて くださるのかと思ったりもする。いずれにしても 神頼みするほど切羽詰まっているのですから。...
降り出した スコール脳天 打ちまくり... 最近の夕立の激しいこと。ゲリラ豪雨。痛いほどの雨粒。びしょ濡れ、まったくもう、風呂帰りなのに。
着 ぶ く れ し 毛 穴 の 見 ゆ る テ レ ビ な ど... きぶくれし けあなのみゆる てれびなど とてもキメの細かいテレビが発売され、話題になっているとか。 度々買い換えるものではなし、どうせ買い換えるなら、少しの負担増なら、この際いいものをと考えるのがふつうです。 となると、ほんの近い将来日本中のテレビが、毛穴の見えるテレビに代わることになります。 別...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください