まんじゅしゃげ 空の青さに 田の実り

なんか平々凡々ですが、
私が小学生の頃、大宰府天満宮の奥の赤レンガのトンネル(麻生太賀吉がおいしさんという人に逢う為に
掘ったという言い伝え)を通って、宝満山のふもとまで行く道は、くねくね曲がっていました。
一面のたんぼ、黄金色に稲が実って、空はぬけるような秋の空、ところどころに柿の木があって
実をつけていたものです。
どこをどう切り取っても、りっぱな日本の秋の田園風景、子どもながらになんてきれいなんだと
心が洗われるような、すがすがしい気持ちになりました。
いまは、もう面影さえなく、大きな舗装道路がまっすぐ通り、味も素っ気もないつまらないところです。

この句も読まれています。

レースのよに 編んでみようか 柳の若葉... 柳の若葉の細い、薄黄緑を編んでみようか、綺麗なベストができそうです。春の若葉の匂いです。
半 眼 の 蟇 ( ひき ) な れ 現 世 泰 然 と... 慌てておろおろするのが、わたしの大きな欠点です。 直そうと思ってはいるのですが、まるで事故のように、人生が展開するものですから、あっと気づいたときには、いつものおろおろ対応になりがちです。 ヒキガエルは、他の蛙例えば雨蛙のように、餌をとるとき、飛びつくようなことはなく、舌だけを出して捕獲するそうです...
時 計 草 梅 雨 寒 の 顔 空 に 向 け トケイソウのあのまんまるい顔、妙に細工が施してあり、紫の縁取りも好きだし、そんなに、朝顔の勢いではびこらないところもいい。 文字盤のような顔を、大きいものは7、8センチ、小さいのは2、3センチの花をつける。雨が降ろうと、顔は天を向いたまま、うつむくことを知らない。...
迎 え 火 を 焚 か ず ば き っ と 迷 い お る... むかえびを たかずばきっと まよいおる 横向いて喋りながら歩いて、電柱にぶつかったほどの慌て者のおっちょこちょいが、目じるしなしで、帰って来れるわけはない。 基本的なところで大間違いをし、違う舟に乗ったりしそうで、どうも心配だから、迎え火は盛大に焚かねばならない。 一番に走って帰って来れるように。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です