まんじゅしゃげ 空の青さに 田の実り

なんか平々凡々ですが、
私が小学生の頃、大宰府天満宮の奥の赤レンガのトンネル(麻生太賀吉がおいしさんという人に逢う為に
掘ったという言い伝え)を通って、宝満山のふもとまで行く道は、くねくね曲がっていました。
一面のたんぼ、黄金色に稲が実って、空はぬけるような秋の空、ところどころに柿の木があって
実をつけていたものです。
どこをどう切り取っても、りっぱな日本の秋の田園風景、子どもながらになんてきれいなんだと
心が洗われるような、すがすがしい気持ちになりました。
いまは、もう面影さえなく、大きな舗装道路がまっすぐ通り、味も素っ気もないつまらないところです。

この句も読まれています。

去 年(こぞ)ま で は 嫗(おうな) 自 慢 の 柿 簾... 干し柿。 作るのには、とても手間暇がかかる。 まず、使うのは渋柿。 皮を剥くのだけれど、吊るすときに便利なように、ヘタと少しの軸をT字になるように残しておく。 そして熱湯をくぐらせる。 これはまあ消毒のようなものらしい。 干し柿に黴が生えないように。 それから、紐で結んで下げていくのだけれど、柿と柿...
バ リ ウ ム の ゆ く ご と 熱 燗 喉 を 越 し... あのいやらしいバリウムと熱燗は、全く別物ではあるけれど、じわっとゆっくり、今、喉のこの辺りと自覚しながら落ちていく感覚が近いような気がして。 イヤな物と、素敵なものの感覚が同じとは、おかしな話だけれど、それだけ熱燗のしみじみとした味わいが濃いということ、少しずつ少しずつ幸せが沁みてくる感じ。 とりあ...
ペン持つ手 隠したき思い 冬の暮れ 手は年齢を現す。となりの美しい指の前に、 自分の節くれた手を出して、メモを取ることが、いやだなと思う。 炊事も洗濯もしてないのか、白魚のような指。 しわしわでごつごつの手を出すのは、ちょっと勇気がいるのだけれど、 そんなこと言ってもいられない。 あー、今日も疲れた。...
コ ス モ ス に 埋 も れ か つ て の 一 等 車... こすもすに うずもれかつての  いっとうしゃ コスモスあふれる児童公園の片隅に、機関車ではないけれど、使用済みの客車が置かれています。 コスモスは満開なれど、居場所のなさそうな、そんなおもむきです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください