ほ お づ き や 仏 の 帰 る 月 迎 う

2013-08-08 21.30.07
2013-08-08 21.30.07 / 老綿羊

あの世から、ほんとに帰ってくるのだろうか。
わたしのことを、少しは心配してくれている
のだろうか。生きてるときに、気づかなかっ
たことに、死んでから気づくことなどあろう
か。そんなうまい話はなかろう。あの人は、
相変わらずの鈍感オヤジ。母親のいる、最後
の子どもの心配ばかりしているだろう。そん
なもん。そんなもん。

この句も読まれています。

推し量る  術(すべ)ばかり得て 秋の月... 大人の顔色ばかりみて、育ってきたせいか、いつもいつも人の気持ちばかりこそこそと見る癖がついてしまっている。 まるでしみのように、消えない、癖のようなものか。とても疲れるけど、それ以外の気持ちの持ちようを知らない。ただ長い年月の間に、まるで自由奔放に振舞っているかのように見せる術は身につけたと思う。み...
入学の 子ランドセルの 歩きおり... 朝の11時、もう帰っている真新しいランドセル。給食がまだ始まらないのだろう。大きなランドセルが道を行く。子どもはキライなあたしですが、思わず微笑む可愛らしさでした。い...
着 ぶ く れ し 毛 穴 の 見 ゆ る テ レ ビ な ど... きぶくれし けあなのみゆる てれびなど とてもキメの細かいテレビが発売され、話題になっているとか。 度々買い換えるものではなし、どうせ買い換えるなら、少しの負担増なら、この際いいものをと考えるのがふつうです。 となると、ほんの近い将来日本中のテレビが、毛穴の見えるテレビに代わることになります。 別...
秋の雨 家ひそかなり 掃除する 秋の冷たい雨が朝から降っている。時々激しい。静かな家をしこしこ掃除する。好きで集めた小さな人形たち、タイプライター、ラジオ、ビクターの犬=ひとつひとつ持ち上げて拭く。ついでに柱時計のねじを巻く。ふたつのねじを、中に向けて巻かなければならない。窓の外の雨を見ながら、ときどき休憩をはさみながら、結構しっ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください