ほ お づ き や 仏 の 帰 る 月 迎 う

2013-08-08 21.30.07
2013-08-08 21.30.07 / 老綿羊

あの世から、ほんとに帰ってくるのだろうか。
わたしのことを、少しは心配してくれている
のだろうか。生きてるときに、気づかなかっ
たことに、死んでから気づくことなどあろう
か。そんなうまい話はなかろう。あの人は、
相変わらずの鈍感オヤジ。母親のいる、最後
の子どもの心配ばかりしているだろう。そん
なもん。そんなもん。

この句も読まれています。

百足除け 薬嫌いて 家に 集まり 百足が入ってこないように、薬撒いたのに、かえって増えてしまった。 悲惨
我金の ために働く ほーほけきょ このごろ気分がすぐれない。 「いやなら、ほかをお探しください。」の一件か、 単に体調不良か。 職場には、マスクをして行っている。 風邪ひいたわけでもないのに、マスク。 ムッとした表情を読まれないように、 鳥インフルエンザ用のでっかいの。 そしたら、口紅も要らない、チークも要らない、気も楽、節約。 一...
筍の 味噌和え 山椒の芽の香り 筍を味噌で和える。山椒の葉を取って、てのひらでパンと叩いて、香りを出す。一枚ちょろっと載せる。あー春が来た。 何で食べよか。 やっぱり酒か。...
春雨の 日数増すごと 募り来て k今年の春は寒い。そぼそぼと春雨の日が続く、幾日も幾日も。今頃の雨は穀雨とも言うらしい。恵みの雨。木々が芽 を出し、潤い、成長し、そして街を洗う。何日も続く。雨は好きだ。どうしているのだろう。元気か。馬鹿だ。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.