ほ お づ き や 仏 の 帰 る 月 迎 う

2013-08-08 21.30.07
2013-08-08 21.30.07 / 老綿羊

あの世から、ほんとに帰ってくるのだろうか。
わたしのことを、少しは心配してくれている
のだろうか。生きてるときに、気づかなかっ
たことに、死んでから気づくことなどあろう
か。そんなうまい話はなかろう。あの人は、
相変わらずの鈍感オヤジ。母親のいる、最後
の子どもの心配ばかりしているだろう。そん
なもん。そんなもん。

この句も読まれています。

雨 降 り て 睡 蓮 永 劫 定 ま り ぬ water lily / Crystalline Radical しょうしょうと降る雨のなか池や沼地の睡蓮を 見ることが好きです。 やまない雨、時が止まったように感じるのです。 変わることのない安定感があります。 明るくなくていいのです。 色とりどりでなくていいのです。...
ち ち ろ 鳴 く 誰 も 恨 む な 信 ず る な... ちちろなく だれもうらむな しんじるな ちちろは、コオロギのことです。 秋のはじめの頃、夕暮れから夜中まできれいな寂しい声で鳴きます。 合唱ではありません。 一匹です。 これは、海援隊のパクリであります。 タイトルは忘れたけれど、 「道玄坂からひとくだり。誰も恨むな信じるな」 有名になる前、ローカ...
花 の 季 や 炭 塵 爆 発 二 十 年 はなのきや たんじんばくはつ にじゅうねん 大牟田 三井三池炭鉱 炭塵爆発。 その後の閉山から、今日で20年になるとのこと。 458名の死者、一酸化炭素中毒患者893名を出し、 その後の三池争議に繋がったと聞きます。 桜が何回咲こうと、脳にダメージを受けた人が回復するはずもなく、医療の質も、年月...
小春日は コーヒー豆を 挽いてみる... 毎朝ココアを飲む。大き目のカップに一杯。暖かい秋の朝にコーヒーを豆から挽く。そこだけ昨日とちがう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください