ほととぎす 偲んで密かな 華が咲く

人を好きになったときの気持ちは、ホトトギスの立ち姿に似ている。
どうしようもなく気持ちが強くなるけど、口には出せず、ただぎこちなくなる。
でもときにはそういう気持ちが伝わるというか、したたかに伝えてるのか。
水滴が滴り落ちて、瓶に溜まるように、静かに進む感覚。

この句も読まれています。

花 を 見 て い つ し か 人 を 弔 ( とむろ ) う て... 桜10 Cherry blossom / "KIUKO" 満開の桜。 大勢の花見客に混ざって歩きながら、人は意外といろいろなことを思い出したりするものらしい。 思いもよらない人が浮かんだり、それで少しだけ寂しくなったり。 この咲き誇った桜の下で。...
昭和かな 肝油ドロップ 柿落葉 職場の物置で肝油ドロップの缶を見つけた。男の子の顔がでっかく写真でついていて、バックの色は黄色。 写真覚えて、載せられるようにしよ。その缶、今私のボールペン立てになっています。そのうちこそっと持って帰ってこよう。...
聖 夜 過 ぐ ポ イ ン セ チ ア の 眼 の 泳 ぐ... せいやすぐ ぽいんせちあの めのおよぐ クリスマスが終わった。 今年はめずらしく振替休日で、世間の景色も少しは変わったかもしれない。 もてはやされたポインセチアは、役割を終えた。 ツリーは片付けるけれど、この花は処分というわけにはいかないでしょう。 居心地の悪そうな体裁で、部屋の隅っこに遠...
針のごと 冬の雨降る 底冷えて 雨が冷たい。風も。凍える。冷たい雨は降り止まない。 昼から暗い。 ポプラの大木の並木の裾を歩く。傘を持つ手が冷たくて、ときどき持ち替えながら片方はポケットに入れる。 ついこの頃わくわくするような見事な紅葉、黄落の季節を見た同じ場所とは思えないほど、暗くて冷たい。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください