ほととぎす 偲んで密かな 華が咲く

人を好きになったときの気持ちは、ホトトギスの立ち姿に似ている。
どうしようもなく気持ちが強くなるけど、口には出せず、ただぎこちなくなる。
でもときにはそういう気持ちが伝わるというか、したたかに伝えてるのか。
水滴が滴り落ちて、瓶に溜まるように、静かに進む感覚。

この句も読まれています。

沈 下 橋 つ つ つ と 下 り て 浅 き 春... 沈下橋とは、概ね河川敷と同じくらいの高さに作ってあり、ふつうの状態では橋として使えるものの、増水時には水面下に沈んでしまう橋のことです。 低い位置に作るので、廉価で早くできるというメリットがありますが、増水時には橋として機能しなくなるという欠点を併せ持ちます。 橋の両岸で高低差があるときは、一方が通...
九 十 九 島 ( つくもじま) 軍 港 隠 し 秋 高 し... 佐世保の針生無線塔、太平洋戦争勃発時、戦闘開始の電信を送ったとして、あれこれの映画にも登場した。 奥まった港には、軍艦とおぼしき船体が幾つもあり、海上自衛隊の重要基地であること歴然である。 以前佐世保出身の高齢女性が言うには、海軍さんには嫁に行くなと、言われていたと。 制服を纏った姿は雄々しいものの...
戦 病 死 飢 え 多 か り と 聴 く 彼 岸... せんびょうし うえおおかりと きくひがん 句会の後、ちょっとしたお茶飲みの会をします。 同年齢か、ずっと年長の方もおいでです。 今日の句会の反省や、旅の話、学生時代のこと、亡くした家族の話など、話題はとめどなく。 戦争に行かれた人も、お兄さんが特攻の人もいて、ふだん聞けない話をきくことができます。...
星月夜 むかしのオトコの 声がする... なんてみっともないことでしょう。 でも人間、自分をよーく観察すれば、そして恥を恐れなければ、だいたいそんなもんだと想うのです。 秋は、人を寂しくさせます。 懐かしい声が聞きたくなったりします。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください