ほととぎす 偲んで密かな 華が咲く

人を好きになったときの気持ちは、ホトトギスの立ち姿に似ている。
どうしようもなく気持ちが強くなるけど、口には出せず、ただぎこちなくなる。
でもときにはそういう気持ちが伝わるというか、したたかに伝えてるのか。
水滴が滴り落ちて、瓶に溜まるように、静かに進む感覚。

この句も読まれています。

鹿児島へ はつなつの風 新幹線 九州新幹線 / Norio.NAKAYAMA 全線開通まで、ずいぶん時間がかかった。「さくら」こいつがこの顔で鹿児島まで行くんだ。平日の昼間だというのに結構な乗客。いい旅になるだろう。昨日から丸一日半鬱陶しい雨だった。ようやく上がった。五月晴れ。...
忘 れ た き は 片 っ 端 か ら 喰 へ 蝗... わすれたきは かたっぱしから くえいなご 世の中は、人生は思うように行かない。 ふっと気がつくと、山すそにキリが降りるように、小さな不安が際限もなく広がってしまっていたり、同窓会では、私のせいではないことでそしりを受けたり、それが今ごろ耳に入ったり、もう面倒くさいことばかり。 だったら誰とも付...
今日までも あしたまでもと 枯紅葉... すべての葉っぱが散ってしまったあと、まだ輝くような紅葉を見せている紅葉がある。今日散るか、あした散るかと 惜しみながら、眺める。日一日と色が鮮やかになるような気がする。お得した気分です。...
長き夜は ひとりで七輪 バーベキュー... 窓のすぐ外に七輪を置いて、部屋の中から、ちょろっと頭を出して、ささやかな バーベキューです。 ウインナーとかしいたけとか並べて、ひとり酒盛り 幸せを感じるひとときです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください