ひ と 休 み し て 雑 炊 に 再 参 加

ひとやすみ してぞうすいに さいさんか

ほんとのことを言えば、鍋は面倒くさい。
各々勝手にさっさとと思うのですが、気が利かないと思われるのもイヤなので、一、二度は人の取り方にも気をつかう振りをしなければならない。
やけに甲斐甲斐しいのもいる。確かに。
わたしは、自分があまり世話をやかれたくないので、やくのも苦手。

この句も読まれています。

芍 薬 の 半 日 陰 な り 薄 き 紅 しゃくやくの はんひかげなり うすきべに 藤の花を見に行ったついでに、奥の里山に足をのばしたところ、細いせせらぎがあり、その中にその周辺に転がっている石は湿気のせいで、皆みごとに苔むしていました。 その両側には、人の手の入っていないシャクヤクが、枝振りも自由に、咲き誇るでもなく、静かに咲いていまし...
背 を 灼 か れ 顔 を 灼 か れ て 土 砂 の 跡... せをやかれ かおをやかれて どしゃのあと 昨年の北部九州の土砂災害では、地元の社会福祉協議会がバスを出すというので、一日お手伝いに行きました。 被害の大きさもさることながら、自分の体力の無さにがくぜんとしたものです。 畳を剥ぎ、床板を剥がしたその下には、驚くほどの粘土が固まったような土砂。 ...
月 の 船 採 果 終 は る を 労 ふ て つきふね さいかおわるを ねぎろうて 陰暦八月三日の月。 弦月のことです。 半月が、弓に弦を張ったように見えることから、この名が付いたそうです。 暑い夏、そして大きな災害、たくさんの作業を乗り越えてきた人も一樹に多くの果実を抱えた樹々もさぞやたいへんだったと思います。...
白 鷺 も 餌 (え) の あ る う ち に 子 は 巣 立 ち... ツバメも雀も鷺も、早々と独り立ちする。 秋の収穫の時季、田んぼや野山にたっぷりと食べ物があるうちに、取り方、あるとこを教えておく。 いずれ来る冬に備えて。 いつまでも一緒にいるわけにはいかない親の務め。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください