ひ と 休 み し て 雑 炊 に 再 参 加

ひとやすみ してぞうすいに さいさんか

ほんとのことを言えば、鍋は面倒くさい。
各々勝手にさっさとと思うのですが、気が利かないと思われるのもイヤなので、一、二度は人の取り方にも気をつかう振りをしなければならない。
やけに甲斐甲斐しいのもいる。確かに。
わたしは、自分があまり世話をやかれたくないので、やくのも苦手。

この句も読まれています。

曳 舟 の 糸 引 く ご と し 秋 関 門 関門海峡。 あれだけ広いのに、大きな船が通るので、操舵はむずかしいとか。 故障なのか、小さな船がさらに小さな船を引っ張って行く。 空は青く、海も碧。 波は静か。...
田 の 水 に 溺 れ か け ん と 早 苗 か な... たのみずに おぼれかけんと さなえかな なわしろで育てた苗は、代田に植え直します。 田植えです。 代田に植える苗を、サナエと呼びます。 春、なわしろに種モミをまいてから、20センチほどに伸びたもの。 たばねた早苗を水田のあちこちに投げ入れ、これをサオトメが手に取って植えていく。 田植機が使える広い...
正 月 や 雨 に 普 段 に 戻 さ る る しょうがつや あめにふだんに もどさるる 正月の淑気が、この雨ですっかり洗い流され、世の中は日常に様変わり。 いつもの日々が戻ります。 良い年でありますようになんて思わないけれど、どうか何もありませんように。...
藤 棚 の 下 人 混 み に ぽ つ ね ん と... ふじだなの もとひとごみに ぽつねんと 藤の名所はなぜか神社やお寺が多いようです。 あちこちが、藤の房の長さを競い、何処も人でごった返しています。 人混みにひとりでいるのも悪くはなく、もちろん寂しくもなく、若葉の風に吹かれる心地よさを満喫しました。 自生する山の藤以外の藤には、さして興味もなく、よ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください