ひ と 休 み し て 雑 炊 に 再 参 加

ひとやすみ してぞうすいに さいさんか

ほんとのことを言えば、鍋は面倒くさい。
各々勝手にさっさとと思うのですが、気が利かないと思われるのもイヤなので、一、二度は人の取り方にも気をつかう振りをしなければならない。
やけに甲斐甲斐しいのもいる。確かに。
わたしは、自分があまり世話をやかれたくないので、やくのも苦手。

この句も読まれています。

衰 へ の ひ と つ ふ た つ を 忘 れ 霜... おとろえの ひとつふたつを わすれじも 人の老化は、ある日突然やって来るわけではありません。 ただ、それが本人には到底分かるものではありませんが、周囲の人が気がつくのはある日突然です。 そして身内がそれに気づくのは、ずっとずっとときが経ってからです。 「えっこんなだったっけ 」と一瞬呆然とす...
手 足 と 脳 繋 ぎ の ず れ る 目 借 り 時... Fitness jim in the Lemon Tree Hotel, Aurangabad / kawanet ジムに行っている。 クルマばかりで、運動不足だから。 いつもは歩くだけ。 調子のいいときで、時速6.2kmで、1時間。 ジムにはスタジオがあって、インストラクターのもと、いろいろコー...
針 冷 た 刺 し て 血 管 探 す な ど はりつめた さしてけっかん さがすなど 採血のうまい人とヘタクソの差は大きい。 最悪は、刺してから、針先をうろうろさせ血管をさがすというもの。 いい加減にしろよ。まったく。...
薄墨(うすずみ)の 花打つ雨に 時忘る... 桜は色が薄いのがいい。雨に咲く花は 一段とうつくしい。満開間近の花にも 容赦なく雨が降る。この雨は止む気配 もない。湖に張り出した桜は少しずつ 花を水に散らしながら、しょうしょう と降る雨のなかにいる。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください