ひ と と せ は 長 し 心 は 変 わ る 星 月 夜

ひととせは ながしこころは かわるほしずくよ

人の心は思いの外短い時間で変わる。
はっきりこれと言える言葉や態度で変わるだけではなく、時の流れの中で、鬱陶しさにへんげすることもある。
七夕なんて、さすが優雅なおとぎ話。
ひとは年々年をとる。
ふとした拍子に、シミや皺や白髪が目についてということもあろう。
中島みゆきの唄にある。
「5年かければ、ひとは顔立ちも変わる。
ましてやオトコ、ましてや他人」
それが現実だと思う。

この句も読まれています。

源 流 は ま だ こ の 先 と 冬 雲 雀 げんりゅうは まだこのさきと ふゆひばり 春は勢いよく空を飛ぶヒバリも、この季節になると、地面を跳び歩きながらエサを探す姿が見られます。 オスは頭の冠羽をピンと立てています。 イタチやネコ、ヘビなど天敵が多く、たいへんです。...
ど れ こ れ も 選 ぶ に 難 し 柿 落 ち 葉... 柿の落ち葉、折り重なって降るように散る。 どの葉も、それぞれに色づきはちがうのだけれど、紅や黄色、それに少しの緑がうまく混ざって、またよごれも虫食いも無く美しく、2、3枚選んで、本に挟んでみようと思うのだけど、選ぶのが難しい。 凩はもうそこに、手ぐすね引いて待っている。 落ち葉を楽しむのも今のうち。...
救われて 五月の雨の 激しさに まるで滝つぼにはまったようyな雨が降り続いた。山を洗い、あたしのきらいなつつじの花を落とし、黄砂に汚れた街を洗い流し、ついでにストレスまみれのこのどうしようもない、どこへ持って行きようもない重苦しい気持ちも、ほんの一瞬さわやかにしてくれたような気がする。...
絽 の 喪 服 折 り 目 手 繰 り て 畳 み た り... ろのもふく おりめたぐりて たたみたり 若い頃、着物の着付け教室に行きました。 もちろん畳み方も習いました。 着る機会がないので、すっかり忘れてしまいました。 ただ父が真夏に死んだので、夏は「ろ」の着物を着るということだけは覚えました。 着物は畳み方もむずかしく、最初はえりの部分を合わせて...