ひ と と せ は 長 し 心 は 変 わ る 星 月 夜

ひととせは ながしこころは かわるほしずくよ

人の心は思いの外短い時間で変わる。
はっきりこれと言える言葉や態度で変わるだけではなく、時の流れの中で、鬱陶しさにへんげすることもある。
七夕なんて、さすが優雅なおとぎ話。
ひとは年々年をとる。
ふとした拍子に、シミや皺や白髪が目についてということもあろう。
中島みゆきの唄にある。
「5年かければ、ひとは顔立ちも変わる。
ましてやオトコ、ましてや他人」
それが現実だと思う。

この句も読まれています。

暮れの春 路面電車の 停留場 路面電車の停留場に立つのが好きです。 道路の真ん中に小さなプラットホーム。 いつ来るかわからない電車を待ちます。 暮れそうで暮れない春の夕暮れです。...
この夏は 肉体労働に 戻ろうと思う... 介護職はきつい。 でも私にはデスクワークは向いてないような気がする。 今月から、また戻ろうと思う。 お年寄りのために、思いやりを持って頑張るなんて、綺麗事じゃない。...
ご理解と ご協力して 夏を遣る 暑い夏をやり過ごさなければなりません。車の運転も苦痛です。あっぷあっぷです。
雪 の こ と ど う と い ふ こ と な く 木 賊 (とくさ)... 二日ほど雪に覆われた庭がようやく元の姿に戻った。 植木鉢の小さな花や、地植えの折鶴蘭も煮えたようになって痛々しい。 平気なのはトクサ。 あの細長い姿だから雪に埋もれることも倒れることもなく、そこにあったけれど、吹雪や凍りつくような寒さに負けることなくいつもと同じ姿でいる。 逞しい。...