ひ と と せ は 長 し 心 は 変 わ る 星 月 夜

ひととせは ながしこころは かわるほしずくよ

人の心は思いの外短い時間で変わる。
はっきりこれと言える言葉や態度で変わるだけではなく、時の流れの中で、鬱陶しさにへんげすることもある。
七夕なんて、さすが優雅なおとぎ話。
ひとは年々年をとる。
ふとした拍子に、シミや皺や白髪が目についてということもあろう。
中島みゆきの唄にある。
「5年かければ、ひとは顔立ちも変わる。
ましてやオトコ、ましてや他人」
それが現実だと思う。

この句も読まれています。

ひ と つ ず つ 講 釈 の あ り 木 の 芽 和 ( あえ )... ご親切に料理の説明、ありがたいと思うのだけれど あんまり長いのはどうも。 自信作なのだろう。 画像出典木の芽和え #dinner うまー / is_kyoto_jp...
兜 獲 り 買 ふ て く れ た り あ り が た ふ... かぶととり かうてくれたり ありがとう 装備万端。 虫籠、捕虫網、虫除けスプレー、夏帽子、タオル、麦茶。 意気揚々とご帰還。 虫籠には、立派なカブトムシが一匹と、樹の枝、葉っぱも。 子どもの絵日記は、喜びにあふれており、 「おとうさんと、カブトムシをつかまえにいきました。 かってくれてありがとう。...
針 冷 た 刺 し て 血 管 探 す な ど はりつめた さしてけっかん さがすなど 採血のうまい人とヘタクソの差は大きい。 最悪は、刺してから、針先をうろうろさせ血管をさがすというもの。 いい加減にしろよ。まったく。...
もしかして 人に溺れて(おぼれて) ほととぎす... yやばいと思う瞬間があったりする。幸い長続きはしない。