ひと雨の 激しく降りて 寒明ける

冬の冷たい雨とは、すこし違う。
バシャバシャ降る雨は、春の匂いがする。
樹々には、恵みの雨か。
また芽吹きに拍車がかかる。
よかったらクリックください。励みになります。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

この句も読まれています。

冬 薔 薇 あ し た の 空 を 疑 は ず ふゆそうび あしたのそらを うたがわず なにもこの寒空の下、開きかけた花びらは、何日もそのまま凍ったように、さらに縁取りのように白い雪がその形をなぞっている朝もあるというのに。 春になれば、プリンセスのドレスのような仲間が競って咲き出すというのに。 かたくなで、生真面目な、冬のバラがわたしは好...
月 夜 に は 守 宮 ( やもり ) の 腹 の 白 か ろ う... 守宮、むかしはいっぱいいた気がする。 ガラス戸に身体に不似合いな大きな吸盤をつけて、ペタッとくっついているのを、面白がって、内側から、鉛筆の先で、コンコンと叩いて脅かしてやろうとしたが、ずうずうしくて、なんてことない風情だった。 いまでも、いないわけではない。 とても珍しくなっただけ。...
葱坊主(ねぎぼうず) 数多の(あまたの)花に 押されおり... 春の畑は賑やか。 豆の花が咲き、スイートピーが色鮮やか、矢車草それから なにやら名前知らないかわいらしい花々、 一番地味な葱坊主は、どうも立場が悪い。 アタマのてっぺんを、くるくる坊主にして、 咲き乱れる花の隅で、小さくなっている。...
芹を摘む 野焼きの堤防 畦を行く むかし春が近くなると、遠くまで芹摘みに出かけたものです。 畑の畦や川の堤防に生えていて、ついでに土筆も見つけたものです。 野焼きの匂いはどこか郷愁をさそうもので、 歌ならば、菜の花畑に入日うすれ~とか、 みかんの花が咲いている~思い出の道~丘の道~などを 思い出したりします。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください