は び こ る に 淘 汰 も あ り て 夏 の 草

はびこるに とうたもありて なつのくさ

雑草だからといって、全てが強いわけではないようなのです。
闘いに勝ったのか、環境の具合がぴったりだったのか、何種類かを残して、消えていく種が、雑草にもあるようなのです。

この句も読まれています。

ハローワーク むかし職安、今ハローワーク。9時 オープンなのに、8時半にはもう入 りきれない車が列をつくっている。 道路脇には満開の桜。訪れる人は それどころではないはず。職探しは ずいぶんと改善されて、ずらっと並 んだパソコンは、ほとんど待ち時間 はなく利用できる。ファイルをめく ることもなく、年齢や職種をぽん...
針 無 し の ホ チ キ ス 買うて 春 う ら ら... はりなしの ほちきすこうて はるうらら もう随分前に売り出されて、珍しくて、なんども閉じたり、バラしたりして、仕組みを楽しんだものです。 文房具屋さんで、皮細工用のカッターと、カシメとカシメ打ちの道具を買いに行ったついでに、ようやく世間に遅れること数年で、この魅力的なホチキスを我が物にしました。 ...
鉛筆も 眉墨(まゆずみ)も研ぎ(とぎ) 大晦日... いろいろとちょこちょこ掃除した。 大したことはしてないが、それでも結構ゴミが出た。 鏡を拭いたり、化粧ポーチを洗ったり、鉛筆研いで ついでに眉墨も研いだ。 今年も辛かった。来年は少し休ませてくださいましな仏さま。...
有 明 の 引 き 潮 を 追 ふ 鰯 雲 ありあけの ひきしおをおう いわしぐも 一日に二回の干満を繰り返す有明海。 干潟。 その速さは驚くほどで、みるみるうちに海が無くなったり、水平線の向こうから、ひたひたと押し寄せる様は恐怖さえ覚えます。 空は秋のいわし雲。 見ていて飽きません。...