は び こ る に 淘 汰 も あ り て 夏 の 草

はびこるに とうたもありて なつのくさ

雑草だからといって、全てが強いわけではないようなのです。
闘いに勝ったのか、環境の具合がぴったりだったのか、何種類かを残して、消えていく種が、雑草にもあるようなのです。

この句も読まれています。

人生に 無駄一つ無しと 盆の雨 紆余曲折 もっと早く方向転換すれば良かったとか、もうちょっと踏ん張れば、 なんか違ったんじゃないかとか、思うことはいっぱいあるけれど、 済んでしまったことは仕方ない。 無駄だったと思うことが、もしかして意外な人生の肥料になってくれていればと 思ったりする。 いい年して、新人と呼ばれているから、辛い。...
藁 ( わら ) 笠 の 少 し の 助 け 寒 牡 丹... Peony / 牡丹(ぼたん) / TANAKA Juuyoh (田中十洋) もう、寒牡丹の季節がやってきたようです。小さな藁帽子が、きっと大きな支えになって、あれだけの大きな花を咲かせるのでしょう。見事なものです。温室よりずっと、風情があるし、こころがやすらぎます。大好きな、筥崎のお宮です。...
雪しまく 白熱灯に 暖をとり 吹雪いている。 風で雨戸がガタガタ音を立てている。 明日の朝は、雪景色だろうか。 世の中はもうすっかりLED電球になったようだが、買い置きした白熱灯をつけている。 顔色がよく見えるような気がする。 ご飯も美味しそうに見える気がする。 あったかくて、なんかほっとする。 よかったらクリックください。励み...
鳳仙花(ほうせんか) 弾く(はじく)を待てず 道の端(はた)... あのはじけ方は、癖になる。 咲いてもそれほどぱっとしないけど、 鳳仙花は好きな花です。 中島みゆきの唄のせいかもしれない。 よかったらクリックください。励みになります。 ...