闇 夜 な れ 爪 は 夜 切 る 夜 濯 す

やみよなれ つめはよるきる よすすぎす

夜爪を切ったら、親の死に目に会えない。

洗濯物は夜干してはいけない。とくに子どものものは。

時代は変わり、生活は変わり、オール電化住宅は夜間電気料が安い。

共働きがふつう。

だいたいそもそも、親の死に目に会えないからってそれがどうした。

爪はお風呂上がりの夜切るようにしています。

この句も読まれています。

地 卵 は あ ま り に 小 粒 秋 深 し じたまごは あまりにこつぶ あきふかし ニワトリに配合飼料ではなく、自然由来の餌を与え、さらに放し飼いで育てていることで有名な養鶏場で玉子を買いました。 玉子はすべて茶色で、とても小さく、殻もしっかりしたものでした。 これなら玉子かけご飯が食べられそうです。 ブロイラーの養鶏場では、温度もそして日...
稲 刈 り は 有 給 休 暇 本 柱 いねかりは ゆうきゅうきゅうか ほんばしら のんびりした団体にお勤めのようです。 社会福祉協議会というところだそうです。 稲刈りも、田植えも主力になって活躍です。 親孝行です。 地元の消防団にも入っていて、韓国に団体旅行にも行かれます。 和太鼓や、田舎芝居のサークルでも活躍です。 一部上場の一流企...
放 蕩 の 血 は 受 け 継 ぎ て 霜 柱 ほうとうの ちはうけつぎて しもばしら 遺伝とは恐ろしいもので、なんということもない仕草や姿勢、時間の過ごし方、性格。 特に似てほしくはないところがそっくりという話はよく聞くことです。 遊び方も、そのタチの悪さもそう。 浪費癖、収集癖、オンナ癖、バクチののめり込みようまで。...
いつまでも 待てるものかと 山笑う... わたしは待つということが、とても苦手。つまりじーっと我慢することが苦手で、すぐしゃかしゃか動いてしまう。その結果どれほど人生をだめにしたことか。人を待てない。状況が変わるのも待てない。ゆっくりゆっくり歩くことが大事だとくことは、しっかりわかっているつもり。こんなふうだから、自分が成長しない気がする。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください