闇 夜 な れ 爪 は 夜 切 る 夜 濯 す

やみよなれ つめはよるきる よすすぎす

夜爪を切ったら、親の死に目に会えない。

洗濯物は夜干してはいけない。とくに子どものものは。

時代は変わり、生活は変わり、オール電化住宅は夜間電気料が安い。

共働きがふつう。

だいたいそもそも、親の死に目に会えないからってそれがどうした。

爪はお風呂上がりの夜切るようにしています。

この句も読まれています。

花の雨 期待は期待 夢は夢 ちょっと気合を入れて、化粧して、ちょっと 考えて、服を選び、いざ出陣で向かったはい いが、力を入れたのは自分だけ。淡々と時間 は過ぎ、ではさようなら。べつにいいけど。 がんばって損した。せめて楽しい会話をした かったのだけれど。思うようにはいかない。...
秋 高 し 絶 叫 を 聴 く 糸 電 話 あきたかし ぜっきょうをきく いとでんわ 彼岸の中日、祝日のはずなのに、ここいらの小学校は休みではなかった模様です。 台風のとき、臨時休校したから、その分の帳尻合わせかもしれません。 最近は、授業日数が減るとかで、夏休みも3日ほど繰り上げたり、子どももたいへんです。 小さな公園があるのですが、近頃...
竹 若 葉 熊 に 鈴 や ら 死 ん だ ふ り... たけわかば くまにすずやら しんだふり クマの被害が連日報道される今に至ってもなお、山に入るときには鈴を付けろと言う専門家と称する人がいます。 ひと昔前までは、死んだふりをしろと、まことしやかに言い伝えられたものです。 何を信じるかは、自己責任でしょうか。...
茅 を 干 す 日 向 の 里 や 波 光 る かやをほす ひゅうがのさとや なみひかる 宮崎県民謡。 刈干切唄。 茅を干し、屋根をふく、また牛の飼料にする。 長い長い歴史の中で、営まれてきた労働と技術です。 日向の海は明るい蒼で、なにもなければ穏やかです。 山の中腹から、海も水平線もよく見えます。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください