は た た 神 爪 は 夜 切 る 夜 濯 す

はたたがみ つめはよるきる よすすぎす

はたた神とは、鳴りとどろくカミナリ、イカズチのことです。

俳句ことばでしょう。

夜爪を切ったら、親の死に目に会えない。

洗濯物は夜干してはいけない。とくに子どものものは。

時代は変わり、生活は変わり、オール電化住宅は夜間電気料が安い。

共働きがふつう。

だいたいそもそも、親の死に目に会えないからってそれがどうした。

爪はお風呂上がりの夜切るようにしています。

この句も読まれています。

菜の花を 行くひとり行く 春連れて... 季節を連れ歩く子どももいるのである。 連れてでも歩かねば、進みようがないからである。 空気を吸い、においやしょえるだけのありとあらゆるとにかくそのまんまをクソみたいに抱えあげて、 下を向いて、ただ歩く多分そのときは、それだけ。 時間がたてば、荷物をおろす。...
京 訛 り な れ ば 金 魚 屋 一 尾 足 し... きょうなまり なればきんぎょや いちびたし 京都の言葉のやさしさ、九州の人間の耳には、ことのほか魅力的。 金魚屋め。 若い美人に弱い。 高級なデメキンを。...
櫨 も み ぢ 顔 も 小 川 も 赤 く 染 め... はぜもみじ かおもおがわも あかくそめ ハゼとはロウソクの原料になるらしい。 ハゼに負ける人はけっこう多くて、顔から首まで真っ赤に染まり、痛みや痒みもあるといいます。 久留米市に、柳坂曽根のハゼ並木があります。 細い細い用水路というか、小川のような水の流れがあるのが、大きな魅力だと、勝手に思...
もの思う 蛍の軌跡 追う夜は 蛍の飛び交う川のほとりに「ほたる駐車場あります。無料」とベニヤ板に墨で書いた看板があった。雨の上がった夜にたくさん飛ぶと聞いた。いろんなことが、とめどなく巡る。まずおとこか。ほたるにはおとこ。次はいままでの来た道。いばらの道。唄は、関口由紀。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.