闇 夜 な れ 爪 は 夜 切 る 夜 濯 す

やみよなれ つめはよるきる よすすぎす

夜爪を切ったら、親の死に目に会えない。

洗濯物は夜干してはいけない。とくに子どものものは。

時代は変わり、生活は変わり、オール電化住宅は夜間電気料が安い。

共働きがふつう。

だいたいそもそも、親の死に目に会えないからってそれがどうした。

爪はお風呂上がりの夜切るようにしています。

この句も読まれています。

と も す れ ば 想 ひ 出 に 飛 ぶ 鉦 叩 き... ともすれば おもいでにとぶ かねたたき バッタの仲間らしい。 あまり山奥ではなく、住宅地つまりその辺に住み、若葉や小さい虫を食べるとか。 鳴き声が涼やかで、よく通り、秋を感じます。 秋の虫の鳴き声はきれいであればあるほど、寂しさを伴う気がして、遠い遠い忘れてしまったよけいな思い出にたどり着い...
冬 の 雨 各 駅 停 車 の 窓 を 打 つ ふゆのあめ かくえきていしゃの まどをうつ 最近は、新幹線にいささかうんざりしています。 トンネルの多さです。 時間のあるときは、のんびり各駅停車の小さな旅をします。 地域のコミュニティバスも、思わぬところを抜けたりするので、面白くてたまりません。...
花 の 雨 性 (さが ) な る も の を 想 ひ た り... はなのあめ さがなるものを おもいたり 人が桜を愛でるのは、その儚げな姿、咲き誇った艶やかさ、散り際の潔さに尽きると思うのです。 咲いて散るこれもまた、さだめでしょう。 古来から、吉野の山にお詣りに来た人々が花を植え続けてきたというのも、持って生まれた運命を どうにかしようと思うわけではなく、しみ...
春日射し ラムネの瓶に 黄水仙 生け花は、花瓶と花のバランスが大事…などと言って、わたしに生け花の知識はない。 ただ、水仙の生け方は難しくて、平たい花器に、作法通りに始末した水仙をきっちり生けなければならないことは、以前池坊の展示会で聞いたことがある。 うちには花器などというものはないし、場所は玄関のほんの少しのスペースとトイレだ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください