はしごして 田植うる今日の 予定なり

田んぼで作業をする夫妻

過密スケジュールか。一枚を植え終わって、少しの休憩。また次の田へと、機械も人も動く。雲は低く、それほど暑くはないけれど、たいへんな重労働。いろいろな都合があって、今日終わらせなければならないのだろう。頑張れみんな。

この句も読まれています。

千 年 の 銀 杏 青 空  舞 ひ 落 ち ず せんねんの いちょうあおぞら まいおちず 樹齢千年は超えると言われる大イチョウ。 高さも大きさも迫力です。 黄色になった葉は、ストンと落ちるわけではなく、あの高さからくるくると舞いながら、風に吹かれながら、時間をかけて落ちてきます。 空が青いから、まさに小鳥のようです。...
蒲( がま) の 穂 も 波 立 つ 沼 の 中 之 島... がまの穂綿にくるまれば、兎はもとの白うさぎ。 因幡の白兎に登場する蒲。 最近はとんと見かけなくなった。 沼地が少なくなったせいか。 あの愛想のない茶色の植物が大好きで、ありそうなところでは探すのだけど、なかなか見つからない。 以前はあった所からも姿を消しているところが多い。 沼はできれば埋め立てない...
雁の寺(1) 「雁(がん)の寺」水上勉作 1961年第45回直木賞受賞作品。 鳥獣の画を描いて、京都画壇に名をはせた岸本南嶽が死んだのは昭和8年の秋である。 岸本家は孤峯庵の檀家であり、和尚は慈海和尚と呼ばれていた。 慈念という十二、三歳の小坊主を連れていた。 死んだ岸本南嶽には、里子という妾がいた。 以前その...
人混みに 見覚え冬帽 声かけず あっあの人だと思うことたまにあるが、よっぽどの ことがない限り、声はかけない気がする。 懐かしいんだけど、わざわざ自分の今を語る気もせず やり過ごすことが多い。 あの人といっしょに働いた時代があって、けっこう楽しかったと思う。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.