ね ん ね こ に 手 放 し の 愛 詰 め 込 ま れ

ねんねこに てばなしのあい つめこまれ

むかしは、子どもは負ぶい紐で背中におんぶして、防寒のため綿の入ったねんねこを着ました。
子どもは暖かく、母親は両手が空くので、仕事にさして支障がないところが良いところでした。
背中の子どもの体調や、体温、動きや機嫌の良し悪しがすぐにわかるという利点もありました。
いま、ねんねこ姿を見ることはなくなりました。
赤ちゃんは、抱っこ帯で身体の前に抱えるようになり、また雑踏や寒風のなか、バギーで親より先に進みます。
ねんねこに埋もれて、全幅の信頼を安堵の顔いっぱいに眠っていた子どもたちは、その後辛いことがあっても、なんとか乗り越え、大きく育ったのではと勝手に想像しています。

この句も読まれています。

地 卵 は あ ま り に 小 粒 秋 深 し じたまごは あまりにこつぶ あきふかし ニワトリに配合飼料ではなく、自然由来の餌を与え、さらに放し飼いで育てていることで有名な養鶏場で玉子を買いました。 玉子はすべて茶色で、とても小さく、殻もしっかりしたものでした。 これなら玉子かけご飯が食べられそうです。 ブロイラーの養鶏場では、温度もそして日...
薪 を 足 す 引 き 戻 さ れ し 花 篝 まきをたす ひきもどされし はなかがり 夜桜の美しさを引き立たせるために、花の下に置くかがり火のことです。 そのしつらえがぎょうぎょうしいと、かえって興を失いますが、ほどほどに揺れる闇には幽玄の気が漂います。 当節は、ライトアップで花全体を見せるところが多いけれど、薪を足すたびに火の粉が舞い上がり...
開 票 速 報 7月10日夜8時前から、チャンネルはNHKにしていました。 まるで新年のカウントダウンのごとく、5・4・3・2・1 と数字が画面いっぱいに現れ、8時になった瞬間から、当選確実のオンパレード。 もう、見る気をなくしてしまいました。 「出口調査」なるインタビューの成果でしょうか。 どうして、皆さんは出口...
夏 を 吐 く 夕 餉 の 気 配 蚊 遣 り 豚... 夏の夕方、蚊取り線香を焚く。今にも降り出しそうな気配はあるが、梅雨の空はなんとか持ちこたえている。簾を立て掛けているから、部屋は薄暗い。そろそろご飯が炊き上がる。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください