ね ん ね こ に 手 放 し の 愛 詰 め 込 ま れ

ねんねこに てばなしのあい つめこまれ

むかしは、子どもは負ぶい紐で背中におんぶして、防寒のため綿の入ったねんねこを着ました。
子どもは暖かく、母親は両手が空くので、仕事にさして支障がないところが良いところでした。
背中の子どもの体調や、体温、動きや機嫌の良し悪しがすぐにわかるという利点もありました。
いま、ねんねこ姿を見ることはなくなりました。
赤ちゃんは、抱っこ帯で身体の前に抱えるようになり、また雑踏や寒風のなか、バギーで親より先に進みます。
ねんねこに埋もれて、全幅の信頼を安堵の顔いっぱいに眠っていた子どもたちは、その後辛いことがあっても、なんとか乗り越え、大きく育ったのではと勝手に想像しています。

この句も読まれています。

ホラーハウス Haunted House / ch.weidinger うちの近所に、なんとも説明のしにくい不可思議な 家があります。 古い家で、二階のバルコニーはもう手すりが壊れて いて、危ない状況です。 それほど大きな家ではありませんが、半分は洋館風 半分は和風です。庭は芝生。 出来た当初は豪邸と言えるもの...
わたし今 元気だろうか いわし雲 なんか気が滅入っているのはわかる。原因もわかる。私は拒絶された環境に長く居ると、具合が悪くなり、それはたいてい三日ほど続く。昔は実家がそうだった。継母と妹ふたり、いま思えば、あれはイジメだ。 今回は同窓会。行かなきゃ良かった。少しだけ懐かしさもあって、まちがって顔を出してしまった。弁解になるけど、私...
割 り 竹 の 裸 足 休 ま せ 夏 座 敷 Bamboo pole on carpet #3 / Iwan Gabovitch 竹の敷物。 もう古くなって飴色。踏めば冷たくて 心地よい。暑過ぎて、夏座敷の設えも 見かけなくなって久しい。せめて竹の カーペットと江戸風鈴で、小さな夏。...
水餅を 取るに肘まで 幼き日 昔は、今のような冷凍庫がなかったので、餅は 水に浸して保存したものです。 幼かった頃、その餅を取り出すのに、肘まで 水につかって、服の袖口が濡れて、冷たかったものです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください