ね ん ね こ に 手 放 し の 愛 詰 め 込 ま れ

ねんねこに てばなしのあい つめこまれ

むかしは、子どもは負ぶい紐で背中におんぶして、防寒のため綿の入ったねんねこを着ました。
子どもは暖かく、母親は両手が空くので、仕事にさして支障がないところが良いところでした。
背中の子どもの体調や、体温、動きや機嫌の良し悪しがすぐにわかるという利点もありました。
いま、ねんねこ姿を見ることはなくなりました。
赤ちゃんは、抱っこ帯で身体の前に抱えるようになり、また雑踏や寒風のなか、バギーで親より先に進みます。
ねんねこに埋もれて、全幅の信頼を安堵の顔いっぱいに眠っていた子どもたちは、その後辛いことがあっても、なんとか乗り越え、大きく育ったのではと勝手に想像しています。

この句も読まれています。

新 年 の 靴 脱 ぎ 石 も 凛 と し て しんねんに くつぬぎいしも りんとして 年が明けたというだけで、空気が凛となるような気がして、気持ちがいいものです。 庭に出る平べったい靴脱ぎ石も、掃き掃除したから当たり前なんだけれど、正月の顔をしています。...
黒 ダ イ ヤ あ ゝ ぼ た 山 の 曼 珠 沙 華... くろだいや ああぼたやまの まんじゅしゃげ 黒ダイヤというのは、筑豊産のようかんの名前です。 今はもう製造されていません。 つやつやとして真っ黒で、どうかなりそうなほど甘かった。 当時、飯塚、直方、田川地方で行われた結婚式の引き出物として配られ、わたしの口にも入ることにもなりました。 もうあの頃は...
啻 な ら ぬ 旱 の 中 に 生 く る も の... ただならぬ ひでりのなかに いくるもの 「エアコンを活用しましょう。 朝までしっかり。 水分補給を怠りなく。 塩分にも気をつけましょう。」 したくても出来ない人がいる。 道路工事の人。交通整理の人。 工事に携わる人。 エレベーターのない5階まで、何回も往復して商品配達する人。 お金のない人。 人間...
摘めばもう 散るか幼き 日のフグリ... まだ幼いころ、うちに母親とばあちゃんがいた、ほんの短い日々、春の浅いころ、道端の青い小さな犬フグリの花がとても素敵に見えて、なんとか摘んで帰りたいとおもったものでした。やっと摘んでもちょっと持ち上げただけで、すぐ散ってしまう。何度も何度も挑戦したものです。 考えてみれば、あれから長い長い不幸な日々...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください