なめこ汁 つるりと喉を 越しにけり

ぬるぬるしたものが好きです。
おくら、なめこ、じゅんさいなどなど。
あついなめこの味噌汁、だしは普通です。
いりこか鰹節…前の日に煮立たせてほうって置きます。

この句も読まれています。

紫 陽 花 を 手 向 け 雲 仙 普 賢 岳 Hydrangea (紫陽花) / onigiri-kun もう24年も経つのかと思う。 火砕流という言葉を初めて聞いたのは、このときのニュースだったかと思う。 多くの人が、巻き込まれて亡くなった。 亡くなった方の家族はもとより、わたしは9時のNHKニュースに釘付けになった。 焼けた硫黄のような火...
ひと休み 此処は(ここは)銀杏の(いちょうの) 散りどころ... 銀杏の落ち葉の綺麗なこと。 此処は休み休み、降り敷く落ち葉を踏みながら、 青い空を見上げながら、缶コーヒーを飲みながら、 このいっときの幸せを噛み締めたい。 小さな喜びが見つけられるようになると、 なぜか最悪は避けられそうな実感がある。...
立ち漕ぎ(こぎ)を 披露の歓声 ぶらんこの子... わたしは小さい頃から、大きくぶらんこを漕ぐことが苦手だった。 はじめはいいけど、だんだん高く上がると、一瞬たわむ感じになる、 それが恐いのです。 立ち漕ぎなんてとんでもない。 目線が高くなって、揺れを大きく感じるし。 世の中にはたくましい子どもが多いものだと思う。...
手繰るよに 赤のまんまの 切なさを... 秋の初めのころ、赤まんまとよばれる犬蓼(いぬたで)の花をみると、つらかった幼い日のことを思い出してどうしようもない。小さかった私の思いなど、両親は知らない。今にいたるまで。4さいのこどもの、胸の奥の涙のつぼは、大人とすこしも変わらないのに。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です