なめこ汁 つるりと喉を 越しにけり

ぬるぬるしたものが好きです。
おくら、なめこ、じゅんさいなどなど。
あついなめこの味噌汁、だしは普通です。
いりこか鰹節…前の日に煮立たせてほうって置きます。

この句も読まれています。

薄墨(うすずみ)の 花打つ雨に 時忘る... 桜は色が薄いのがいい。雨に咲く花は 一段とうつくしい。満開間近の花にも 容赦なく雨が降る。この雨は止む気配 もない。湖に張り出した桜は少しずつ 花を水に散らしながら、しょうしょう と降る雨のなかにいる。...
寒菊は 小さな玉の 寄り添いて 咲いている花、いまから咲こうとしてる花、つぼみがひとつの枝にいっぱいです。 小さいことはいいことだなと思います。...
躊 躇 ひ て 声 掛 け ず 過 ぐ 星 月 夜... とまどいて こえかけずすぐ ほしずくよ 風呂上がりのすっぴんで、パタパタ出てきたはいいが、思わぬ人を見かけた。 どうせ向こうは、忘れているだろう。 声をかけたところで迷惑にちがいない。 満天の星。...
変わらずの 炎暑にもトンボ たたずむ... 続く暑い日、変わらない炎天と思っていたが、とんぼが大群で、小さな川の上を、止まったり進んだりしている。空はまだ真っ青な夏の空、田んぼにはまだ青い稲が、頭を垂れることも無く勢いよく育っている。田んぼのまわりは、からす除けか、きらきら光るテープが張り巡らせてあり、いっそう暑苦しい。川には小さな石造りの古...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください