なまこ切る 一月深夜 台所

なまこにはいろいろな種類があって、食べられないものもあるらしい。
店に出てるものしか知らないから、全部食用だと思っていた。
凍るように寒い夜、まな板の上で、ぬめぬめと扱いにくいなまこを切った。
かなり苦戦した。
最高のつまみを得るためには、労は厭わない。

この句も読まれています。

九 州 場 所 こ れ よ り 冬 帝 統 治 な る... きゅうしゅうばしょ これより とうていとうちなる いよいよ九州場所。 11月の風物詩。 そぞろ寒い状態が、はっきり季節を変えた感じでしょうか。 大好きな11月が行くと、世間は一気にクリスマスそして年末に向けて走り出します。...
里山の 裾一面の 柿落ち葉 小さな散歩がてらに登られるような山には柿の木が何本もあります。 小さな山のすそ一面に柿の落ち葉が敷き詰められるのです。 石の階段も見えなくなるくらいです。 踏むとかさかさと大きな音がします。 うれしいものです。...
秋の蚊の くせに勢い 衰えず 今年の夏は暑かった。はじめは増えだした蚊が、途中で少なくなって、秋の入り口の今になって、ムンムンと盛り返してきたようなきがするのです。蚊取り線香を三つも焚いて、対抗しています。蚊とハエとゴキブリは許さない。...
葉に残る 塩気を愛でる 桜餅 桜餅の、塩漬けの桜の葉が大好きです。 あれがないと、見かけも、味もそっけないものになってしまうでしょう。 その大事な葉を食べない人がいる。 信じられないことです。 よかったらクリックください。励みになります。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です