ど ん ど 焼 き 二 日 掛 か り に 竹 を 組 み

どんどやき ふつかがかりに たけをくみ

小正月の火祭りのことです。
神社の横を通りがかったら、もう大きな青竹が何本も組み立てられ、いつ始まってもいい緊張感。
子どもの頃なら、興奮して友だちを誘って周りをウロウロし、怒られてただろうと想像します。

この句も読まれています。

夕暮れは すみれの色に 春の宵 春の夕暮れの色の変わりようは、素敵です。 まず薄いれんげ色に、そしてすみれ色それもだんだん濃くなって、 やがて青が強くなって、群青の手前、久留米絣の空にカステラのような月が浮かびます。...
親亡くし 故郷はもう 旅先のごと 故郷というものは、だんだん疎遠になっていくものです。 ましてや親のない故郷は、もう泊まるところもなし。 通り過ぎる旅人を見るように、そっけないもの。...
聖 夜 過 ぐ ポ イ ン セ チ ア の 眼 の 泳 ぐ... せいやすぐ ぽいんせちあの めのおよぐ クリスマスが終わった。 今年はめずらしく振替休日で、世間の景色も少しは変わったかもしれない。 もてはやされたポインセチアは、役割を終えた。 ツリーは片付けるけれど、この花は処分というわけにはいかないでしょう。 居心地の悪そうな体裁で、部屋の隅っこに遠...
バ リ ウ ム の ゆ く ご と 熱 燗 喉 を 越 し... あのいやらしいバリウムと熱燗は、全く別物ではあるけれど、じわっとゆっくり、今、喉のこの辺りと自覚しながら落ちていく感覚が近いような気がして。 イヤな物と、素敵なものの感覚が同じとは、おかしな話だけれど、それだけ熱燗のしみじみとした味わいが濃いということ、少しずつ少しずつ幸せが沁みてくる感じ。 とりあ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください