ど ん ど 焼 き 二 日 掛 か り に 竹 を 組 み

どんどやき ふつかがかりに たけをくみ

小正月の火祭りのことです。
神社の横を通りがかったら、もう大きな青竹が何本も組み立てられ、いつ始まってもいい緊張感。
子どもの頃なら、興奮して友だちを誘って周りをウロウロし、怒られてただろうと想像します。

この句も読まれています。

歳 時 記 に 去 年 の 栞 や 散 紅 葉 さいじきに こぞのしおりや ちりもみじ 一年を通した季節感や、行事、しきたり、季語などをわかりやすく編集したものが、歳時記です。 24節気や、月の呼び名など、知らないことが多いので、重宝しています。 秋のページに紅葉の押し花。 去年、拾ったものを、挟んで忘れていたものと思われます。...
山笑う 高齢化率 町一番 むかし開けた団地が、老人団地になっている。 当時は、小さい子供を抱えた団塊世代。 子供たちは巣立って、年寄りばかりが残された。 当時は誰も予想だにしなかったこと。 先のことはわからない。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
空高し 道端地蔵の 小菊かな ふとしたところに道祖神を見つけることがある。いつ、どなたが置いたやら。つらい事があったのか。なぜかみんな赤い腹巻をして、この季節には決まって、赤や白、黄色の小菊が挿してある。今朝取ったのだろうか、みずみずしくて、勢いのある小菊である。...
未 明 に は 雪 の 積 む 音 貨 車 の 音... みめいには ゆきのつむおと かしゃのおと 底冷えで目が覚めることがあります。 ふだんの寒さとはちがう、力の入った冷え方です。 そおっと外を覗き見れば、やはり雪です。 遠くを行く列車の音は、なかなか聞こえにくいものですが、途中に川があって、その上を通過するとき音がかわります。 そこだけは、よく聞こえ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください