ど ん ど 焼 き 二 日 掛 か り に 竹 を 組 み

どんどやき ふつかがかりに たけをくみ

小正月の火祭りのことです。
神社の横を通りがかったら、もう大きな青竹が何本も組み立てられ、いつ始まってもいい緊張感。
子どもの頃なら、興奮して友だちを誘って周りをウロウロし、怒られてただろうと想像します。

この句も読まれています。

気を入れて 文(ふみ)書きもする 朧(おぼろ)の夜... moon / wonderferret 礼状を書いた。わたしはこの先 何通の手紙を書くのだろう。お そらく十通に満たないのではな いか。だとしたら、貴重な一通 になる。もう縁が切れてしまう 人への礼状。文面は当たり障り のないものにはなるけれど、ど うかお元気で、くつろいだ人生 がありますように。い...
豆 腐 屋 と 蕎 麦 屋 潤 し 雪 解 水 脊振の中腹、今建設中の五ケ山ダムより更に上に豆腐屋と蕎麦屋があります。 どちらも水を大量に、それも質のいい水を求めます。 豊富な湧き水があり、知る人ぞ知るです。 大きなダムと道路が、山を谷を分断することが残念です。...
欄 干 に 凭 れ て ( もたれて ) 土 筆 の 袴 取 り... 小さな川の土手を歩くと、もういたるところに土筆が顔を出していました。 顔を出しているというより、大きく育っていて、中には15センチはあろうかというものまで。 土手の下の方までいっぱいで、なるべく人の通らない所で、摘んで来ました。 10年ぶりくらいで、土筆のおひたしにしました。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です