ど ん ど 焼 き 二 日 掛 か り に 竹 を 組 み

どんどやき ふつかがかりに たけをくみ

小正月の火祭りのことです。
神社の横を通りがかったら、もう大きな青竹が何本も組み立てられ、いつ始まってもいい緊張感。
子どもの頃なら、興奮して友だちを誘って周りをウロウロし、怒られてただろうと想像します。

この句も読まれています。

雨の月 拙きピアノで 後を追う 雲にかかりかかりして頼りない月を、もっと頼りないピアノで 一緒に歩く気分
来 し 方 は 真 夜 に 遠 火 事 見 る ご と し... こしかたは まよにとおかじ みるごとし 幼い頃から、ひどい虐待に苦労してきたと思う。 その後もずーっと後も、キズは尾を引き、なかなか生きて行くのは大変だと思いながら、その場その場でいちばんと思うことをしてきたつもりなのに、時間が経ってみると、ほとんどは間違いだったと言い切っていいと思えるのです。 ...
橙 々 の 餅 の 上 な る 危 う さ や だいだいの もちのうえなる あやうさや 立派なのは、だいだいだけです。 大したお鏡餅ではなく、でこぼこで小さいし、重ねるのもたいへん。 かくしてほとんど二頭身のお鏡の出来上がり。 だいだいは中国から渡来したとされ、珍しいことに、木になった実は、人が採らない限り、2年から3年も木になりっぱなしという...
少年メリケンサック 久しぶりです。 たぶん「カグタバ」以来の おもしろくない映画です。 若いころ、パンクロックでならした仲間が 人生の紆余曲折を経て、それぞれの道を歩いていたのが、 宮崎あおい扮する、プロデユース会社の契約社員の目にとまり、 苦難の末、成功するって話だったと思います。 佐藤浩市が、「マジックアワー」では...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください