どくだみを 干す清清し 暖簾かな

どくだみ 今ちょうど白い花を満開に咲かせています。
根っこから抜いて、それもいっぱい。古い葉っぱを落とし、
泥を落とし、きれいに洗って、新聞紙の上に広げて、
水分を取って、少しずつ紐でしばって、風通しのいいところに
干します。乾いたら、今までは、切って20度の甲類焼酎に
漬け込みます。お盆過ぎくらいから、化粧水として使います。
ヒタヒタと惜しげなく使います。顔も体もいいです。お風呂上りには
特別気持ちいいものです。ですが、あたしは酒飲みですから、
化粧水ができる前に、ついつい飲んでしまいます。だから今は
よく干して、どくだみ茶にします。暑い時期によく冷やして、
ガブガブ飲みます。干してる間も、どくだみの香りがしていいものです。
前にも書きましたけど、ぶら下げるのが好きです。
玉ねぎとか下げてるのを見ると、心が和みます。にんにくも。
すだれも、風鈴も。もう夏が来ます。

この句も読まれています。

七夕に らっきょの皮むく 目も沁みる(しみる)... 今日は七夕、残念ながら曇り空、といってもあたしはめったに星空なんか見上げない。なんか地面ばっかり見てる気がする。スーパーで袋入り、泥付きのらっきょをみつけた。らっきょうの酢というのもあった。これに漬け込めばまちがいないのだろう。便利なもんだ。さて洗って洗って、なんせ小さくて泥付きだから、何回洗っても...
冬の雷 何の前ぶれ 胸騒ぎ 人生において、良くないことは突然起きます。 事故でないかぎり、ひたひたとその予兆はあるものだと思うのですが、 なかなか気づかない。 それで失敗を重ねて、慎重に歩くようになったわけですが、 今度はずいぶんと臆病になって、ちょっとしたことでも 震え上がってしまい、人生は良くないことの前兆ばかりとなりまし...
ゴ ッ ホ 描 く 狂 病 院 の 秋 の 花 ずいぶん前になるかと思う。 ゴッホ展を見に行った。 天才だと思っていたが、確かに、計り知れない才能があったことは確かだろうけれど、これほど努力の人とは知らなかった。 描き直し描き直して、カンバスや絵の具は、とても高価な物のようで、上描き上描きを重ねていた。 確かに世間で言うように、精神を患っていたの...
やさしさなど どこかに置いて 冬の月... 人間にやさしさなどあるのだろうか。優しいふりした似非(えせ)聖人は毎日どこかで見るけれど。心配なことはいくつもあるけど、それは自分が心配なだけ。神様も仏様もないところで、人はやさしさなんて、持ちあわせているんだろうか。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください