どくだみを 干す清清し 暖簾かな

どくだみ 今ちょうど白い花を満開に咲かせています。
根っこから抜いて、それもいっぱい。古い葉っぱを落とし、
泥を落とし、きれいに洗って、新聞紙の上に広げて、
水分を取って、少しずつ紐でしばって、風通しのいいところに
干します。乾いたら、今までは、切って20度の甲類焼酎に
漬け込みます。お盆過ぎくらいから、化粧水として使います。
ヒタヒタと惜しげなく使います。顔も体もいいです。お風呂上りには
特別気持ちいいものです。ですが、あたしは酒飲みですから、
化粧水ができる前に、ついつい飲んでしまいます。だから今は
よく干して、どくだみ茶にします。暑い時期によく冷やして、
ガブガブ飲みます。干してる間も、どくだみの香りがしていいものです。
前にも書きましたけど、ぶら下げるのが好きです。
玉ねぎとか下げてるのを見ると、心が和みます。にんにくも。
すだれも、風鈴も。もう夏が来ます。

この句も読まれています。

南 天 の 花 に は 邪 気 の 見 え る そ な... なんてんの はなにはじゃきの みえるそな 南天。 庭木として、むかしから好まれるのは、名前が「難を転ずる」に通じるからだと言われます。 むかしは、どの家も鬼門に植えたそうです。 赤い実がなるのは知っています。 正月頃です。 ただ、花が咲くのは、六月七月頃です。 円すい状に、白い小さな花が咲き、赤...
盆 梅 に 裏 と 表 の あ る と 知 り IMG_0164_1 / t.shigesa 別になんということもない。盆栽の白梅はもう満開で、ごつごつした年季の入った幹も、花と同様みごと。ただ、ひとに見せたい方向があるらしい。裏からではだめらしい。なるほどって感じもする。...
香春岳(かわらだけ) 親知らぬ子の 顔に似て... 筑豊田川の香春岳。こんなに山の形が変わる山が他にあるだろうか。 石灰岩を採掘するのか、よく知らないが、背が低くなっていると思うのですが。 だいじな記憶を消された子どもの心のように、だいじな記憶を消さないではいられなかった 子どもの心のように見えてしまう。...
琵琶色の 着物をほどく 梅雨の午後... 「着物リメイク」本を買いました。たしかばあちゃんちの物置に、ひいばあちゃんの着物がうち捨てられていたはず。 テレビや本で紹介されているようないいものでは決してないけど、あたしみたいなヘタクソの遊びには、もったいなくないから、ちょうどいい。ちょっと失敬してきたが、なんせばあさんくさい。 枇杷色なんて言...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください