どくだみを 干す清清し 暖簾かな

どくだみ 今ちょうど白い花を満開に咲かせています。
根っこから抜いて、それもいっぱい。古い葉っぱを落とし、
泥を落とし、きれいに洗って、新聞紙の上に広げて、
水分を取って、少しずつ紐でしばって、風通しのいいところに
干します。乾いたら、今までは、切って20度の甲類焼酎に
漬け込みます。お盆過ぎくらいから、化粧水として使います。
ヒタヒタと惜しげなく使います。顔も体もいいです。お風呂上りには
特別気持ちいいものです。ですが、あたしは酒飲みですから、
化粧水ができる前に、ついつい飲んでしまいます。だから今は
よく干して、どくだみ茶にします。暑い時期によく冷やして、
ガブガブ飲みます。干してる間も、どくだみの香りがしていいものです。
前にも書きましたけど、ぶら下げるのが好きです。
玉ねぎとか下げてるのを見ると、心が和みます。にんにくも。
すだれも、風鈴も。もう夏が来ます。

この句も読まれています。

こ れ よ り は あ り ん す の 町 門 柳... これよりは ありんすのまち かどやなぎ 柳は、川端そして境界線によく植えられたと聞きます。 むかし遊廓と呼ばれた町の入り口には、必ずヤナギの木があったとも。 ありんす言葉は、遊女 ならでは。 なまりの強い田舎の農村、漁村から女衒によって連れてこられた少女たちのなまりを消すのにうってつけの遊廓...
酷 暑な り 耕 さ ず 喰 ひ 織 ら ず 纏 ひ... こくしょなり たがやさずくい おらずまとい むかしからタイヘンなことは確かだけれど、この頃の暑さでは、農作業はタイヘンを超えて地獄に近いものになっています。 災害も増えました。 田植え、稲刈りは機械の助けが大きいけれど、田草取りは未だに人の手です。 野菜の値段ばかり気にして、作る人の苦労は考えな...
遠雷の くぐもり響く 明日知れず ゴロゴロと近く遠く、そう言えば飛行機も飛んでるのか、いないのか。明日行けるかな。その前に眠れるかな。
沈丁花 春の宵路を そこはかと あたしは、香りの強い植物が好きです。 なぜか日が暮れかかると、いっそう香りがするような気がします。 白い沈丁花が、春のすこうしあたたかくなりかけた夜に香るのは いいものです。 どこの家かはわからない、思わず大きく息をするのです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です