どくだみを 干す清清し 暖簾かな

どくだみ 今ちょうど白い花を満開に咲かせています。
根っこから抜いて、それもいっぱい。古い葉っぱを落とし、
泥を落とし、きれいに洗って、新聞紙の上に広げて、
水分を取って、少しずつ紐でしばって、風通しのいいところに
干します。乾いたら、今までは、切って20度の甲類焼酎に
漬け込みます。お盆過ぎくらいから、化粧水として使います。
ヒタヒタと惜しげなく使います。顔も体もいいです。お風呂上りには
特別気持ちいいものです。ですが、あたしは酒飲みですから、
化粧水ができる前に、ついつい飲んでしまいます。だから今は
よく干して、どくだみ茶にします。暑い時期によく冷やして、
ガブガブ飲みます。干してる間も、どくだみの香りがしていいものです。
前にも書きましたけど、ぶら下げるのが好きです。
玉ねぎとか下げてるのを見ると、心が和みます。にんにくも。
すだれも、風鈴も。もう夏が来ます。

この句も読まれています。

奈良漬けの 浅きを求め 酒開き 奈良漬けは、つけて間もない浅いものがいい。 アルコールの匂いがぷんと鼻を突くくらい浅いものがいい。 塩分も少ない。まだウリの香りがする。 それがなかなかない。 むかしは、城島町にはあったのだが、 立派な奈良漬けはあっても、わたし好みのものは 探す術がない。...
箱で買い ひっくり返して 冬蜜柑(ふゆみかん)... 蜜柑は箱買いする。 高いけど、ちまちま買うよりいいかな。 下のほうが痛みやすいので、どてっと箱ごとひっくり返して 後ろから開ける。 もう炬燵(こたつ)はないけど、ホットカーペットに寝転んで テレビ見ながら、蜜柑。幸せというのかもしれないって言うより これをしあわせと思わなければ、あたしにしあわせはな...
だからもう 忘れたのに 暮れの春 もう、恋愛はこりごりだって。 ご飯食べられなくなるし、 貧血みたいに、心臓ばくばくするし。 落ち着いて暮らしたいのに、妙に浮き上がるし。 とにかく疲れますから。...
後ずさり 崖を降りるが ごとき夏 kこの夏、私はどうなるのでしょう。仕事を変えて、でも全然慣れなくて、経験があるということで、かえっていやな顔をされ「改善したいことがあったら、スタッフに言わずに私に言ってください!」なんて。恐ろしい。カイゼンなんてしたかあないよ。あたしはただ、お金が欲しいだけです。人はいろいろ勝手なことを考えるもの...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください