どくだみを 干す清清し 暖簾かな

どくだみ 今ちょうど白い花を満開に咲かせています。
根っこから抜いて、それもいっぱい。古い葉っぱを落とし、
泥を落とし、きれいに洗って、新聞紙の上に広げて、
水分を取って、少しずつ紐でしばって、風通しのいいところに
干します。乾いたら、今までは、切って20度の甲類焼酎に
漬け込みます。お盆過ぎくらいから、化粧水として使います。
ヒタヒタと惜しげなく使います。顔も体もいいです。お風呂上りには
特別気持ちいいものです。ですが、あたしは酒飲みですから、
化粧水ができる前に、ついつい飲んでしまいます。だから今は
よく干して、どくだみ茶にします。暑い時期によく冷やして、
ガブガブ飲みます。干してる間も、どくだみの香りがしていいものです。
前にも書きましたけど、ぶら下げるのが好きです。
玉ねぎとか下げてるのを見ると、心が和みます。にんにくも。
すだれも、風鈴も。もう夏が来ます。

この句も読まれています。

絡まって 地べたにへばって 枯れ落ち葉... 落ち葉掃きもたいへんである。箒に絡まってくっついてまわるし、アスファルトの地面にペタッと張り付いて離れない、ムカつくことばかりなり。 iPhoneからの投稿...
アンコウも 紅などつける 眉も描く... さかなに例えればアンコウみたい…かな それでも自分の顔は磨かなければ。 人生はいつ上昇気流に転じるか、わからない。 いざというときに、お顔が間に合わなければいけない。 なんと言われようと、ひそかに努力をしなければいけない。...
蟷 螂 の 背 中 掻 く ご と 雄 喰 ら ふ... とうろうの せなかかくごと おすくらう カマキリのことです。 共喰いといっても、メスがオスを食べるのです。 反対はないのです。 ケンカするわけではなく、たぶん背後からガツガツばりばりと。 まるで背中を流してやるように。 なんでそんなことになるのか不思議です。 ちょっと面白い。...
忠霊塔 夏陽の影の 長く曳き(ひき) 夏は真っ盛りを過ぎ、暑さはそのままに、 季節は少しずつではあるが、移ろう。 忠霊塔の大きな石は、長い長い影を、 となりの中学校の校庭まで、引っ張られるように 精いっぱい伸ばしている。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください