と も す れ ば 想 ひ 出 に 飛 ぶ 鉦 叩 き

ともすれば おもいでにとぶ かねたたき

バッタの仲間らしい。

あまり山奥ではなく、住宅地つまりその辺に住み、若葉や小さい虫を食べるとか。

鳴き声が涼やかで、よく通り、秋を感じます。

秋の虫の鳴き声はきれいであればあるほど、寂しさを伴う気がして、遠い遠い忘れてしまったよけいな思い出にたどり着いたりするものです。

この句も読まれています。

泥のよに 眠れる幸せ 半夏生(ハンゲショウ)... 心配事があると眠れない。息苦しい。少し峠を越したかにみえる。私に対するいじめ。ここはひとつ死んだように眠りたい。長く同じ人間を使うことのできない人だから、(最長2年)一息ついたら、転職を考えた方がいいのかもしれない。気分の上がり下がりの激しい人の顔色見ながら働くのは、消耗する。でももう少し頑張らなけ...
束にして 青いすすきの 秋を聴く 新しいすすきの穂は、スッとしていいものです。 ある限りを抜き取って、秋を実感するのです。
廃 路 な ら 片 付 け 給 へ 夏 み か ん... はいろなら かたづけたまえ なつみかん 水害のあと、ああだこうだと大騒ぎした結果、廃線と決まったらしいです。 だたでさえ赤字路線で、でも他に交通手段のない地区を見放すとも言い出しづらく、洪水で線路や駅舎の一部が流されたのをコレ幸いに、沈痛な面持ちで、「やむなく…」と。 あの魅力的な単線を無くし...
延 々 と 米 研 ぐ 夢 や 時 雨 る る 夜... えんえんと こめとぐゆめや しぐるるよ わたしは、一年中どんな天候でも、ほんの少し窓を開けて寝る癖があります。 閉め切っていると息が詰まる気がするのです。 そのせいで、外の音がよく聞こえるからかもしれません。 米を研ぐ音、時雨の音。 夢はよくみます。 とくに悪夢というものはありません。 ほとんどは...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください