と も す れ ば 想 ひ 出 に 飛 ぶ 鉦 叩 き

ともすれば おもいでにとぶ かねたたき

バッタの仲間らしい。

あまり山奥ではなく、住宅地つまりその辺に住み、若葉や小さい虫を食べるとか。

鳴き声が涼やかで、よく通り、秋を感じます。

秋の虫の鳴き声はきれいであればあるほど、寂しさを伴う気がして、遠い遠い忘れてしまったよけいな思い出にたどり着いたりするものです。

この句も読まれています。

冬近し 柿の落ち葉に 初時雨 もう秋も終わりに近い。 時雨が冷たい。 柿の落ち葉のじゅうたんも見ごろが終わったようです。
吸 う 息 も 吐 く 息 も 襟 巻 の 中 マフモコスナップ MUFFMOCO SNAPSHOT / Norio.NAKAYAMA 毛糸の、もともと長めのマフラー。 二重に巻いて、さらに耳まで隠して、顔の半分ぐるぐる巻きにして使っていたら、だんだんのびてきたような気がする。 マフラーといえば、 わたしの妹は高校生の頃、好きな男の子ができるた...
立 葵 言 は れ る が ま ま 咲 き 登 り... たちあおい いわれるがまま さきのぼり なんとも屈託のない昭和の花といった風情の花です。 梅雨時の花として語りつがれ、1mくらいの高さで、直立しており、下から上へと順序良く花が咲いていくきます。 色はさまざまで、ピンクや赤、真紅など華やかです。 紫系やオレンジ系はないようです。 てっぺんまで咲くと...
巻き頭 やっとこ支えて 桃色椿 それはそれは見事な花を咲かせる椿なのです。 爺ちゃんの庭から持ってきた、桃色つばき。 短く切って、緑色のガラスのコップに、小さい剣山を 入れて、大きな頭の、短い椿を挿しました。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です