と も す れ ば 想 ひ 出 に 飛 ぶ 鉦 叩 き

ともすれば おもいでにとぶ かねたたき

バッタの仲間らしい。

あまり山奥ではなく、住宅地つまりその辺に住み、若葉や小さい虫を食べるとか。

鳴き声が涼やかで、よく通り、秋を感じます。

秋の虫の鳴き声はきれいであればあるほど、寂しさを伴う気がして、遠い遠い忘れてしまったよけいな思い出にたどり着いたりするものです。

この句も読まれています。

石 橋 に 古 き 町 名 ( まちな ) の 梅 の 里... 町村合併が、歴史ある全国津々浦々の町名村名を亡きものにした。 「夜須町」なんて大好きな町名だった。 「筑前町」に変わった。・・・なんで? 誰が付けたのだろう。 町が市に昇格したわけでもないのに。 画像出典:三石橋 / masayukig...
飛梅の 郷(さと)へ植樹の 幸あれと おだやかに謙虚に、思いやりをもっ て一歩一歩歩いて行けますように。 この先の苦難を乗り越えられますよ うに、思いを込めて、梅の木を植え た。人生は多難。年を重ねたからと いって、容赦しない。人を大切に、 特にわたしは控えめに生きていく。...
枯尾花 大北風も 伏して耐え 秋には、すっと伸びて、風情のあったススキも、もうこの季節になると、ふんわりと、頼りなげ。 強い北風が吹けば、一気に飛ばされてしまうと思いきや、しっかりと残っていて、変わらずふわふわなのが、不思議な感じがする。...
冬 ざ れ や 鎌 倉 抜 け し 歴 史 本 國史大系 / Mixtribe Photo オヤジが死んだとき、歴史の本を読みたがっていたと、アホな母親は、棺に、約30巻の歴史のシリーズ本の中から、鎌倉時代を持ち出して入れた。葬儀屋の人は迷惑していた。ぶ厚い本は焼くのが大変だと、ページを少しずつまあるくして、風というか火が通りやすいように工夫して...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください