と も す れ ば 想 ひ 出 に 飛 ぶ 鉦 叩 き

ともすれば おもいでにとぶ かねたたき

バッタの仲間らしい。

あまり山奥ではなく、住宅地つまりその辺に住み、若葉や小さい虫を食べるとか。

鳴き声が涼やかで、よく通り、秋を感じます。

秋の虫の鳴き声はきれいであればあるほど、寂しさを伴う気がして、遠い遠い忘れてしまったよけいな思い出にたどり着いたりするものです。

この句も読まれています。

一 面 の 蓮 の 浮 葉 や 空 と 風 いちめんの はすのうきはや そらとかぜ 池というか沼の半分ほどを蓮の葉が占めています。 これから夏に向かって、もっと広がっていくと想像します。 小さかった葉が、驚くほど大きく生長し、お互いに付かず離れず。 激しい雨も、臆することなく、葉の表面全体で受け、つまり水の上にぺったりと浮き、自分と平行に広...
新聞に 包まれ(くるまれ)届いて 野水仙... 水仙は、大好きな花です。 なかでも、日本水仙、一番ありふれた水仙です。 いろいろな品種があって、星の形に咲くもの、すずらんのように咲くもの、ラッパのような形のものなどあるけれど、昔から見慣れた、日本水仙が、香りもよくて、品もあると思うのです。 新聞紙に、斜めに置いて、くるくるっと巻かれた水仙は、もう...
大 部 屋 の べ ッ ド の 数 の 秋 夜 長... 朝夕はようやくすずしくなった。 大部屋であっても、目をつぶればひとり。 あれこれ考えるともなく、こころに浮かび消え、そしてまた夜は、あまり希望を想う情況になく、不安も頭を心を飛び回る。 いずれ、このときも過ぎる。 人生は、なにごともわりとすんなり過去となるから。...
傷ついて 隠して 笑って 泣いて秋... 話をする中で、きのうまで居留守をつかわれてたことが、わかった。 八回も。あたしの電話には一回も出なかったのですから。 でもそれがわかったからといって、追求なんてできるわけもない。 やっとつながったのに。楽しいものにしなくちゃいけないのに。 でないと、さらに嫌われてしまうから。 わからなかったふりをし...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください