ともかくも 冬芽牡丹の 背中押す

この寒空のした、誰彼も凍えているというのに、庭の隅に牡丹の赤い芽を見つけた。確実にしっかりとした芽。何度も雪をかぶるだろうこの季節にも、着々と春は近づいているらしい。とりあえず今日もなんとか過ぎた、この繰り返しが人生だろう。芽が出るやら、根腐れするやらわからないけど、今日もなんとか頑張った。

この句も読まれています。

秋深し 蒲(がま)の穂綿(ほわた)に くるまれたし... 近頃は蒲を見ることもなくなった。以前は忘れられたような、空き地というか湿地のようなとこには蒲が生えてた。茶色のほんとに目立たない草だけど、昔々大国主命(おおくにぬしのみこと)は、鮫(さめ)を騙して、島へ渡ったウサギが、鮫から皮をむかれて赤裸にされて、うなだれてたところに通りがかって、蒲の穂綿にくるま...
初蝶は キャベツ畑に 見え隠れ ちらちらというか、陽が当たるときらきら輝く、輝きながら飛ぶというわけでもない。 なんというか、つまみ食いしながらというか、そんな飛びかた。 イモムシはキャベツを食べるだろうが、 蝶は、いったいなにを食べているのだろう。...
長き夜は ひとりコトコト お裁縫 秋の夜長は楽しいものです。 まして雨ならなおさらのこと。 そのうえひとりならもっと素敵です。 最近習い始めたばかりの洋裁の宿題をするのです。 でもこれには条件がそろはなくてはならないのです。 まず心配事がなくなりはしないけど、ちょっとだけでも落ち着く。 人間関係のトラブルを抱えてないとき。 そしてそ...
なむなむと 幼子(おさなご)手合わす 秋地蔵... 神社のすぐ横に小さな祠があって、ほんとに急いでいたら見過ごすような小さなお地蔵さんをみつけた。近所のこどもだろう、ほんの一瞬ちょこっと手をあわせて、なんかもじょもじょ言ってえりまきとかげみたいな走り方で走っていった。私には、なむなむと聞こえた。ばあちゃんにでも習ったのか。なんか懐かしっくてくすっと笑...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.