ともかくも 冬芽牡丹の 背中押す

この寒空のした、誰彼も凍えているというのに、庭の隅に牡丹の赤い芽を見つけた。確実にしっかりとした芽。何度も雪をかぶるだろうこの季節にも、着々と春は近づいているらしい。とりあえず今日もなんとか過ぎた、この繰り返しが人生だろう。芽が出るやら、根腐れするやらわからないけど、今日もなんとか頑張った。

この句も読まれています。

え つ を 食 う 柳 川 ま で の 各 駅 停 車... 柳川 / alberth2 えつは今頃の季節だけ、筑後川にだけ昇ってくる、魚だと聞きます。 骨の多い魚で、そんなにおいしいとは思わないのですが、年に一度電車で出かけてゆくのです。 筑後平野の風景や、いっぱいに水をたたえる堀の様子や、自然に育つ水辺の植物など見ながら、ことこと電車で行くのです。...
冬 帽 の て っ ぺ ん ぴ ん と 立 て て や る... ふゆぼうの てっぺんぴんと たててやる むかしの冬帽は、てっぺんに必ず大きなぼんぼんが付いていたものです。 最近の流行りはそれがないから、ぺこっとへこみます。 気になるから、真ん中の絞ったところを、そっと引っ張り出してやります。 気づかれないように。 エレベーターの中で、後ろに立って。...
梅 雨 の 夢 昔 の 些 末 浮 か び 消 え... なぜか梅雨の頃はおかしな夢をみる。 リアルな場所で、けっこう変な状態にいつもなっている。 うれしいことは決してない。 目が覚めたとき、疲れている。 そして暫くは覚えている。 目が覚めた途端に忘れることも多いのだけど、この時期の夢だけはそうではない。 湿度が高いせいか。よくわからない。...
青蜜柑(あおみかん) 逢えて嬉しと 言われけり... 年寄りはなんでも言う。どうでもいいから、はっきりと、高らかに言う。 それでもいい。認めてもらうのは嬉しいこと。 わたしも誰かに言おう。「会えてうれしい」...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください