ともかくも 冬芽牡丹の 背中押す

この寒空のした、誰彼も凍えているというのに、庭の隅に牡丹の赤い芽を見つけた。確実にしっかりとした芽。何度も雪をかぶるだろうこの季節にも、着々と春は近づいているらしい。とりあえず今日もなんとか過ぎた、この繰り返しが人生だろう。芽が出るやら、根腐れするやらわからないけど、今日もなんとか頑張った。

この句も読まれています。

ビードロの ぐい呑み春の 骨董市 ビードロとは、ポルトガル語で硝子(がらす)のことだそうです。 色が深くて、異国情緒漂うぐい呑みは、その色と形と、言葉の響きで、 虜になってしまいます。 遠い国から、遠い昔にやってきたものか、この国で作られたものか それはどうでもいいのです。 価値はどうでもいいのです。 好きか、嫌いかです。...
故 郷 に あ ら ね ど 潮 来 梅 雨 も よ ひ... ふるさとに あらねどいたこ つゆもよい 潮来は、茨城県の南東部にある、市です。 水郷潮来。 霞ヶ浦、利根川ほかにも水辺に囲まれ、市の中心部にも川が流れます。 田園地帯が広がり米作がさかんです。 古くから水運が交通手段だった潮来では、人が往き来するために通る小さな橋が数多く架けられていたそう...
トクサ植うる 白き陶器の 鉢見つけ... トクサを見つけた。百円。流行らない、道ばたの八百屋兼植木屋。昔はどこにでもあった。節のある、ただまっすぐな茎。こんなものが懐かしいと思うほど、世の中は変わったのか。当たり前のはずのものも、こころして大事にしないと消えてしまう。白い陶器の植木鉢に、ケイトウといっしょに植えた。...
命日と 盆が重なり ありがたし 法事は少ないほうがいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください