で き る よ と 鉄 棒 の 子 の 秋 の 空

できるよと てつぼうのこの あきのそら

やっと逆上がりができるようになったのでしょう。
得意げに、母親に披露。
まだ、やっとやっと感が拭えないけれど、ここまでくるのにどれだけ練習したのだろうと、自分を重ねていました。
鉄棒が苦手だったわたしは、毎日毎日暗くなるまで、近所の神社の隅にある鉄棒で、逆上がりの練習をして、ようやくなんとか出来るようになりました。
得意満面で、体育の実技試験を受けて、出来たと思ったのですが、通知表は 3 でした。
やっとやっと感が出て、格好が悪かったからだと思います。
相当がっかりした記憶があります。

この句も読まれています。

だからもう 忘れたのに 暮れの春 もう、恋愛はこりごりだって。 ご飯食べられなくなるし、 貧血みたいに、心臓ばくばくするし。 落ち着いて暮らしたいのに、妙に浮き上がるし。 とにかく疲れますから。...
釣 瓶 落 と し 昇 開 橋 の 赤 僅 か つるべおとし しょうかいきょうの あかわずか 筑後川昇開橋。国鉄佐賀線にありえ、福岡県大川市と佐賀県諸富町を結んでいた可動式の鉄橋です。 佐賀線の廃線後も残され、今は歩道橋となりました? 重要文化財です。 橋げたの一部が上下します。 昇開橋では、日本最古。 筑後川の河口付近にあり、建設当...
二 十 世 紀 梨 の 緑 も 熟 れ き り て... にじゅっせいき なしのみどりも うれきりて 九州では見かけることのない、鳥取の二十世紀と名前のついた、うす緑の小ぶりの梨。 ずいぶん前に亡くなった生母が毎年この季節になると、送ってくれていました。 「血は水よりも濃い」というけれど、いちばんたいへんな時に、助けてくれなかった肉親は、それだけのも...
苔 玉 に 氷 載 せ た り う だ る 日 は... R1071204 / yoppy 苔玉を作った。 園芸店で習った。 初心者だから、枝を伸ばしてその先にまた葉をつける、オリズルランの子どもあれをひとつ載せた。 花の咲かない、緑だけの苔玉は、見るに涼しい。 ときどき氷を載せてやる。 喜んでないかもしれない。 園芸店で、習ったわけじゃない。 わたしの...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください