で き る よ と 鉄 棒 の 子 の 秋 の 空

できるよと てつぼうのこの あきのそら

やっと逆上がりができるようになったのでしょう。
得意げに、母親に披露。
まだ、やっとやっと感が拭えないけれど、ここまでくるのにどれだけ練習したのだろうと、自分を重ねていました。
鉄棒が苦手だったわたしは、毎日毎日暗くなるまで、近所の神社の隅にある鉄棒で、逆上がりの練習をして、ようやくなんとか出来るようになりました。
得意満面で、体育の実技試験を受けて、出来たと思ったのですが、通知表は 3 でした。
やっとやっと感が出て、格好が悪かったからだと思います。
相当がっかりした記憶があります。

この句も読まれています。

代 替 わ る ま で の 一 時 (いっとき) 空 き 屋 梅 雨... 八百屋 / beve4 長い時を経て、子どもを育て、学校を出し、その子どもが 働き出し、親は年をとり今はどうしているのやら。 家は古くなり、此処のところしばらくは誰も住んでない。 人が住まなくなれば、家は荒れる。梅雨の長雨は板塀に染み込み 庭は草がぼうぼう。そのうち代が替わり、また子育てが始まるだ...
花八手 普通の暮らしの 日々のよに... 普通の暮らしほどいいものはないと、このごろ思います。 毎日がちょっと見ると同じように過ぎていく、でもそんななんでもない日常に支えられて、 人は成長するのだと思います。 一日を大切に丁寧に生きる。 わかっていても、なんかあったらバタバタと慌てて、丁寧どころじゃなく落ち込んでしまう、 そんな自分がいやに...
夏 来 た る 蝶 番 に も 油 差 す なつきたる ちょうつがいにも あぶらさす 家も三十も経つと、あちこちに傷みが生じます。 玄関のドアは、背が高くて、重いのが気に入っていたのですが、その重みを、たった二つのちょうつがいで支えていたせいか、微妙に歪んでしまい、開け閉めにコツがいるようになりました。 思い立って、ちょうつがいにミシン油を...
草取りの 手を止め毛虫を 焼き始め... 樹にも薔薇にも、いっぱい毛虫がついているのを、草取りの途中で 発見した。 これはもう放っとけない。 みるみるうちに若い葉っぱを食い荒らす。 チャッカマンで焼いた。 おもしろかった。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください