で き る よ と 鉄 棒 の 子 の 秋 の 空

できるよと てつぼうのこの あきのそら

やっと逆上がりができるようになったのでしょう。
得意げに、母親に披露。
まだ、やっとやっと感が拭えないけれど、ここまでくるのにどれだけ練習したのだろうと、自分を重ねていました。
鉄棒が苦手だったわたしは、毎日毎日暗くなるまで、近所の神社の隅にある鉄棒で、逆上がりの練習をして、ようやくなんとか出来るようになりました。
得意満面で、体育の実技試験を受けて、出来たと思ったのですが、通知表は 3 でした。
やっとやっと感が出て、格好が悪かったからだと思います。
相当がっかりした記憶があります。

この句も読まれています。

終 電 に 冬 三 日 月 の つ い て く る... しゅうでんに ふゆみかづきの ついてくる 中秋の名月などとはちがい、冬の月は硬くて冷たい。 板金で作ったような月に、影のようにウサギがいる、そんな感じです。 道は適当に明るくて、月明かりを必要としているわけでもないのに、板金の月は離れず付いてきます。 今年ももうふた月が過ぎたと、そのたったふ...
故 郷 は 路 地 の 奥 な り 立 葵 ( たちあおい )... たちあおい / snak 子供の頃遊んだところは、大人になってみると、驚くほど狭くて小さいとこだった。 道路と思っていたとこは道というか路地、小さな家が昔とおんなじに並んでいる。 アパートにもならず、昔のまんまの家々があるのはうれしい。 家のまわりは、いまでは見ることのない、名前は知らない紅い実の...
香春岳(かわらだけ) 親知らぬ子の 顔に似て... 筑豊田川の香春岳。こんなに山の形が変わる山が他にあるだろうか。 石灰岩を採掘するのか、よく知らないが、背が低くなっていると思うのですが。 だいじな記憶を消された子どもの心のように、だいじな記憶を消さないではいられなかった 子どもの心のように見えてしまう。...
別れると 決めたはずだに 戻り梅雨... 戻り梅雨のような、じめじめした性格なんだろうか。こっちの岸だけで生きていかなkといけない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください