ち ち ろ 鳴 く 誰 も 恨 む な 信 ず る な

ちちろなく だれもうらむな しんじるな

ちちろは、コオロギのことです。
秋のはじめの頃、夕暮れから夜中まできれいな寂しい声で鳴きます。
合唱ではありません。
一匹です。
これは、海援隊のパクリであります。
タイトルは忘れたけれど、
「道玄坂からひとくだり。誰も恨むな信じるな」
有名になる前、ローカルの深夜放送で聴きました。
うまいこと言うなあと感心しました。

この句も読まれています。

初蝶は キャベツ畑に 見え隠れ ちらちらというか、陽が当たるときらきら輝く、輝きながら飛ぶというわけでもない。 なんというか、つまみ食いしながらというか、そんな飛びかた。 イモムシはキャベツを食べるだろうが、 蝶は、いったいなにを食べているのだろう。...
盆 波 の 寄 せ 来 る 浜 に 立 ち 居 た り... ぼんなみの よせくるはまに たちいたり 盆に寄せる波は、亡くなったあの人この人を想い出させます。 もっと話せばよかった。 忙しさにかまけて、そのうちそのうちと思っているうちに、病を得て、そうなるともう自然ではいられなくなります。 顔色を見ながら、言葉を選びながら、本音で話すことは出来なくなり...
石 橋 に 古 き 村 の 名 長 き 梅 雨 いしばしに ふるきむらのな ながきつゆ 町村合併で、親しんだ名前が消えてしまった。 田舎の取り残されたような、古い石橋の小さな欄干にその名を見つけたときは、ちょっと感激でした。 しっかり掘られてはいるものの、苔むして、わざわざでないとよく見えませんでしたが。...
春愁う 身の丈ほどに しあわせに... お姫さまストーリーなどとは考えたこともないけど、小さな小さなしあわせを積み上げて暮らしていきたい。それすらなかなかむずかしいのは知ってる。わたしは職場で、下劣と言われた。治らないとまで。一回電話番号聞くの忘れたら、人の仕事はどうでもいいと思っていると言われた。言った人はとっくに忘れている。私は忘れな...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください