ち ち ろ 鳴 く 誰 も 恨 む な 信 ず る な

ちちろなく だれもうらむな しんじるな

ちちろは、コオロギのことです。
秋のはじめの頃、夕暮れから夜中まできれいな寂しい声で鳴きます。
合唱ではありません。
一匹です。
これは、海援隊のパクリであります。
タイトルは忘れたけれど、
「道玄坂からひとくだり。誰も恨むな信じるな」
有名になる前、ローカルの深夜放送で聴きました。
うまいこと言うなあと感心しました。

この句も読まれています。

青嵐(せいらん)や 戯れ(たわむれ)回す 風見鶏(かざみどり)... 風見鶏 / kaidouminato 清々しい風が若葉の樹々を渡る。もう使われなくなった教会は、風見鶏はそのままに引っ越した。伸び放題の草も樹も、ついでに風見鶏にも新しい風が吹き抜ける。五月が来た。...
無 人 駅 掃 か れ 小 菊 の 牛 乳 瓶 駅員も駅長も居ないながら、駅は活きている。 近所の何方かのお世話だろうか、わからない。 吸い殻も塵もなく、朝まだ早いというのに、きれいに掃かれ、打ち水もされ、古い牛乳瓶は花瓶に変身し、今朝切られたであろう小菊がぽんと載せてある。...
牡 丹 の 咲 くさ め ざ め と 雨 の な か... ぼうたんの さくさめざめと あめのなか 今日は予報どおり、早朝からしとしと雨が降っています。 つぼみを開いたばかりの牡丹も、この雨にどうしようもないようすです。 白牡丹、ほんとに薄い薄いピンクが入っていて、自分で言うのもなんですが、ちょっとそこいらでは見かけないくらいの美しさです。...
夾 竹 桃 雨 叩 け ど も 腹 一 物 きょうちくとう あめたたけども はらいちもつ 花言葉は、危険、用心、油断大敵。 誰が決めた花言葉か知らないけれど、やっぱりおんなじ印象を持つものだと変に感心しました。 少し前に、世間を騒がせた、後妻業。 寂しいというより、年寄りのくせに性欲のはけ口を求める、どうしようもない高齢の男性、それも家持ち...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください