ち ち ろ 鳴 く 誰 も 恨 む な 信 ず る な

ちちろなく だれもうらむな しんじるな

ちちろは、コオロギのことです。
秋のはじめの頃、夕暮れから夜中まできれいな寂しい声で鳴きます。
合唱ではありません。
一匹です。
これは、海援隊のパクリであります。
タイトルは忘れたけれど、
「道玄坂からひとくだり。誰も恨むな信じるな」
有名になる前、ローカルの深夜放送で聴きました。
うまいこと言うなあと感心しました。

この句も読まれています。

四 温 来 し た び 三 寒 を 忘 れ お り... しおんこし たびさんかんを わすれおり 三寒四温、これを繰り返しながら春へと近づいていくと聞いてはいるのですが、毎年体験しているのに、さむいさむいと凍えているものだから、ちょっと寒さが緩むと、ああこれで春になると、寒さがぶり返すことを、寒の戻りがあることを、つい忘れてしまうのです。...
そのときに 言えばよかりに 凍りつく... 職場で、月に一度のミーティングが、ありました。 「こういうやり方をしてる人がいました。 気をつけるように」 あたしのことです。 良かれと思ってしたことが、ミスだったのです。 なるほどと、反省します。 でも、なんでそのときいっしょにいたくせに、 言ってくれなかったの。 みんなの前で言うのも、大事だろう...
ビードロの ぐい呑み春の 骨董市 ビードロとは、ポルトガル語で硝子(がらす)のことだそうです。 色が深くて、異国情緒漂うぐい呑みは、その色と形と、言葉の響きで、 虜になってしまいます。 遠い国から、遠い昔にやってきたものか、この国で作られたものか それはどうでもいいのです。 価値はどうでもいいのです。 好きか、嫌いかです。...
灯芯(とうしん)に まず火を入れて 鞄(かばん)置く... 寒い。ひとりの家に帰り着くと、まずストーブを つける。エアコンもつけるけど、まずストーブ。 わたしは芯がしだいに赤くなっていくのを見るのが好きです。 時間が経って、載せているホウロウの鍋から湯気がたつのも 好きです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください