ち ち ろ 鳴 く 誰 も 恨 む な 信 ず る な

ちちろなく だれもうらむな しんじるな

ちちろは、コオロギのことです。
秋のはじめの頃、夕暮れから夜中まできれいな寂しい声で鳴きます。
合唱ではありません。
一匹です。
これは、海援隊のパクリであります。
タイトルは忘れたけれど、
「道玄坂からひとくだり。誰も恨むな信じるな」
有名になる前、ローカルの深夜放送で聴きました。
うまいこと言うなあと感心しました。

この句も読まれています。

春愁や 来し方思う 世間見る... 傾斜のある街は好きです。 大通りの裏には、必ずと言っていいほど、小さな裏道があり、途中休みながら、狭い階段を上がります。人生は、先が見えない。もしかして、後になって振り返れば、今は幸せなのかもしれない。 来た道は、今さらどうすることもできないのに、心が向く。 今日を生きることが、精いっぱい。憂いても...
河童忌は 胡瓜の料理 夏は来ぬ 河童の好物はきゅうりらしい。 河童の奥さんになるには、胡瓜の料理を三十種もできないといけないと。 川はもう夏の水。...
橙 々 の 餅 の 上 な る 危 う さ や だいだいの もちのうえなる あやうさや 立派なのは、だいだいだけです。 大したお鏡餅ではなく、でこぼこで小さいし、重ねるのもたいへん。 かくしてほとんど二頭身のお鏡の出来上がり。 だいだいは中国から渡来したとされ、珍しいことに、木になった実は、人が採らない限り、2年から3年も木になりっぱなしという...
点 滴 は 氷 柱 ( つらら ) の 溶 け る リ ズ ム な り... 点滴 / ryosalem あんなバケツのような量の液体が、忘れた頃にポツリと落ちる点滴で、入るものかと思っていたが、そこは時間のなせる技。忘れた頃には、かなりの量がはけている。この冬の名残りのうちに、元気になって出ておいで。また去年のように、あの川のほとりを歩きながら、花見ができますように。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください